植物アルカロイドは、強い毒性を持つ植物から抽出された毒素を抗がん剤として利用したものです。細胞分裂に重要な微小管の重合を阻害し、細胞分裂を停止させるビンカアルカロイド系(ビンクリスチン、ビンブラスチンなど)や、微小管の脱重合を阻害するタキサン系(パクリタキセルドセタキセルなど)、トポイソメラーゼの働きを阻害するイリノテカン、エトポシドなどがあります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事