「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

週間でよく読まれている記事ランキング


  • [公開日]2016.06.24
  • [最終更新日]2018.10.23

  1. 小児がんの臨床試験(治験)一覧

    小児がんの臨床試験(治験)一覧

  2. オンコロスタッフ募集(サービス担当者/Web担当者ほか)

    オンコロスタッフ募集(サービス担当者/Web担当者ほか)
    オンコロでは、より多くの情報発信を行うためにオンコロの活動にご協力してくださるアルバイトスタッフまたは正社員を募集しています。...

  3. 【研究広告】未治療の進行・再発胃がんに対するMSI(マイクロサテライト不安定性)を評価する観察研究

    【研究広告】未治療の進行・再発胃がんに対するMSI(マイクロサテライト不安定性)を評価する観察研究
    本ページは西日本がん研究機構(WJOG)からの委託による研究広告です。 また、研究を実施する実施医療機関の倫理審査委員会の審査・承認を受けたものを掲載いたします。 はじめに 研究背景と目的 本研究では、患者さんからいただいた...

  4. 【臨床試験広告】早期直腸がんの人工肛門を回避するための医師主導臨床試験のご案内 

    【臨床試験広告】早期直腸がんの人工肛門を回避するための医師主導臨床試験のご案内 
    本ページは、国立がん研究センター中央病院からの委託による医師主導臨床試験の広告となります。また、臨床試験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載しております。 はじめに 本試験 は早期直腸がんの方を対象と...

  5. 白血病の臨床試験(治験)一覧

    白血病の臨床試験(治験)一覧
    日本で実施中の白血病の臨床試験(治験)です。

  6. 【治験広告】子宮頸部の上皮内がんで手術を迷われている方へ 光線力学的療法の治験

    【治験広告】子宮頸部の上皮内がんで手術を迷われている方へ 光線力学的療法の治験
    浜松医科大学医学部附属病院からの委託による治験広告です。 治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載します。 はじめに ◾治験参加は、メリット、デメリットがございますので、十分に治験担当医師とご相談してい...

  7. アバスチン(ベバシズマブ)

    アバスチン(ベバシズマブ)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 ベバシズマブ 商品名 アバスチン 治験薬コード 一般名英語表記 Bevacizumab ...

  8. 肝臓がんの臨床試験(治験)一覧

    肝臓がんの臨床試験(治験)一覧
    日本で実施中の肝がんの臨床試験(治験)です。 Clinical trials.govにて「hepatocellular carcinoma」と検索したときに該当したものを掲載しています。(一部除く) ...

  9. スキルス胃がんの基礎知識

    スキルス胃がんの基礎知識
    スキルス胃がんとは? 難治性のがん、スキルス胃がん スキルス胃がんは、胃にできる悪性腫瘍のひとつです。胃がんの中だけでなく、人が発症するさまざまながんの中でも難治性のがんです。 スキルス胃がんは、胃壁や胃の組織にしみこんでいくよう...

  10. 腎細胞がんの臨床試験(治験)一覧

    腎細胞がんの臨床試験(治験)一覧
    2016年3月26日現在に、日本で実施中の腎がんの臨床試験一覧です。

  11. 【がん患者さん・がん患者さんのご家族対象】ホテルサービスに関するアンケート

    【がん患者さん・がん患者さんのご家族対象】ホテルサービスに関するアンケート
    このアンケートはがん患者さん、またがん患者さんのご家族に、受診に伴うホテルの利用状況や、ホテルに求めるサービス等について伺います。 このアンケート結果はがん患者さん向けのホテルサービスの検討に役立てます。 がん患者さんにより良い...

  12. ECOG PS;Performance Status(イーコグ ピーエス;パフォーマンスステータス)

    ECOG PS;Performance Status(イーコグ ピーエス;パフォーマンスステータス)
    ECOG PS(Performance Status、パフォーマンス ステータス)とは、ECOG(いーこぐ)という米国の腫瘍学の団体が決めた全身状態の指標であり、患者さんの日常生活の制限の程度を示します。 以下は日本臨床研究グループ(JC...

  13. 【治験広告】去勢抵抗性前立腺がんと診断されたあなたへ 免疫チェックポイント阻害薬の治験

    【治験広告】去勢抵抗性前立腺がんと診断されたあなたへ 免疫チェックポイント阻害薬の治験
    本ページは、MSD株式会社からの委託による治験広告です。 治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載いたします。 お問い合わせはこちらから はじめに 本治験は転移がある去勢抵抗性前立腺がんの方を対象...

  14. 転移性悪性黒色腫に対するファーストライン治療としてのBempegaldesleukin+オプジーボ併用療法、客観的奏効率52.6%を示す

    転移性悪性黒色腫に対するファーストライン治療としてのBempegaldesleukin+オプジーボ併用療法、客観的奏効率52.6%を示す
    この記事の3つのポイント ・未治療のステージIII/IV悪性黒色腫(メラノーマ)患者が対象の第2相試験 ・ファーストライン治療としてのBempegaldesleukin+抗PD-1抗体薬オプジーボ併用療法の有効性・安全性を検証 ・...

  15. 肺がんの種類と分類|4つのタイプとその特徴

    肺がんの種類と分類|4つのタイプとその特徴
    組織別に治療法が異なる肺がん 肺がんは、がん細胞の形や状態から、大きく「非小細胞肺がん」と「小細胞肺がん」に分けられ、非小細胞肺がんは「扁平上皮がん」と「非扁平上皮がん」に、非扁平上皮がんは「腺がん」と「大細胞がん」にわけられます。これを...

  16. 腎盂・尿管がんの化学療法(抗がん剤治療)

    腎盂・尿管がんの化学療法(抗がん剤治療)
    化学(薬物)療法について 腎盂・尿管がんでは、手術で腎臓~尿管を切除することが主な治療方法ですが、手術によって根治ができる可能性が高いのは、腎盂・尿管がんがほかの臓器やリンパ節に転移していない場合に限られます。診断時に、ほかの臓器やリンパ...

  17. リツキサン(リツキシマブ)

    リツキサン(リツキシマブ)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 リツキシマブ 商品名 リツキサン 治験薬コード 一般名英語表記 Rituximab 商品...

  18. 血液がんとは

    血液がんとは
    そもそも血液がんとは 血液がん(造血器腫瘍)は、造血幹細胞が「がん化」したもので、その種類は多岐にわたります。大きく分類すると、「白血病」「悪性リンパ腫」「多発性骨髄腫」に分けられ、それぞれのがん種によってその原因や治療法は異なります。 ...

  19. 【治験広告】切除不能または転移のある腎臓がんの方へ 新たな薬剤の治験のご案内

    【治験広告】切除不能または転移のある腎臓がんの方へ 新たな薬剤の治験のご案内
    本ページは、MSD株式会社からの委託による治験広告です。 治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載いたします。 はじめに 本治験は、切除不能または転移がある腎臓がん(腎細胞がん)の方を対象とした...

  20. がんで膀胱を全摘したら、排泄はどうなる? 生活に支障は?

    がんで膀胱を全摘したら、排泄はどうなる? 生活に支障は?
    膀胱全摘除術で膀胱を摘出すると膀胱と尿道がなくなってしまうため、尿路変向術が必要になる。 続きを読む https://00m.in/Kkrpp ニュース選定者:高橋 ミカ 朝日新聞デジタル https://...

  21. 滑膜肉腫または粘液型脂肪肉腫に対するテセントリク+プライムブーストワクチンCMB305併用療法、良好な特異的免疫反応を示す

    滑膜肉腫または粘液型脂肪肉腫に対するテセントリク+プライムブーストワクチンCMB305併用療法、良好な特異的免疫反応を示す
    この記事の3つのポイント ・局所進行性/再発性/転移性滑膜肉腫または粘液型脂肪肉腫患者が対象の第2相試験 ・テセントリク+CMB305併用療法の有効性・安全性をテセントリク単剤療法と比較検証 ・併用療法で10%死亡リスクを減少し、...

  22. ハザード比 HR Hazard Ratio ハザードレシオ

    ハザード比 HR Hazard Ratio ハザードレシオ
    ハザード比とは統計学上の用語で、臨床試験などで使用する相対的な危険度を客観的に比較する方法です。英語でHezard Ratio、略してHRとも言います。 ある臨床試験で検討したい新薬Aと比較対象の薬剤Bとを比べたとき、ハザード比が1で...

  23. 【治験広告】悪性黒色腫の方を対象としたT-hIL12を用いたウイルス療法の治験のご案内 

    【治験広告】悪性黒色腫の方を対象としたT-hIL12を用いたウイルス療法の治験のご案内 
    本ページは、信州大学からの委託による治験お問い合わせページです。 また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載いたします。 本治験の概要 本医師主導治験は切除不能又は転移がある悪性黒色腫の患者を対象とします。 ...

  24. 小細胞肺がんの治療-進展型の標準治療-

    小細胞肺がんの治療-進展型の標準治療-
    進展型の治療 進展型では、広範囲のがんに効果が期待できる薬物療法が治療の選択肢です。使用される薬剤は腎臓の状態、PSやと年齢によって決められます。 一般に、70歳以下の若年者でPS良好な患者さんでは白金製剤のシスプラチンにトポイソメラー...

  25. ESMOバーチャルプレナリー 2021-周術期のキイトルーダに二度目の幸運

    ESMOバーチャルプレナリー 2021-周術期のキイトルーダに二度目の幸運
    ※本記事はEvaluate社の許可のもと、オンコロが翻訳したものです。内容および解釈については英語の原文を優先します。正確な内容については原文をお読みください。   米メルク社のKeynote-522試験で、キイトルーダ(一般名:ペ...

  26. アブラキサン(nab-パクリタキセル)

    アブラキサン(nab-パクリタキセル)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 nab-パクリタキセル 商品名 アブラキサン 治験薬コード 一般名英語表記 Paclitaxel ...

  27. 胃がんの手術療法

    胃がんの手術療法
    胃がんの手術療法 手術療法は大きく分けて縮小手術、定型手術、拡大手術の3種類があります。また、ステージI胃がんに適応のある腹腔鏡手術も含めると、一般的に言われる胃がんの手術療法は4種類になります。 どの手術療法が適応になるの...

  28. 肺がんのステージ(病期)|TMN分類とは

    肺がんのステージ(病期)|TMN分類とは
    がんの進行の程度を示すステージ ステージ(病期)は、がんの進行の程度を示す言葉で、肺がんでは、がんの大きさ、広がり、リンパ節やほかの臓器への転移の有無によって決められます。肺がんの治療方針は、組織型と病期でほぼ決まるため、病期の決定は重要...

  29. 次世代シーケンサー「オンコマイン」が肺がんの全ての分子標的薬の診断薬として承認

    次世代シーケンサー「オンコマイン」が肺がんの全ての分子標的薬の診断薬として承認
    2月26日、サーモフィッシャーサイエンティフィック ジャパングループは、次世代シーケンシング(NGS)技術を用いたコンパニオン診断システムの使用目的を、非小細胞肺がん(NSCLC)の4つのドライバー遺伝子に拡大し、複数の分子標的薬の適応判定...

  30. HDAC阻害薬ハイヤスタ、再発/難治性成人T細胞白血病リンパ腫に対する適応で承認取得

    HDAC阻害薬ハイヤスタ、再発/難治性成人T細胞白血病リンパ腫に対する適応で承認取得
    6月24日、Meiji Seikaファルマ株式会社は、ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害薬である「ハイヤスタ錠(開発コード:HBI-8000、一般名:ツシジノスタット、以下ハイヤスタ)について、再発または難治性の成人T細胞白血病リンパ...

  31. ゾラデックス(ゴセレリン)

    ゾラデックス(ゴセレリン)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 ゴセレリン 商品名 ゾラデックス 治験薬コード 一般名英語表記 Goserelin acetate ...

  32. 白血病の再発・転移について

    白血病の再発・転移について
    急性白血病の再発について 具体的な話の前に、総論的な説明をします。急性白血病では完全寛解後も微小残存病変(MRD)が存在していて、それが再び増殖してくることを再発と呼びます。寛解導入療法中や、終了後にも再発が起こる場合があります。 ...

  33. 【体験談】肺がん治療の進歩~ステージ4、2年半つきあって~

    【体験談】肺がん治療の進歩~ステージ4、2年半つきあって~
    名前:三木 正裕 年齢:68歳 性別:男性 住所:神戸市 職業:調理師(現在も介護施設厨房で勤務しています) がん種:肺がん(扁平上皮がん) 現在のステージは4。再発のため2017年6月からキイトルーダで治療中です。 自身が...

  34. 肺がんのゲノム(遺伝子)医療|遺伝子のタイプ別の治療法

    肺がんのゲノム(遺伝子)医療|遺伝子のタイプ別の治療法
    プレシジョン・メディシン;遺伝子異常に合わせた薬物治療 2000年ごろまで、肺がんの薬物療法は、小細胞肺がんと非小細胞肺がんの大きく2つに分けられているだけした。肺がんの約90%を占める非小細胞肺がんの患者さんに薬物療法か必要になったとき...

  35. pCR

    pCR
    pCRとは病理学的完全奏功(pathological Complete Response)のことで、手術により摘出した組織を光学顕微鏡を用いて検出するという、病理組織学的な検査方法によってがん細胞が完全に消失したことが確かめられた状態のこと...

  36. 食道がんの再発・転移

    食道がんの再発・転移
    食道がんの転移 転移とは、がん細胞がリンパ液や血液の流れに乗って別の臓器に移動し、そこで成長することをいいます。がん細胞を外科手術療法で全て切除できたようにみえても、その時点ですでにがん細胞が別の臓器に移動している可能性があります。 ...

  37. メラノーマ(悪性黒色腫)の臨床試験(治験)一覧

    メラノーマ(悪性黒色腫)の臨床試験(治験)一覧
    日本で実施中のメラノーマ(悪性黒色腫)の臨床試験(治験)情報です。 ウイルス療法の治験 【治験広告】悪性黒色腫の方を対象としたT-hIL12を用いたウイルス療法の治験のご案内 ...

  38. 免疫チェックポイント阻害薬の効果予測のためのPD-L1検査

    免疫チェックポイント阻害薬の効果予測のためのPD-L1検査
    PD-L1検査の結果で使う薬が変わる 私たちのからだには、ウイルスや細菌などの異物が入ってきたときに、免疫細胞のT細胞が活性化し、異物を攻撃 、排除して、からだを守る免疫機能が備わっています。一方で、免疫機能が過剰に働...

  39. 急性骨髄性白血病と闘った”みぃみ”の記録

    急性骨髄性白血病と闘った”みぃみ”の記録
    息子、瑞騎(みずき 愛称:みぃみ)が2017年2月6日に永眠しました。3歳2ケ月でした。2歳5ケ月で急性骨髄性白血病を患い、辛い治療も笑顔で頑張っていた瑞騎。 2017年3月25日、四十九日法要を無事に執り行うことができましたので...

  40. 新規ミトコンドリア標的薬ダリナパルシン、再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫に対する適応で製造販売承認を申請

    新規ミトコンドリア標的薬ダリナパルシン、再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫に対する適応で製造販売承認を申請
    6月30日、ソレイジア・ファーマ株式会社は、抗がん剤であるダリナパルシン(一般名、開発コード:SP-02、以下ダリナパルシン)について、再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)を適応症として日本国内における製造販売承認申請を行った...

  41. キイトルーダ(ペムブロリズマブ)

    キイトルーダ(ペムブロリズマブ)
    概要 一般名 ペムブロリズマブ 商品名 キイトルーダ 治験薬コード MK-3475 一般名英語表記 Pembrolizumab 商品名英語表記 KEYTRUDA 種類...

  42. 腎臓がん(腎細胞がん)の転移・再発

    腎臓がん(腎細胞がん)の転移・再発
    腎臓がん(腎細胞がん)の転移 腎臓がん(腎細胞がん)は、血行性に転移しやすいがんです。血行性とはその名の通り、血管の中にがん細胞が入り込んで、血流にのって全身へと流れていき、どこか付着した場所で生育するという転移形式です。(一般的にその他...

  43. 大腸がんの化学療法

    大腸がんの化学療法
    化学(薬物)療法について 化学療法とは、薬物(抗がん剤や分子標的薬)を使ってがん細胞の増殖を抑えたり死滅させたりする治療法です。大きく分けて、手術後の再発予防のために行う化学療法と、転移・再発を起こした大腸がんに対する化学療法の2つがあり...

  44. 小児・若年の男性がん患者は、化学療法の前に精子凍結保存検討を

    小児・若年の男性がん患者は、化学療法の前に精子凍結保存検討を
     第10回日本がん・生殖医療学会学術集会が、2月15~16日に埼玉県大宮市で開催され、獨協医科大学埼玉医療センターリプロダクションセンター助教で男性不妊治療や生殖補助医療を専門とする泌尿器科医の岩端威之(いわはたとしゆき)氏が、「男性患者と...

  45. Clinical Trials. gov(クリ二カルトライアルズ・ドット・ガブ)

    Clinical Trials. gov(クリ二カルトライアルズ・ドット・ガブ)
    ClinicalTrials.govは、米国国立公衆衛生研究所 (NIH)と米国医薬食品局 (FDA) が共同で、米国国立医学図書館 (NLM) を通じて、現在行われている治験及び臨床研究に関する情報を提供しているデータベースです。 ...

  46. 小細胞肺がんの種類と分類

    小細胞肺がんの種類と分類
    小細胞肺がんのステージ(病期) がんの治療を行う際には、まず検査によってがんの種類や進行度を診断し、循環・呼吸・免疫・栄養状態の全身状態を踏まえてどのような治療が適切かを判断します。そのためがんの病期を診断することが治療方針を決定する上で...

  47. 家族・親戚が被害を受けたフォーデイズから考える、食品で「がんが治る」「病気がよくなる」

    家族・親戚が被害を受けたフォーデイズから考える、食品で「がんが治る」「病気がよくなる」
    新規サービス『オンコレ』担当の筒井です。 先日「フォーデイズ」という清涼飲料水が「がんが治る」、「目が治る」といった効能を謳い販売したとして、フォーデイズ株式会社が一部業務停止命令になったことが話題になりました。 噂によると、ピ...

  48. 胆道がんの臨床試験(治験)一覧

    胆道がんの臨床試験(治験)一覧
    日本で実施中の胆道がん臨床試験(治験)情報です。 免疫チェックポイント阻害薬の治験 ONO-4538第II相試験胆道がんを対象とした多施設共同非盲検非対照試験 薬剤の特徴:免疫チェックポイント阻害薬 対象:ゲムシタビンを...

  49. 山﨑知子先生新著「まず知っておきたい!がん治療のお金,医療サービス事典」出版インタビュー

    山﨑知子先生新著「まず知っておきたい!がん治療のお金,医療サービス事典」出版インタビュー
    まず知っておきたい! がん治療のお金、医療サービス事典(山﨑知子/編) 今年1月に公開した特集「主治医と相談しましたか?がん治療の副作用と口腔ケアの重要性」にて、がん治療における口腔ケアについてご解説頂きました宮城県立がん...

  50. ジェムザール(ゲムシタビン)

    ジェムザール(ゲムシタビン)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 ゲムシタビン 商品名 ジェムザール 治験薬コード 一般名英語表記 Gemcitabine 商...

  51. 冷やして予防  -抗がん剤の副作用対策-

    冷やして予防  -抗がん剤の副作用対策-
    京都大学は、手足を冷却することで抗がん薬パクリタキセルの副作用である末梢神経障害(しびれ)を予防できることを確認し、本研究結果は、2017年10月12日に医学誌「Journal of the National Cancer Institut...

  52. PD(ピーディー);Progressive Disease

    PD(ピーディー);Progressive Disease
     Progressive Disease(プログレッション ディジーズ)とは、がんが進行することです。略してPD(ピーディー)。日本語では病態進行といいます。  「がんが進行する」とは、胃がんや肺がんなどの固形がんではの『がんが大きく...

  53. ORR(overall response rate)

    ORR(overall response rate)
    overall response rate 【解説】全奏効率のことで、がん治療薬などの効果があった患者さんの割合をいいます。通常、画像上で明らかな縮小が確認できる完全奏効(CR)と部分奏効(PR)の合計で表されま...

  54. がん免疫療法の新薬キイトルーダ(ペムブロリズマブ)とオプジーボ(ニボルマブ)の違い

    がん免疫療法の新薬キイトルーダ(ペムブロリズマブ)とオプジーボ(ニボルマブ)の違い
    免疫チェックポイント阻害薬全般についての情報はコチラ ニボルマブ(オプジーボ)とペムブロリズマブ(キイトルーダ)について オプジーボとキイトルーダの適応状況 昨今話題の免疫チェックポイント阻害薬。2017年9月28日現在、日本...

  55. 小細胞肺がんの再発・転移

    小細胞肺がんの再発・転移
    小細胞肺がんが局所再発した場合 小細胞肺がんは再発しやすいのが特徴の一つです。小細胞肺がんが局所再発した場合は、化学療法を行うことになります。初めて腫瘍が見つかった時の初回治療終了から再発までの期間が長いほど、再発した腫瘍に対する化学療法...

  56. 新規の中枢神経系原発悪性リンパ腫に対するレナリドミド+リツキサン+高用量メトトレキサート併用療法、客観的奏効率100%を示す

    新規の中枢神経系原発悪性リンパ腫に対するレナリドミド+リツキサン+高用量メトトレキサート併用療法、客観的奏効率100%を示す
    この記事の3つのポイント ・新規の中枢神経系原発悪性リンパ腫患者が対象の第1B/2相試験 ・レナリドミド+リツキサン+メトトレキサート併用療法の有効性・安全性を検証 ・レナリドミドの第2相試験推奨用量は1日1回25mgであり、客観...

  57. がん患者の退職が多い時期って知っていますか?

    がん患者の退職が多い時期って知っていますか?
    がんと診断されると、なぜ、早期に退職をしてしまう人が少なくないのでしょうか。「がんと就労」の両立支援が注目されていますが、離職の背景を探ってみました。 続きを読む http://www.asahi.com/articles/SD...

  58. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が慢性骨髄性白血病(CML)に与える影響のレトロスペクティブ試験

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が慢性骨髄性白血病(CML)に与える影響のレトロスペクティブ試験
    この記事の3つのポイント ・イタリア人の慢性骨髄性白血病患者が対象のレトロスペクティブ試験 ・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が与えた影響を評価 ・CML患者8665人のうち217人(2.5%)が感染し、死亡率は0.1...

  59. 肺がんの臨床試験(治験)一覧

    肺がんの臨床試験(治験)一覧
    日本国内で実施中の肺がんの臨床試験(治験)です。 Clinical trials.gov等で「lung cancer」と検索したときに該当したものを掲載しています。(一部除く)...

  60. パラプラチン(カルボプラチン)

    パラプラチン(カルボプラチン)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 カルボプラチン 商品名 パラプラチン 治験薬コード 一般名英語表記 Carboplatin ...

  61. 食道がんの種類と分類

    食道がんの種類と分類
    食道がんの検査と診断  食道がんの検査には、まず、レントゲンによる食道造影検査と内視鏡検査があります。そして、がん細胞の進行度をみるためにCT、MRI検査、超音波検査、内視鏡超音波検査があります。これらの検査によりがん細胞の進行度を判断し...

  62. irAE(immune-related Adverse Events)

    irAE(immune-related Adverse Events)
    irAEとは免疫関連副作用(immune-related Adverse Events)のことで、おもに免疫チェックポイント阻害薬の投与により引き起こされる副作用を指します。免疫チェックポイント阻害剤は、PD-1およびCTLA-4といった免...

  63. 胃がんの化学療法・副作用

    胃がんの化学療法・副作用
    胃がんの化学療法による副作用 胃がんの化学療法により発症する副作用は、抗がん剤や分子標的治療薬の種類によって異なり、また個人差もあります。一般的に発症する副作用としては抗がん剤、分子標的治療薬により大きく異なります。 例えば...

  64. 生存率を左右する「がん悪液質」を克服するには

    生存率を左右する「がん悪液質」を克服するには
     がん患者さんは体重が減少していっても、「がんでやせるのは仕方のないこと」と思い込んでいないだろうか。しかし、近年、がんによるやせである「悪液質」に早く対処して急激な体重減少を防げば、がんが進行しても治療が継続でき生存率の改善につながること...

  65. 【PR】見えない副作用をどう伝えるか~患者が求める副作用マネジメントのあるべき姿とは〜(1)「見える」副作用と「見えない」副作用を知る

    【PR】見えない副作用をどう伝えるか~患者が求める副作用マネジメントのあるべき姿とは〜(1)「見える」副作用と「見えない」副作用を知る
    提供:バイエル薬品株式会社 近年のがん医療の進歩により、がんと長く向き合えるようになりました。治療を続けながら、仕事や家庭での役割も担う患者さんたちが増えてきています。効果のある治療を長く続けるためには、副作用をもうまくマネジメントし...

  66. ブリガチニブ、ALK陽性転移性非小細胞肺がんへのファーストライン治療としての適応追加申請をFDAが優先審査に指定

    ブリガチニブ、ALK陽性転移性非小細胞肺がんへのファーストライン治療としての適応追加申請をFDAが優先審査に指定
    この記事の3つのポイント ・ALK遺伝子変異を標的とする次世代のチロシンキナーゼ阻害薬ブリガチニブ ・転移性非小細胞肺がんへのファーストラインとしての適応追加申請をFDAが優先審査に指定 ・審査終了目標日は2020年6月23日に設...

  67. 少なくとも2種類の抗HER2抗体治療歴のあるホルモン受容体陽性HER2陽性の進行性乳がん患者に対するベージニオ+ハーセプチン+フルベストラント、無増悪生存期間を有意に改善

    少なくとも2種類の抗HER2抗体治療歴のあるホルモン受容体陽性HER2陽性の進行性乳がん患者に対するベージニオ+ハーセプチン+フルベストラント、無増悪生存期間を有意に改善
    この記事の3つのポイント ・治療歴のあるホルモン受容体陽性HER2陽性の進行性乳がん患者が対象の第2相試験 ・ベージニオ+ハーセプチン±フルベストラント併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・ハーセプチン+標準化学療法群と比較して、...

  68. キイトルーダ 進行性または転移を有する尿路上皮がんで全生存期間・無増悪生存期間を延長も統計学的有意差は示せず

    キイトルーダ 進行性または転移を有する尿路上皮がんで全生存期間・無増悪生存期間を延長も統計学的有意差は示せず
    6月9日、米メルク社は、進行性または転移を有する尿路上皮がん(膀胱がん)に対して、抗PD-1抗体であるキイトルーダ(一般名:ペムブロリズマブ 以下キイトルーダ)を一次治療としての単独療法および化学療法との併用療法の有効性を標準治療の化学療法...

  69. 山本寛斎さん死去 76歳 国際的ファッションデザイナー

    山本寛斎さん死去 76歳 国際的ファッションデザイナー
    国際的なファッションデザイナーで、イベントプロデューサーとしても活躍した山本寛斎さんが、今月21日、白血病のため亡くなりました。 続きを読む https://00m.in/AgtsF ニュース選定者:茂木 孝裕 ...

  70. 【コロナ禍のがん闘病記~ステージⅣからの生還】薬物療法が尽きる局面が到来しつつあったとき…「サルベージ手術」の提案でがん切除に道

    【コロナ禍のがん闘病記~ステージⅣからの生還】薬物療法が尽きる局面が到来しつつあったとき…「サルベージ手術」の提案でがん切除に道
    今年の7月、ステージⅣの肺がん患者、吉仲勇さんに浮上した緩和ケアの選択肢。 2016年1月にがん研有明病院でがんと診断されてから、4年余りも生き延びてきた。 野球の継投のようにいくつもの薬物療法をつないできた賜物だが、それも尽きる局面が...

  71. VEGF阻害剤サイラムザとEGFR-TKIの併用療法の日本初承認が肺がん治療に与える影響とは

    VEGF阻害剤サイラムザとEGFR-TKIの併用療法の日本初承認が肺がん治療に与える影響とは
    2020年11月27日、血管新生阻害剤(VEGF阻害剤)であるサイラムザ(一般名:ラムシルマブ、以下サイラムザ)は、承認事項一部変更承認により上皮増殖因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の「切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌」に対して「エル...

  72. グレリン様作用薬エドルミズ、がん悪液質の適応で新発売

    グレリン様作用薬エドルミズ、がん悪液質の適応で新発売
    4月21日、小野薬品工業株式会社は、グレリン様作用薬「エドルミズ(R)(一般名:アナモレリン塩酸塩)錠50mg」(以下、エドルミズ)について、悪性腫瘍(非小細胞肺がん、胃がん、膵がん、大腸がんにおけるがん悪液質の効能または効果で、日本国内に...

  73. ファーストライン

    ファーストライン
     ファーストラインとは、手術不可能ながんに対して抗がん剤治療する場合の初めの抗がん剤治療のことです。1次治療や初回治療ともいいます。通常、手術不可能な場合の抗がん剤治療は効果が乏しくなるまで、または副作用等により抗がん剤が使えなくなるまで、...

  74. 予後・余命(よご・よめい)

    予後・余命(よご・よめい)
     予後は、病気、治療などがどのような経過をたどるかという見通しや見込み。余命は、ある時点にお いて、その後どの程度生きられるか医師が予測した期間。余命は不確かなことが多く、自分にあてはま るとは限らないので、悲観的に捉えすぎないように。...

  75. 乳がん臨床試験(治験)一覧

    乳がん臨床試験(治験)一覧
    日本で実施中の乳がんの臨床試験(治験)です。Clinical trials.govにて「breast cancer」と検索したときに該当したものを掲載しています。(一部除く)...

  76. CDC活性 補体依存性細胞傷害活性

    CDC活性 補体依存性細胞傷害活性
    CDC活性とはComplement-Dependent Cytotoxicityの略でADCC活性と同じく抗体薬がターゲットの役割を行う作用です。   がん細胞に抗体薬が結合するところまではADCC活性と同じですが、CDC活性は抗体薬に...

  77. 進行胃がん オプジーボ+ヤーボイまたはオプジーボ+化学療法の第3相試験

    進行胃がん オプジーボ+ヤーボイまたはオプジーボ+化学療法の第3相試験
    治験タイトル 胃がんおよび胃食道接合部がんにおけるニボルマブとイピリブマブの併用療法またはニボルマブと化学療法の併用療法の有効性を化学療法を対照と比較する第3相臨床試験(CheckMate649) 治験の概要 本試験の目的は、胃が...

  78. 慢性リンパ性白血病から急性転化したリヒター症候群 ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬アカラブルチニブが単剤奏効率38% ASH2016

    慢性リンパ性白血病から急性転化したリヒター症候群 ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬アカラブルチニブが単剤奏効率38% ASH2016
    慢性リンパ性白血病(CLL)から急速に進行するリヒター症候群患者を対象とし、次世代ブルトン型チロシンキナー(BTK)阻害薬アカラブルチニブを単剤投与した結果、38%の奏効率が得られたほか、24%の患者に病勢安定(SD)が認められた。初代BT...

  79. アバスチン、サイラムザ、そしてザルトラップ。3つの血管新生阻害剤(VEGF阻害剤)の違いを3つのがん種別にまとめてみた

    アバスチン、サイラムザ、そしてザルトラップ。3つの血管新生阻害剤(VEGF阻害剤)の違いを3つのがん種別にまとめてみた
    血管新生阻害剤(抗VEGF阻害剤)とは、血管新生に不可欠な因子である血管内皮増殖因子(VEGF)が血管内皮増殖因子受容体(VEGFR)に結合することを阻害することで血管内皮細胞の遊走、増殖を抑制し、血管新生を阻害する。 がんは増殖、転...

  80. 乳がんの化学療法

    乳がんの化学療法
    化学療法 乳がんの化学(薬物)療法には、抗がん剤による治療、ホルモン療法、分子標的薬による治療の3種類の方法があります。治療法は、病期、がん細胞の性質、年齢、本人の希望などに応じて決まります。 乳がんの多くは全身病で、たとえ腫瘍が小...

  81. イレッサ(ゲフィチニブ)

    イレッサ(ゲフィチニブ)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 ゲフィチニブ 商品名 イレッサ 治験薬コード IPASS 一般名英語表記 Gefitinib ...

  82. ファルモルビシン(エピルビシン)

    ファルモルビシン(エピルビシン)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 エピルビシン 商品名 ファルモルビシン 治験薬コード 一般名英語表記 epirubicin ...

  83. がん代替治療:小林麻央さんと北斗晶を分けたものは何だったのか

    がん代替治療:小林麻央さんと北斗晶を分けたものは何だったのか
    いままさにネット上でもニセ医学についての話題が沸騰しているのですが、とりわけ生死を大きく分けるがん治療についてはかなり分析が進んできています。 続きを読む http://dailynewsonline.jp/article/...

  84. 食道がんの治療 -手術療法 (外科治療)-

    食道がんの治療 -手術療法 (外科治療)-
    食道がんの手術療法 手術療法は、身体からがんを取り除く方法で、食道がんの最も標準的な治療です。食道がんの手術では、がん細胞を含め食道を切除します。そして、その時、同時にリンパ節を含む周辺の組織も一緒に切除します。 現在は、食道がんの...

  85. アンメットメディカルニーズ

    アンメットメディカルニーズ
    アンメットメディカルニーズとは、いまだに有効な治療方法が見つかっていない病気に対する、新しい治療薬や治療法への患者さん、医師からの強い要望のことです。これらの要望には、アルツハイマー病やがんなど、治療薬を必要としている患者さんが多い病気と、...

  86. 【オンコロリサーチ】患者さんとご家族を対象としたがんの調査紹介ページ

    【オンコロリサーチ】患者さんとご家族を対象としたがんの調査紹介ページ
    オンコロリサーチとは オンコロリサーチとは患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査紹介ページとなります。 オンコロではこれまでに沢山の患者さんやご家族の声を聞いてきました。そのなかで我々は「がん難...

  87. 希少がん Meet the Expert 2017セミナー

    希少がん Meet the Expert 2017セミナー
    希少がんセミナー2018 大阪オンコロジーセミナー2018 希少がんセミナー2017 希少がんMeet the Expertについて 病気や治療について情報が少ない希少がん(人口10万人に6人未満)をテ...

  88. 小林麻央さん闘病で取り沙汰された「代替療法」悪質性の見極めとケアについて

    小林麻央さん闘病で取り沙汰された「代替療法」悪質性の見極めとケアについて
    がんの代替療法については様々な問題をはらんでいる。6月5日放送の『クローズアップ現代プラス』(NHK)は、保険適用外のがん治療にまつわるトラブルについて取り上げ、反響を呼んだ。 続きを読む http://wezz-y.com/a...

  89. セカンドルック手術

    セカンドルック手術
    セカンドルック手術とは、がんの初回手術後、化学療法や放射線療法を受け、その後に行う手術を指します。 初期治療後、腫瘍細胞が残っているかどうかを確定するために行われる手術です。 腫瘍がどの程度良くなっているか、または再発がないかを確認した...

  90. BCL-2ファミリー

    BCL-2ファミリー
    BCL-2ファミリーは、細胞死抑制機能を持ち、アポトーシスのクリティカルなステップを調節しているBcl-2タンパク質と、それと構造が類似した一群のタンパク質のことをいう。 Bcl-2ファミリーには、アポトーシスを抑制するメンバー(Bc...

  91. 抗がん剤副作用による脱毛抑制機器 初承認

    抗がん剤副作用による脱毛抑制機器 初承認
    2019年3月27日、抗がん剤治療に伴う脱毛を抑えるのを目的にした装置が、国内で初めて医療機器として承認された。頭皮を冷やすことで、毛髪をつくる細胞が抗がん剤の影響を受けにくくなる効果が期待される。7月ごろから国内医療機関で使えるようになる...

  92. がん患者も起こしやすい「せん妄」とは

    がん患者も起こしやすい「せん妄」とは
     「せん妄」という言葉をご存知だろうか。「せん妄」は、がん治療中の患者さんにもよく起こる症状の一つだ。日本がんサポーティブケア学会が、8月7日に東京・大手町で開いたプレスセミナーで、名古屋市立大学大学院医学研究科精神・認知・行動医学・病院准...

  93. 【オンコロメルマガ】医師の裁量権 [vol.138]

    【オンコロメルマガ】医師の裁量権 [vol.138]
    こんにちは、オンコロの高橋です。 さて、少し前に血液クレンジングがインターネットを中心に話題になりましたがご存知でしょうか。 トンデモ医療などと評されていましたが、あのようなトンデモ医療は(ご存知の方も多いと思いますが)がん領域...

  94. 再発難治性古典的ホジキンリンパ腫患者に対するキイトルーダ単剤療法、無増悪生存期間を統計学的有意に改善

    再発難治性古典的ホジキンリンパ腫患者に対するキイトルーダ単剤療法、無増悪生存期間を統計学的有意に改善
    この記事の3つのポイント ・再発難治性古典的ホジキンリンパ腫患者が対象の第3相試験 ・キイトルーダ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・アドセトリス単剤群に比べて、無増悪生存期間を統計学的有意に改善 2020年3月2日、メル...

  95. これからのがん研究の優先課題~ASCOが注目するがん研究の最新動向と今後の課題(6)

    これからのがん研究の優先課題~ASCOが注目するがん研究の最新動向と今後の課題(6)
    米臨床腫瘍学会(ASCO)が発表した15th Clinical Cancer Advances 2020では、がん研究の発展、加速に向けて優先すべき課題を明確化し、認識を共有することが重要としている。その上で、臨床上の意思決定の基礎となる知...

  96. 治療歴のあるHER2陽性の転移性乳がん患者にカドサイラ+カペシタビン、客観的奏効率を改善せず

    治療歴のあるHER2陽性の転移性乳がん患者にカドサイラ+カペシタビン、客観的奏効率を改善せず
    この記事の3つのポイント ・治療歴のあるHER2陽性転移性乳がん患者が対象の第1/2相試験 ・カドサイラ+カペシタビン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・客観的奏効率カドサイラ単剤群36%に対してカペシタビン併用群44% ...

  97. 【オンコロメルマガ】オンラインセカンドオピニオン情報[vol.192]

    【オンコロメルマガ】オンラインセカンドオピニオン情報[vol.192]
    オンコロの大内です。 ここ最近は新型コロナウイルスの新規感染者や重傷者が増加しており、不安に思われている方が多くいらっしゃることと思います。 オンコロでは、新型コロナウイルスの影響下において様々な問題に直面するがん患者さんに資す...

  98. がん経験者の社労士だから分かるがんとお金の問題~知ることから始める支援制度の活用法~

    がん経験者の社労士だから分かるがんとお金の問題~知ることから始める支援制度の活用法~
    日進月歩で開発が進むがん治療。治療の選択肢が増えることは、患者さんにとって大変喜ばしいことですが、一方で治療に多額の費用を要するケースも多々存在します。高額療養費制度などの公的なものや健康保険組合独自の制度など、金銭的な補助を受けられる機会...

  99. 20年の新規肺がん患者が前年比6.6%減少

    20年の新規肺がん患者が前年比6.6%減少
     日本肺癌学会は、全国490病院を対象に、新型コロナ感染症(COVID-19)が肺がん診療に及ぼす影響調査を行い、4月30日、その結果を公表した。解析対象になった118病院の2020年1~10月の10カ月間の新規肺がん患者数は1万8562例...

  100. ハイリスク新規多発性骨髄腫に対するイサツキシマブ+カイプロリス+レナリドミド+デキサメタゾン療法、客観的奏効率100%を示す

    ハイリスク新規多発性骨髄腫に対するイサツキシマブ+カイプロリス+レナリドミド+デキサメタゾン療法、客観的奏効率100%を示す
    この記事の3つのポイント ・ハイリスク新規多発性骨髄腫患者が対象の第2相試験 ・イサツキシマブ+カイプロリス+レナリドミド+デキサメタゾン療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率100%、24ヶ月無増悪生存率75.5%を示す ...

×