血管内皮細胞増殖因子(vascular endothelial growth factor: VEGF)は、血管新生を促すタンパク質です。VEGFが血管内皮細胞に作用すると、細胞の分裂や遊走、分化などを誘導し、その結果、既存の血管から枝分かれした新たな血管が形成されます(血管新生)。

腫瘍は 、自らVEGFを生産し周囲の血管新生を促します。その結果、血管が腫瘍内に引き込まれ、栄養や酸素の供給を受けて増速、転移していきます。VEGFの働きを阻害すると、腫瘍の血管新生が抑えられるので、腫瘍に栄養や酸素が供給されず兵糧攻めにできると考えられ、VEGFのシグナルを遮断する薬の開発が進められています。

VEGFを標的とした薬には、アバスチンがあります。アバスチンはVEGFと特異的に結合する抗体で、VEGFが受容体と結合する前にアバスチンと結合することで、VEGFと受容体の結合を阻害します。

作成:株式会社インテリム
logo

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »