がん患者さんおよびご家族対象 保険に関するアンケートにご協力ください

週間でよく読まれている記事ランキング


  • [公開日]2016.06.24
  • [最終更新日]2018.10.23

  1. 特集「膀胱がん」 第1回 ~初発筋層非浸潤性膀胱がんとBCG療法~

    特集「膀胱がん」 第1回 ~初発筋層非浸潤性膀胱がんとBCG療法~
    膀胱がんは、ごく初期に発見して病巣を切除しても再発をくり返すことが多く、固形がんの中でも少し変わった特性があります。そういった膀胱がんの特性や初発膀胱がんの治療について、慶應義塾大学医学部 泌尿器科学教室 専任講師の菊地栄次先生にお話を伺い...

  2. アバスチン、サイラムザ、そしてザルトラップ。3つの血管新生阻害剤(VEGF阻害剤)の違いを3つのがん種別にまとめてみた

    アバスチン、サイラムザ、そしてザルトラップ。3つの血管新生阻害剤(VEGF阻害剤)の違いを3つのがん種別にまとめてみた
    血管新生阻害剤(抗VEGF阻害剤)とは、血管新生に不可欠な因子である血管内皮増殖因子(VEGF)が血管内皮増殖因子受容体(VEGFR)に結合することを阻害することで血管内皮細胞の遊走、増殖を抑制し、血管新生を阻害する。 がんは増殖、転...

  3. 【治験広告】大腸がんの方へ   副作用予防の治験

    【治験広告】大腸がんの方へ  副作用予防の治験
    本ページは、ソレイジア・ファーマ株式会社からの委託による治験広告です。 治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載しています。 本治験は大腸がんに対する抗がん剤治療(FOLFOX療法)に伴う副作用(手足の感覚麻痺、痛み...

  4. 肺がん患者さんに絶対に知っておいて欲しい7つのこと

    肺がん患者さんに絶対に知っておいて欲しい7つのこと
    1.肺がんとは 先生、肺がんってなに?僕の友人の人間が肺がんと診断されて、彼のために何かできないか?ってインターネットで「肺がん」について調べていたんだけど、情報があり過ぎて素人の僕には何が正しい情報なのか判断できないんだ。 ...

  5. 【第49回 医療者と患者のコミュニケーション】がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts(OMCE)2020

    【第49回 医療者と患者のコミュニケーション】がん医療セミナー ONCOLO Meets Cancer Experts(OMCE)2020
    オンコロが主催する、がん情報究極のセミナー 原則、毎月第4金曜日に対象のテーマのエキスパートをお招きし、最新の医療情報の講義と、ディスカッションを組み合わせた充実のプログラムです。 がんの患者さん、ご家族、ご友人、医療機関スタッフ、...

  6. がん免疫療法の新薬キイトルーダ(ペムブロリズマブ)とオプジーボ(ニボルマブ)の違い

    がん免疫療法の新薬キイトルーダ(ペムブロリズマブ)とオプジーボ(ニボルマブ)の違い
    免疫チェックポイント阻害薬全般についての情報はコチラ ニボルマブ(オプジーボ)とペムブロリズマブ(キイトルーダ)について オプジーボとキイトルーダの適応状況 昨今話題の免疫チェックポイント阻害薬。2017年9月28日現在、日本...

  7. 「光免疫療法」の国際第3相治験が、局所再発頭頸部がんを対象に本格スタート

    「光免疫療法」の国際第3相治験が、局所再発頭頸部がんを対象に本格スタート
     画期的な治療法として世界中で注目を集める「がん光免疫療法」の第3相治験が、局所再発頭頸部がんなどの患者を対象に日本でも始まりました。頭頸部がんに対する光免疫療法は、厚生労働省の先駆け審査指定制度の対象品目にもなり、治験の進行状況によっては...

  8. 東てる美さん、故 野際陽子さん、中村獅童さん、いときんさんを襲った肺腺がんとは?その治療法とは?

    東てる美さん、故 野際陽子さん、中村獅童さん、いときんさんを襲った肺腺がんとは?その治療法とは?
     ここ最近、「がん」が報道されることも増えてきました。その中には、これまであまりなじみがなかった言葉も多く飛び交っています。例えば「肺腺がん」——東てる美さん(女優)、故 野際陽子さん(女優)・中村獅童さん(歌舞伎役者)・いときんさん(ET...

  9. 肺がんに対する5種類のALK阻害薬の違いザーコリ、アレセンサ、ジカディア、ローブレナ、ブリガチニブ

    肺がんに対する5種類のALK阻害薬の違いザーコリ、アレセンサ、ジカディア、ローブレナ、ブリガチニブ
    ALK阻害薬とは 未分化リンパ腫キナーゼ(略称ALK;以下ALK)融合遺伝子は、非小細胞肺がんの約3~5%に認められ、非小細胞肺がんのなかでも腺がんに特異的にみられる遺伝子である。ALK融合遺伝子はがん細胞の増殖に関わる遺伝子のなかでも特...

  10. 腎臓がん(腎細胞がん)の転移・再発

    腎臓がん(腎細胞がん)の転移・再発
    腎がんの方対象アンケート実施中 進行または再発の腎細胞がん(腎がん)の方対象で緩和ケアについて、謝礼ありのアンケートを実施しております。詳細は下記をご覧ください。 腎臓がん(腎細胞がん)の転移 腎臓がん(腎細胞がん)は...

  11. オプジーボとヤーボイの併用療法、1stラインの非小細胞肺がんに対するブリストル・マイヤーズスクイブ社の申請をFDAが優先審査受理

    オプジーボとヤーボイの併用療法、1stラインの非小細胞肺がんに対するブリストル・マイヤーズスクイブ社の申請をFDAが優先審査受理
    2020年1月15日(現地時間)、ブリストル・マイヤーズスクイブ社(本社:米国)は、米国食品医薬品局(FDA)が、EGFRやALK遺伝子変異陰性の進行または再発の非小細胞肺がん(NSCLC)患者のファーストライン治療薬として、ニボルマブ(商...

  12. オプジーボ、キイトルーダおよびテセントリクなど、5つの免疫チェックポイント阻害薬の違いを6つのがん種別にまとめてみた

    オプジーボ、キイトルーダおよびテセントリクなど、5つの免疫チェックポイント阻害薬の違いを6つのがん種別にまとめてみた
    オプジーボとキイトルーダの最新治験情報 未治療:食道がん 抗ガン剤 VS 免疫チェックポイント阻害薬+抗ガン剤 VS 免疫チェックポイント阻害薬×2 BCG治療後 初期膀胱がん 免疫チェックポイント阻害剤を使用する治験 ...

  13. がん患者さんおよびご家族対象 保険に関するアンケートにご協力ください

    がん患者さんおよびご家族対象 保険に関するアンケートにご協力ください
    2020/1/17 「乳がんの患者さん」は募集定員に達しました。それ以外のがん種やお立場の方は現在も募集中です。 調査目的について がん治療をご経験された方には「保険に入りたい」と思う方が一定数存在する中、さまざまな保険に入ることが難し...

  14. 神経膠腫(グリオーマ)とは

    神経膠腫(グリオーマ)とは
    神経膠腫(グリオーマ)とは 神経膠腫とは脳の細胞である神経膠細胞(グリア細胞)に似ている性質を持った腫瘍を総称していいます。神経膠細胞は神経細胞(ニューロン)とともに脳を構成している神経細胞ですが、約9割が神経膠細胞で構成されています。 ...

  15. 肺がんの化学療法

    肺がんの化学療法
    非小細胞肺がんの化学療法 非小細胞肺がんの薬物療法には、殺細胞性抗がん剤を用いた化学療法と、分子標的薬を用いた分子標的治療があります。がんの再発・転移を防ぐために、手術や放射線療法と組み合わせて、あるいは単独で行われます。 非小細胞...

  16. 肺がんのステージ(病期)|TMN分類とは

    肺がんのステージ(病期)|TMN分類とは
    がんの進行の程度を示すステージ ステージ(病期)は、がんの進行の程度を示す言葉で、肺がんでは、がんの大きさ、広がり、リンパ節やほかの臓器への転移の有無によって決められます。肺がんの治療方針は、組織型と病期でほぼ決まるため、病期の決定は重要...

  17. 大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts2020 参加者募集!

    大阪オンコロジーセミナー Meeting the Cancer Experts2020 参加者募集!
    オンコロが共催する、がん情報究極のセミナー 認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構(WJOG)、7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン、がん情報サイト「オンコロ」(3Hクリニカルトライアル株式会社)、特定非営利活動法人 近畿がん診療...

  18. 乳がんのステージ

    乳がんのステージ
    乳がんのステージ(病期) 乳がんのステージ(病期)は腫瘍の大きさ、リンパ節やほかの臓器への転移の有無によって、0期~Ⅳ期に分類されます。治療法の選択肢は、がんの大きさ、広がり方と形態、病理検査で調べたがんの性質などによって変わります。 ...

  19. 食道がんの治療 -手術療法 (外科治療)-

    食道がんの治療 -手術療法 (外科治療)-
    食道がんの手術療法 手術療法は、身体からがんを取り除く方法で、食道がんの最も標準的な治療です。食道がんの手術では、がん細胞を含め食道を切除します。そして、その時、同時にリンパ節を含む周辺の組織も一緒に切除します。 現在は、食道がんの...

  20. 肺がんの再発・転移

    肺がんの再発・転移
    肺がんが局所再発・遠隔転移した場合 再発とは、目に見えるがんがなくなった後に再びがんが出現することや、がんが縮小、あるいは安定した状態から増大することです。転移とは、がんが最初に発生した肺とは別の臓器に移動し、そこで増えることをいいます。...

  21. 抗PD-1抗体薬キイトルーダによる治療を受けたステージIII悪性黒色腫患者、免疫関連有害事象の発現で無再発生存期間が改善

    抗PD-1抗体薬キイトルーダによる治療を受けたステージIII悪性黒色腫患者、免疫関連有害事象の発現で無再発生存期間が改善
    この記事の3つのポイント ・キイトルーダによる治療を受けたステージIII悪性黒色腫患者が対象の第3相試験 ・免疫関連有害事象と無再発生存期間の関係性について検証 ・免疫関連有害事象を発現した患者において、再発または死亡のリスクを3...

  22. 乳がんの新薬ベージニオ(アベマシクリブ)の治療を受ける前に知っておきたいこと

    乳がんの新薬ベージニオ(アベマシクリブ)の治療を受ける前に知っておきたいこと
    乳がんの新薬ベージニオとは ベージニオ(一般名アベマシクリブ) ベージニオとは、サイクリン依存性キナーゼであるCDK4およびCDK6を阻害することでがん細胞が増えることを抑える経口分子標的薬です。2018年11月30日に発売され、乳がん...

  23. アリムタ(ペメトレキセド)

    アリムタ(ペメトレキセド)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 ペメトレキセド 商品名 アリムタ 治験薬コード 一般名英語表記 Pemetrexed 商...

  24. 子宮肉腫の手術・抗がん剤等の治療法について

    子宮肉腫の手術・抗がん剤等の治療法について
    治療法について 子宮の肉腫は治療法が確立されていないため、現在、子宮体がんのガイドラインに準拠した治療が行われています。 子宮に限局の場合は手術/外科治療 子宮がん肉腫では、病変が子宮に限局している場合は、子宮の両側付属器(卵...

  25. 【治験広告】  悪性脳腫瘍の方を対象とした放射性治療薬64Cu-ATSMの医師主導治験のご案内

    【治験広告】 悪性脳腫瘍の方を対象とした放射性治療薬64Cu-ATSMの医師主導治験のご案内
    国立がん研究センター中央病院からの委託による治験広告です。治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載します。 本ページは「悪性脳腫瘍の方を対象とした、放射性治療薬64Cu-ATSMの医師主導治験(STAR-64試験)...

  26. 東てる美さん、故 野際陽子さん、中村獅童さん、いときんさんを襲った肺腺がんとは?その治療法とは?

    東てる美さん、故 野際陽子さん、中村獅童さん、いときんさんを襲った肺腺がんとは?その治療法とは?
     ここ最近、「がん」が報道されることも増えてきました。その中には、これまであまりなじみがなかった言葉も多く飛び交っています。例えば「肺腺がん」——東てる美さん、(女優)故 野際陽子さん(女優)・中村獅童さん(歌舞伎役者)・いときんさん(ET...

  27. キイトルーダ MSI-H固形がんに適応拡大~がん種横断的な適応、日本初~

    キイトルーダ MSI-H固形がんに適応拡大~がん種横断的な適応、日本初~
    12月21日、MSD株式会社は、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)について、以下の国内製造販売承認事項一部変更の承認を取得したと発表した。 ・がん化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(...

  28. 乳がん治療薬イブランスに錠剤が登場-ファイザー

    乳がん治療薬イブランスに錠剤が登場-ファイザー
    2020年1月23日、ファイザー株式会社は、抗悪性腫瘍剤パルボシクリブ(商品名:イブランス)の新剤形「イブランス錠25mg」、「同125mg」の製造販売承認を取得したことを発表した。 転移乳がん治療薬イブランスは、世界初のCDK(サイ...

  29. 小細胞肺がんとは(疾患情報)

    小細胞肺がんとは(疾患情報)
    肺の構造と働き 肺は、肋骨に囲まれ胸膜に包まれた臓器で、空気の通り道である気管の左右にあります。気管の右側にある肺は上葉、中葉、下葉の3つの区画に分かれておりそれぞれ気管に続く気管支が広がっています。左側の肺は上葉と下葉に分かれており、右...

  30. がん治療開発の最新動向 AACR 2019 膵がん併用療法/CAR-T療法/がんワクチンなど

    がん治療開発の最新動向 AACR 2019 膵がん併用療法/CAR-T療法/がんワクチンなど
    「免疫チェックポイント療法は、手術、放射線療法、化学療法と並ぶがん治療の柱に新たに加わった」と米国テキサス大学MDアンダーソンがんセンターのPadmanee Sharma氏が宣言した2018年の米国がん学会(AACR 2018)プレナリーセ...

  31. 切除不能局所進行性膵がん患者に対するナブパクリタキセル+ゲムシタビン併用療法、治療失敗までの期間中央値9.0ヶ月を示す

    切除不能局所進行性膵がん患者に対するナブパクリタキセル+ゲムシタビン併用療法、治療失敗までの期間中央値9.0ヶ月を示す
    この記事の3つのポイント ・切除不能局所進行性膵がん患者が対象の第2相試験 ・ナブパクリタキセル+ゲムシタビン併用療法の有効性・安全性を検証 ・主要評価項目である治療失敗までの期間中央値は9.0ヶ月を示した 2020年1月1...

  32. 肺がんの種類と分類|4つのタイプとその特徴

    肺がんの種類と分類|4つのタイプとその特徴
    組織別に治療法が異なる肺がん 肺がんは、がん細胞の形や状態から、大きく「非小細胞肺がん」と「小細胞肺がん」に分けられ、非小細胞肺がんは「扁平上皮がん」と「非扁平上皮がん」に、非小細胞肺がんは「腺がん」と「大細胞がん」にわけられます。これを...

  33. 【胃がん患者さん・ご家族の方対象】インタビューへの参加をお願いします

    【胃がん患者さん・ご家族の方対象】インタビューへの参加をお願いします
    インタビュー目的について 進行再発胃がん患者さん、もしくはそのご家族が、診断から現在に至るまでにどのような経験をされたのか、お話を伺うためにインタビューを実施いたします。 伺ったお話は今後の胃がん患者さんに対する情報提供内容の検討に役立...

  34. ECOG Performance Status(いーこぐ ぴーえす;ぱふぉーまんすすてーたす)

    ECOG Performance Status(いーこぐ ぴーえす;ぱふぉーまんすすてーたす)
    ECOG PS(Performance Status、パフォーマンス ステータス)とは、ECOG(いーこぐ)という米国の腫瘍学の団体が決めた全身状態の指標であり、患者さんの日常生活の制限の程度を示します。 以下は日本臨床研究グループ(JC...

  35. メラノーマ(悪性黒色腫)体験者 徳永寛子さん

    メラノーマ(悪性黒色腫)体験者 徳永寛子さん
    くるくると動く表情豊かな大きな瞳と、そこにいるだけでその場の雰囲気まで明るくしてしまう魅力的な徳永さん。29歳(AYA世代)で悪性黒色腫に罹患されました。彼女が“がん”を通して感じた体や心の痛み。そこから見えた、家族・仲間の大切さ。そしてご...

  36. 乳がんの新薬パルボシクリブ(イブランス)の治療を受ける前に知っておきたい7つのこと

    乳がんの新薬パルボシクリブ(イブランス)の治療を受ける前に知っておきたい7つのこと
    <pclass="toc_title"> 目次 1 乳がんの新薬パルボシクリブ(イブランス)について 1.1 2017年9月27日、イブランスが国内承認取得 1.2 サイクリン依存性キナーゼ4/6...

  37. 慢性リンパ性白血病の治療

    慢性リンパ性白血病の治療
    慢性リンパ性白血病の標準治療 慢性リンパ性白血病は慢性に進行していく疾患で、Rai分類やBinet分類にも挙げた通り病期によって生存期間に幅が生じる疾患です。と同時に完全に治癒することが難しい疾患でもあります。 ですので、治療の方針...

  38. 胃がんの化学療法・副作用

    胃がんの化学療法・副作用
    胃がんの化学療法による副作用 胃がんの化学療法により発症する副作用は、抗がん剤や分子標的治療薬の種類によって異なり、また個人差もあります。一般的に発症する副作用としては抗がん剤、分子標的治療薬により大きく異なります。 例えば...

  39. 肉腫の手術や抗がん剤の治療について

    肉腫の手術や抗がん剤の治療について
    肉腫の治療法 手術(外科)療法について 肉腫の治療は手術が基本です。完全切除による根治というベネフィットと、術後機能のリスク、患者さん本人の希望や生活の質(QOL)を考慮して手術適応を決定しますが、その判断の根拠として、完全切除の可能性...

  40. マクロファージ免疫チェックポイント阻害薬を利用するがん免疫療法の新戦略

    マクロファージ免疫チェックポイント阻害薬を利用するがん免疫療法の新戦略
    この記事の3つのポイント ・マクロファージサイドに着目した免疫チェックポイント戦略 ・CD47がマクロファージの抗腫瘍活性を抑制する免疫チェックポイント分子となる ・非ホジキンリンパ腫患者に対してCD47阻害薬が持続的に奏効 ...

  41. 肺がん特有の症状|咳・痰・胸痛・血痰など

    肺がん特有の症状|咳・痰・胸痛・血痰など
    肺がんは早期ではほぼ無症状です。肺がんの多くは、咳(せき)、痰(たん)、血痰(けったん)、発熱、呼吸困難、胸痛といった呼吸器症状をきっかけに発見されます。 ただし、これらは肺がんに特有な症状ではないため、他の呼吸器疾患との区別がつかな...

  42. EGFR阻害薬に耐性を示した肺がん患者のメカニズム解析と臨床応用の可能性

    EGFR阻害薬に耐性を示した肺がん患者のメカニズム解析と臨床応用の可能性
    この記事の3つのポイント ・EGFR陽性の非小細胞肺がん症例に対しEGFR阻害薬は有効な治療法であるが、最終的に耐性を獲得する ・HER2、HER3遺伝子の増幅がEGFR阻害薬の耐性をもたらす場合がある ・EGFR阻害薬耐性患者に...

  43. ガザイバ(オビヌツズマブ)

    ガザイバ(オビヌツズマブ)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 オビヌツズマブ 商品名 ガザイバ 治験薬コード 一般名英語表記 Obinutuzumab ...

  44. 腎盂・尿管がんの手術療法(外科治療)

    腎盂・尿管がんの手術療法(外科治療)
    手術(外科)療法について 腎盂・尿管がんは、ほかの臓器やリンパ節への転移がない場合には基本的に手術を行うことで根治を目指します。 腎盂・尿管がんに対する手術としては、腎尿管全摘術が一般的に行われます。腎盂・尿管がんは腎盂や尿管に...

  45. 【治験広告】1歳から21歳の方対象 再発・難治性ALK陽性未分化大細胞型リンパ腫の治験

    【治験広告】1歳から21歳の方対象 再発・難治性ALK陽性未分化大細胞型リンパ腫の治験
    本ページは治験調整医師から委託された治験広告です。また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載いたします。 はじめに 本治験はALK陽性未分化大細胞型リンパ腫の方を対象とした抗ALK抗体薬の治験です。 治験参加にはメ...

  46. 【治験広告】イマチニブ、スニチニブおよびレゴラフェニブの治療歴のある進行性の消化管間質腫瘍(GIST)患者を対象とした治験

    【治験広告】イマチニブ、スニチニブおよびレゴラフェニブの治療歴のある進行性の消化管間質腫瘍(GIST)患者を対象とした治験
    この治験は大鵬薬品工業株式会社からの委託による治験広告です。 治験を実施する病院の審査・承認を受けたものを掲載しております。 はじめに 本治験は、イマチニブ、スニチニブおよびレゴラフェニブで治療したことのある消化管間質腫瘍...

  47. 未治療のEGFR遺伝子陽性の非小細胞肺がん患者に対するEGFRチロシンキナーゼ阻害薬タグリッソ、全生存期間を有意に改善

    未治療のEGFR遺伝子陽性の非小細胞肺がん患者に対するEGFRチロシンキナーゼ阻害薬タグリッソ、全生存期間を有意に改善
    この記事の3つのポイント ・未治療のEGFR遺伝子陽性の非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・第3世代不可逆的EGFRチロシンキナーゼ阻害薬タグリッソ単剤療法の有効性、安全性を比較検証 ・タグリッソ群で死亡のリスクを20%統計学...

  48. PD(ぴーでぃー);Progressive Disease

    PD(ぴーでぃー);Progressive Disease
     Progressive Disease(ぷろぐれっしょんでぃじーず)とは、がんが進行することです。略してPD(ぴーでぃー)。日本語では病態進行といいます。  「がんが進行する」とは、胃がんや肺がんなどの固形がんではの『がんが大きくな...

  49. 働きながら 家族の闘病生活を支えるとき

    働きながら 家族の闘病生活を支えるとき
     がんは身近な病気です。家族の誰かががんになることもあります。がんと言われたら動揺し、さまざまな心配ごとを抱えます。患者本人と同様、精神的に大きな負担がかかり、押しつぶされそうになります。  本書では、家族の誰かががんになって、治療生...

  50. 精巣腫瘍サバイバー4年生の僕が、白血病になりました Part1

    精巣腫瘍サバイバー4年生の僕が、白血病になりました Part1
    告知から1ヶ月  この記事を書いているきょうは2017年の12月27日でした。すっかりクリスマスも過ぎてしまいました。みなさんはどんなクリスマスをお過ごしになられたでしょうか。ぼくはとある病院のクリーンルームという場所で、クリぼっち(クリ...

  51. インフュージョンリアクション

    インフュージョンリアクション
    インフュージョン・リアクションとは、急性輸液反応、注入反応、点滴反応などの意味で分子標的治療薬の点滴時にみられる副作用のことです。いわゆる抗がん剤による過敏症とは異なる特有の症状がみられることから、日本語には訳さず英語読みで表記されます。 ...

  52. ー MASTER KEYプロジェクト ー

    ー MASTER KEYプロジェクト ー
      希少がんとは 希少がんは、1年間に罹患する患者数が10万人当たり6人未満の患者数が少ない「まれ」ながんです。患者数が少ないため、診断・治療経験が豊富な医師や病院を見つけにくく、診断に時間がかかることも多くあります。また、研...

  53. 【治験広告】-65歳以上の方対象- 治療を始める前に知ってほしい マントル細胞リンパ腫の治験

    【治験広告】-65歳以上の方対象- 治療を始める前に知ってほしい マントル細胞リンパ腫の治験
    本ページは、アストラゼネカ株式会社からの委託による治験広告となります。また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載いたします。 はじめに 治験参加にはメリット、デメリットがございますので、十分に先生とご相談していただき...

  54. 急性リンパ性白血病とは

    急性リンパ性白血病とは
    急性リンパ性白血病とは 白血病は血液を構成する細胞の異常増殖をきたす疾患で、それは他の臓器で言う所の「がん」です。 血液は血小板、赤血球、白血球などの血液細胞と呼ばれる細胞によって構成されています。これらの細胞たちは、全て骨中心にあ...

  55. 偽陽性

    偽陽性
    偽陽性とは、本当は病気にかかっていないのに、検査で陽性の結果が出てしまうことをいいます。病気があるかないかを判定する検査には、病気のある者を「陽性」、病気のない者を「陰性」と正しく判定する精度を高めることが求められます。 作成:株式会...

  56. 腎臓がん〈腎細胞がん〉とは(疾患情報)

    腎臓がん〈腎細胞がん〉とは(疾患情報)
    腎臓がん(腎細胞がん)とは 腎臓がん(腎細胞がん)は腎臓にできる悪性腫瘍です。多くの場合、腎臓の近位尿細管という部分に由来します。腎臓にできるがんには成人に発生する腎細胞がんと腎盂尿管がん、小児に発生するWilms腫瘍などがあり、稀ながん...

  57. KRAS遺伝子

    KRAS遺伝子
    KRAS遺伝子とはがん遺伝子のひとつで、細胞増殖を促進するシグナルを、細胞内で伝達するという役割を持つKRASタンパクを作り出す遺伝子です。 がん細胞が増えるメカニズムのひとつとして、細胞表面にある上皮成長因子受容体(EGFR)の関与...

  58. 卵巣がんのPARP阻害薬(オラパリブ、ルカパリブ、ニラパリブなど)、より多くの患者が有効性を享受するための治療戦略

    卵巣がんのPARP阻害薬(オラパリブ、ルカパリブ、ニラパリブなど)、より多くの患者が有効性を享受するための治療戦略
    DNA修復経路を標的とするポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害薬は、相同組換え修復(HRR)機構が正常に働かないタイプの卵巣がんに対する画期的な治療選択肢として存在感を増してきた。PARP阻害薬の品目も複数登場し、治療実績や...

  59. 全生存期間 OS オーエス Overall Survival オーバーオールサバイバル

    全生存期間 OS オーエス Overall Survival オーバーオールサバイバル
    全生存期間とは、臨床試験において治療法の割り付け開始日もしくは治療開始日から患者さんが生存した期間のことを示します。英語ではOverall Survivalといい、略してOS(オーエス)といいます。 患者さんが亡くなった原因ががんによ...

  60. 非小細胞肺がんの新薬トレメリムマブの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

    非小細胞肺がんの新薬トレメリムマブの治験を受ける前に知っておきたい7つのこと
    非小細胞肺がんの新薬トレメリムマブとは オプジーボ(ニボルマブ)、キイトルーダ(ペムブロリズマブ)が肺がん診療ガイドライン2016の推奨薬剤として掲載されるなど、非小細胞肺がんの治療薬として免疫チェックポイント阻害剤である抗PD-1/...

  61. 5-FU(フルオロウラシル)

    5-FU(フルオロウラシル)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 フルオロウラシル 商品名 5-FU 治験薬コード 一般名英語表記 Fluorouracil(5-F...

  62. レジメン

    レジメン
    レジメンとは、薬物治療における薬剤の種類や量、期間、手順などを時系列で示した計画のことをいいます。 がんの薬物治療では抗がん剤や輸液、また抗がん剤の副作用を抑える支持療法(制吐剤などの投与)の投与量や投与方法、投与順、投与日などがレジメンで...

  63. 腎臓がん(腎細胞がん)の種類と分類

    腎臓がん(腎細胞がん)の種類と分類
    腎臓がん(腎細胞がん)の分類 まずは病期分類について説明します。 腎臓がん(腎細胞がん)の進行度を分類する方法はいくつかありますが、まずは最も一般的に用いられる分類法について、以下に表を示します。 腎臓がん(腎細胞がん)で...

  64. 悪性リンパ腫の治療法

    悪性リンパ腫の治療法
    悪性リンパ腫の治療法 悪性リンパ腫の標準治療は薬物療法と放射線療法が中心で、適切な病理診断と悪性度、病期分類(ステージ)に基づき、全身状態を考慮して治療方針を決定します。 日本で多い非ホジキンリンパ腫(NHL)の治療は、一般的に...

  65. 横断研究

    横断研究
    横断研究とは、ある集団の、ある一時点での健康状態や病気の有無と、その原因と考えられる要因が有るか無いかを同時に調査し、関連性を明らかにする臨床研究の方法です。例えば、健康診断時に日ごろから運動をする習慣が有るか無いかを調査し、運動習慣の有無...

  66. METエクソン14変異を有する非小細胞肺がん患者に対するザーコリ単剤療法、客観的奏効率32%を示す

    METエクソン14変異を有する非小細胞肺がん患者に対するザーコリ単剤療法、客観的奏効率32%を示す
    この記事の3つのポイント ・METエクソン14変異を有する非小細胞肺がん患者が対象の試験 ・マルチチロシンキナーゼ阻害薬ザーコリ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・全生存期間のデータは未成熟であったが、中央値は20.5ヶ月を示した ...

  67. オプジーボを使用したい全ての肺がん患者さんへ 肺癌学会が書面による'お願い'を発表

    オプジーボを使用したい全ての肺がん患者さんへ 肺癌学会が書面による’お願い’を発表
    ≪こちらのメルマガにてオプジーボに関する最新情報配信中≫ ■この記事のポイント ・オプジーボの肺がん承認追加を受けて、日本肺癌学会が患者宛て文書にてお願いを明記。 ・オプジーボは期待はされているが、過剰な期...

  68. ハザード比 HR Hazard Ratio ハザードレシオ

    ハザード比 HR Hazard Ratio ハザードレシオ
    ハザード比とは統計学上の用語で、臨床試験などで使用する相対的な危険度を客観的に比較する方法です。英語でHezard Ratio、略してHRとも言います。 ある臨床試験で検討したい新薬Aと比較対象の薬剤Bとを比べたとき、ハザード比が1で...

  69. 急性骨髄性白血病(AML)とは

    急性骨髄性白血病(AML)とは
    急性骨髄性白血病(AML)とは 白血病は、造血幹細胞から血液細胞(白血球、赤血球、血小板)へと成熟する途中の細胞ががん化して発症します。これらの細胞たちは、全て骨中心にある骨髄の中で生まれる「造血幹細胞」からできます。造血幹細胞は骨髄の中...

  70. RAS遺伝子

    RAS遺伝子
    RAS遺伝子とはがん遺伝子のひとつで、細胞増殖を促進するシグナルを、細胞内で伝達するという役割を持つRASタンパクを作り出す遺伝子です。RAS遺伝子にはKRAS遺伝子、NRAS遺伝子、HRAS遺伝子があります。 がん細胞が増えるメカニ...

  71. 次世代シーケンサー「オンコマイン」が肺がんの全ての分子標的薬の診断薬として承認

    次世代シーケンサー「オンコマイン」が肺がんの全ての分子標的薬の診断薬として承認
    2月26日、サーモフィッシャーサイエンティフィック ジャパングループは、次世代シーケンシング(NGS)技術を用いたコンパニオン診断システムの使用目的を、非小細胞肺がん(NSCLC)の4つのドライバー遺伝子に拡大し、複数の分子標的薬の適応判定...

  72. 肺がんの臨床試験(治験)一覧 最終更新20190620

    肺がんの臨床試験(治験)一覧 最終更新20190620
    2016年3月10日現在で、日本で実施中の肺がんの臨床試験一覧です。Clinical trials.govにて「lung cancer」と検索したときに該当したものを掲載しています。(一部除く)...

  73. RECIST レシスト

    RECIST レシスト
    RECISTとは、固形がんに対する治療が効いているか、効いていないかという判定に用いる評価基準です。Response Evaluation Criteria in Solid Tumorsの略であり、レシストといいます。 治療開始前に...

  74. 大腸癌治療ガイドライン2016で改定された4つのこと

    大腸癌治療ガイドライン2016で改定された4つのこと
    2016年7月1日に大腸癌研究会で発表になりましたように新しい大腸癌治療ガイドラインが間もなく公開されます。 今回の大腸癌治療ガイドラインの改定は、大鵬薬品工業のための改定と言われれますようにS-1、ロンサーフ(トリフルリジン/チピラ...

  75. 胃がんの病期と検査

    胃がんの病期と検査
    胃がんの病期(ステージ) 病期(ステージ)とはがんの進行具合を示す指標です。胃がんの場合、病期はIA、IB、IIA、IIB、IIIA、IIIB、IIIC、IVの8段階に分類され、その進行具合は初期がIAで末期がIV、III期までの...

  76. NPO法人 支えあう会「α」

    NPO法人 支えあう会「α」
    患者会名 NPO法人 支えあう会「α」 理事長 五十嵐 昭子 設立日 1994年3月6日 支えあう会「α」について すべての部位のがんの患者さん、ご家族を対象として活動している患者会です。 患者さんやご家族の交流の場の提供、...

  77. 無再発生存期間(RFS)

    無再発生存期間(RFS)
    無再発生存期間(RFS: relapse-free survival)とは、 がんの再発を認めない状態で生存している期間をいいます。 がんの種類や臨床試験で定められた条件などによって違いがあります。 がんの臨床試験の評価項目に関して、...

  78. 乳がん治療薬ENHERTU(エンハーツ)、2つ以上の抗HER2療法を受けたHER2陽性の手術不能又は転移性乳がんの適応で米国にて新発売

    乳がん治療薬ENHERTU(エンハーツ)、2つ以上の抗HER2療法を受けたHER2陽性の手術不能又は転移性乳がんの適応で米国にて新発売
    2019年1月7日、第一三共株式会社は、トラスツズマブ デルクステカン(HER2に対する抗体薬物複合体(ADC)*1、以下「本剤」)(商品名:ENHERTU(エンハーツ)*2を米国において新発売したことを発表した。 本剤は、「転移性の...

  79. 肺がん体験者 長谷川一男さん

    肺がん体験者 長谷川一男さん
     2010年に肺がんのステージ4 余命10か月を言い渡された長谷川さん。  がん発見から告知までの経緯、心境の移り変わり、家族への想い、そして患者会の設立。  がんと関係ある方もそうでない方も、全ての方に読んでもらいたいインタビューです...

  80. オンコロスタッフ募集(Webディレクター/リサーチャー/プログラマー/臨床開発職/インターン)

    オンコロスタッフ募集(Webディレクター/リサーチャー/プログラマー/臨床開発職/インターン)
    オンコロでは、より多くの情報発信を行うためにオンコロの活動にご協力してくださるアルバイトスタッフまたは正社員を募集しています。...

  81. HER2阻害薬;ハーツー阻害薬

    HER2阻害薬;ハーツー阻害薬
    HER2阻害薬とは、ヒト上皮成長因子受容体2型(HER2)に対するヒト化抗体製剤です。 細胞膜上に存在するHER2受容体に特異的に結合し、シグナル伝達経路を阻害しがん細胞の増殖を抑制する作用と、受容体と結合したあとに目印となり、マクロ...

  82. 今すぐやめて!「免疫力」を高めない7つの誤解

    今すぐやめて!「免疫力」を高めない7つの誤解
    免疫力を高めるために気を付けていることは何ですか?たぶんその方法では免疫力は高まりません。世の中には免役にまつわる誤解がとてもたくさんあります。 続きを読む https://medley.life/news/item/5808ad9...

  83. 有効中止

    有効中止
    有効中止とは、臨床試験の途中で治験薬の有効性が証明された場合、その時点で試験を中止することです。通常、第3相試験では試験の途中で中間解析が行われ、それまでの結果が解析されます。この時点で治験薬が有効であることが明らかである場合、そこで臨床試...

  84. 希少がんMeet the Expert 第3回 肉腫(サルコーマ)総論~講演 前編~

    希少がんMeet the Expert 第3回 肉腫(サルコーマ)総論~講演 前編~
    スピーカー 国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍・リハビリテーション科、希少がんセンター長 川井 章 ■講演 前編 ■講演 後編 ■ディスカッション 川井) はじめまして、国立がん研究センター中央病院・骨軟部腫瘍・...

  85. 大腸癌の新薬オフェブ(ニンテダニブ)の治験を受ける前に知っておきたい7つのこと

    大腸癌の新薬オフェブ(ニンテダニブ)の治験を受ける前に知っておきたい7つのこと
    大腸癌の新薬オフェブ(ニンテダニブ)について ステージⅣ大腸癌の一次治療はFOLFOX、FOLFIRIなどの抗癌剤にアバスチン、アービタックス、ベクティビックスなどの分子標的治療薬を併用する治療方法が標準とされています。 この標...

  86. 腎盂・尿管がんの種類と分類

    腎盂・尿管がんの種類と分類
    ステージ(病期)と種類・分類について 腎盂・尿管がんのステージ(病期)は、「腎盂・尿管・膀胱がん取扱い規約(日本泌尿器科学会ほか編)に記載されているTNM分類がよく用いられ、治療方針の決定にも利用されています。TNM分類は、①T:腫瘍...

  87. ダウノマイシン(ダウノルビシン)

    ダウノマイシン(ダウノルビシン)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 ダウノルビシン 商品名 ダウノマイシン 治験薬コード 一般名英語表記 daunorubicin ...

  88. レブラミド(レナリドミド)

    レブラミド(レナリドミド)
    本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。 概要 一般名 レナリドミド 商品名 レブラミド 治験薬コード 一般名英語表記 Lenalidomide 商...

  89. 日本初のサイクリン依存性キナーゼ4/6(CDK4/6)阻害薬イブランスが、進行乳がん適応で承認

    日本初のサイクリン依存性キナーゼ4/6(CDK4/6)阻害薬イブランスが、進行乳がん適応で承認
    9月27日、ファイザー株式会社は「手術不能又は再発乳癌」の効能・効果で、サイクリン依存性キナーゼ4/6(CDK4/6)阻害薬パルボシクリブ(商品名イブランス)の製造販売承認を取得したと発表した。 イブランスは、細胞周期に関与するサイク...

  90. 造血幹細胞移植とは

    造血幹細胞移植とは
    造血幹細胞移植とは 造血幹細胞移植とは、造血機能が何らかの原因によって異常をきたし、正常な血液細胞を作れなくなった患者さん(レシピエント)に対して、ドナーから提供された造血幹細胞(同種移植)もしくはレシピエントが完全寛解期に予め凍結保存し...

  91. 小細胞肺がんの治療 -手術療法 (外科治療)-

    小細胞肺がんの治療 -手術療法 (外科治療)-
    小細胞肺がんの手術療法(外科治療) 肺がんは一般的に画像診断や腫瘍組織を顕微鏡で確認する病理診断からがんの病期や進行度を診断します。肺がんの病期がⅠ期あるいはⅡ期であれば、手術が優先して行われます。Ⅲ期以上であっても組織型によっては手術が...

  92. 大腸がんとは(疾患情報)

    大腸がんとは(疾患情報)
    大腸がんとは 大腸がんは、大腸の粘膜(内側の表面)に発生します。通常、早期がんでは症状はありません。進行すると血便や便通異常(便秘や下痢)、大腸は、右下腹部から時計回りに小腸を取腹痛などの症状を起こすようになります。 大腸は、右下腹...

  93. PD-L1

    PD-L1
    PD-L1(Programmed cell Death 1- Ligand 1)は、PD-1(Programmed cell Death 1)と結合し、PD-1を活性化させる働きを持つ、細胞表面に存在するタンパク質です。PD-1は免疫細胞の...

  94. 胃がんの治療法

    胃がんの治療法
    胃がんの治療 主な治療方法としては内視鏡治療、手術療法、薬物療法、放射線療法などです。治療方針を決定するフローとしては下記の通りです。 遠隔転移の有無、がん細胞の深達度、リンパ節転移の有無により治療方針は決まり、早期の胃...

  95. 腫瘍崩壊症候群

    腫瘍崩壊症候群
    腫瘍崩壊症候群とは、特にがん化学療法に感受性が高い腫瘍で、抗がん剤治療を実施した際に、時に腎不全、痙攣発作、不整脈による突然死をきたす病態のことです。これは腫瘍細胞の急激かつ大量の崩壊により細胞内物質が急激に細胞外に放出され、その代謝産物量...

  96. IDH分化症候群

    IDH分化症候群
    IDH分化症候群とは、急性骨髄性白血病(AML)の治療にIDH阻害剤を用いた時に起こる、時に致死的な合併症です。IDH(イソクエン酸デヒドロゲナーゼ)遺伝子の変異は、様々ながんで見つかっており、急性骨髄性白血病では、およそ20%の患者さんが...

  97. 悪性胸膜中皮腫 一次治療としてシスプラチン/アリムタにオプジーボを併用する第2相試験

    悪性胸膜中皮腫 一次治療としてシスプラチン/アリムタにオプジーボを併用する第2相試験
    本試験は、進行悪性胸膜中皮腫の一次治療として、標準療法(シスプラチン+ペメトレキセド)に免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(オプジーボ)を併用したときの有効性と安全性を確認する臨床試験です。 <一般的な説明> 試験概要 未治療の外科...

  98. GIST(消化管間質腫瘍)の手術、抗がん剤等の治療について

    GIST(消化管間質腫瘍)の手術、抗がん剤等の治療について
    治療方針 限局性GISTの手術と補助療法 限局性のGISTの標準治療は手術で、切除することでしか根治の可能性はありません。小さい腫瘍は腹腔鏡手術も可能ですが、原則は開腹手術で切除します。完全切除により半数以上の患者さんは根治して...

  99. 未治療のCD30陽性末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)患者に対する抗CD30抗体薬アドセトリス+CHP療法、CHOP療法に比べて無増悪生存期間(PFS)を統計学有意に延長する

    未治療のCD30陽性末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)患者に対する抗CD30抗体薬アドセトリス+CHP療法、CHOP療法に比べて無増悪生存期間(PFS)を統計学有意に延長する
    この記事の3つのポイント ・未治療CD30陽性PTCL患者を対象とした第Ⅲ相試験 ・アドセトリス+CHP群の有効性をCHOP療法群と比較し検証した ・無増悪生存期間(PFS)などアドセトリス+CHP群が統計学的有意であった ...

  100. キャンサーペアレンツ 絵本『ママのバレッタ』子供への読み聞かせ がん教育に寄与 11月下旬発売

    キャンサーペアレンツ 絵本『ママのバレッタ』子供への読み聞かせ がん教育に寄与 11月下旬発売
    一般社団法人キャンサーペアレンツが制作した絵本『ママのバレッタ』とそれに関する研究が、10月18日から20日に開催された第56回癌治療学会学術集会のPAL(ペイシェント・アドボケイト・リーダーシップ・プログラム)にて最優秀賞に選出された。 ...

×