<6月8日(土)開催! 胃がんキャラバンin大阪>

サイトカイン放出症候群(CRS)


  • [公開日]2018.01.30
  • [最終更新日]2018.01.30

サイトカイン放出症候群とは抗体医薬品の投与中または投与直後に現れる、炎症性サイトカインの放出によって引き起こされる症状の総称です。抗体医薬品の投与によって体の中の免疫応答が必要以上に活性化され、インターロイキンやインターフェロンなどのサイトカインが放出され様々な症状が発現します。免疫応答が活性された場合の主な症状としては悪寒、悪心、倦怠感、頭痛、発熱、頻脈、血圧上昇などがあり、重篤な場合はサイトカインストームと呼ばれます。

 
作成:株式会社インテリム
logo

×