【4/3(金)開催 希少がんセミナー『脳腫瘍~小児から成人~』申込み受付中!】

ニュース

アレセンサ、再発又は難治性のALK融合遺伝子陽性の未分化大細胞リンパ腫へ適応追加の承認取得

2020.02.22

  • ニュース

この記事の2つのポイント ・稀な疾患であるALK融合遺伝子陽性の未分化大細胞リンパ腫(ALK陽性ALCL)の小児および成人を対象とした国内医師主導治験の成績により承認を取得 ・再発又は難治性のALK陽 ...

ロズリートレク、ROS1融合遺伝子陽性の非小細胞肺がんへ適応追加の承認取得

2020.02.22

  • ニュース

この記事の2つのポイント ・2019年のNTRK融合遺伝子陽性の固形がんに対するに続き、ROS1融合遺伝子陽性の非小細胞肺がんに対する承認を取得 ・ROS1融合遺伝子は非小細胞肺がん患者の1~2%に発 ...

未治療の進行性/転移性非扁平上皮非小細胞肺がん患者に対するキイトルーダ+アリムタ+化学療法、患者報告アウトカムが改善

2020.02.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行性/転移性非扁平上皮非小細胞肺がん患者を対象とした第3相試験 ・キイトルーダ+アリムタ+化学療法の有効性・安全性を患者報告アウトカムによって検証 ・患者報告に基 ...

EGFR陽性の進行性非小細胞肺がん患者に対するNazartinib、忍容性は良好も患者によっては減量など用量調整が必要か

2020.02.21

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・EGFR陽性の進行性非小細胞肺がん患者を対象とした第1相試験 ・ナザルチニブ(EGF816)単剤療法の有効性・安全性を検証 ・忍容性は良好だったが、患者によっては減量などの ...

日本で続くHPVワクチンへの躊躇いに警告、防げたかもしれない子宮頸がん死は現時点で約5000人

2020.02.20

  • ニュース

2010年、日本で12歳から16歳の女性を対象に公費補助によるヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンプログラムが始まった。当初、接種率が70%を超えるまで普及したが、2013年6月に複数の有害事象が ...

複数治療歴のある転移性尿路上皮がん患者に対するネクチン-4を標的にした抗体-薬物複合体エンホルツマブ ベドチン、全奏効率43%を示す

2020.02.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・1回以上の化学療法の治療歴のあるネクチン-4発現のある転移性尿路上皮がん患者を対象とした第1相試験 ・ネクチン-4を標的とする抗体-薬物複合体(ADC)であるエンホルツマブ ...

MET増幅のあるEGFR遺伝子変異陽性の進行性非小細胞肺がん患者に対するタグリッソ+savolitinib、客観的奏効率48~64%を示す

2020.02.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・MET増幅のあるEGFR遺伝子変異陽性の進行性非小細胞肺がん患者を対象とした第1b相試験 ・第3世代EGFR-TKIタグリッソ+MET阻害薬savolitinib併用療法の ...

ポラツズマブ ベドチンが再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を対象とする国内第2相試験の主要評価項目を達成

2020.02.19

  • ニュース

2020年2月13日、中外製薬株式会社は、ポラツズマブ ベドチンの国内第2相臨床試験(JO40762/P-DRIVE試験)において、主要評価項目であるPrimary Response Assessme ...

閉経後のホルモン受容体陽性HER2陰性局所進行性または転移性乳がん患者に対するcapivasertib+フルベストラント、無増悪生存期間を有意に改善

2020.02.19

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ホルモン受容体陽性HER2陰性局所進行性または転移性乳がん患者を対象とした第2相試験 ・AKT阻害薬capivasertib+フルベストラント併用療法の有効性・安全性を比較 ...

低線量CT検査により肺がん死亡率は低減する

2020.02.19

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・低線量CT検査の有無が肺がんによる死亡率に与える影響を比較検証した第3相試験 ・肺がん発症率はスクリーニング群で高率で、発見された患者のうち58.6%がステージIA、IBだ ...

胃がんの家族歴があるヘリコバクターピロリ感染者、除菌成功で胃がん発症リスクを73%低下

2020.02.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・親子や兄弟に胃がんの家族歴があるヘリコバクターピロリ陽性患者が対象の第3相試験 ・ヘリコバクターピロリ除菌の有効性を検証 ・ヘリコバクターピロリ除菌成功群で胃がんの発症リス ...

KRAS野生型の切除可能肝転移を有する大腸がん患者に対する化学療法+アービタックス、全生存期間を統計学有意に改善しない

2020.02.18

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・KRAS野生型の切除可能肝転移を有する大腸がん患者を対象とした第3相試験 ・化学療法+抗EGFR抗体アービタックス併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・アービタックスの上乗 ...

転移性乳がん患者におけるPIK3CA遺伝子ステータスが予後に影響か

2020.02.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・転移性乳がん患者におけるPIK3CA遺伝子ステータスが予後に与える影響を検証した第2相試験 ・PIK3CA遺伝子変異のあるホルモン受容体陽性HER2陰性転移性乳がん患者では ...

導入化学療法後の切除不能な局所進行性または転移性HER2陰性胃/胃食道接合部がん患者に対する維持療法としてのバベンチオ、全生存期間を統計学的有意に改善しない

2020.02.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・導入化学療法後の切除不能な局所進行性または転移性HER2陰性胃/胃食道接合部がん患者を対象とした第3相試験 ・バベンチオ単剤療法の有効性・安全性を導入化学療法の継続投与と比 ...

未治療の慢性リンパ性白血病 化学療法を含まない併用レジメンとして、ベネトクラクス承認勧告を欧州医薬品委員会より受領

2020.02.15

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・欧州委員会(EC)により承認されれば、ベネトクラクス/オビヌツズマブ併用レジメンは、未治療の慢性リンパ性白血病(CLL)患者に対する初の化学療法を含まない固定治療期間の併用 ...

テセントリクとアバスチン併用療法 切除不能な肝細胞がんへ承認申請

2020.02.14

  • ニュース

2020年2月14日、中外製薬株式会社(以下、中外製薬)は抗悪性腫瘍剤/抗PD-L1ヒト化モノクローナル抗体アテゾリズマブ(遺伝子組換え)(商品名:テセントリク点滴静注1200 mg)および抗悪性腫瘍 ...

早期前立腺がん患者における野菜摂取のための行動介入、無増悪生存期間を改善しない

2020.02.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・早期前立腺がん患者を対象とした第3相試験 ・野菜を摂取させる行動介入は病勢進行に関係するかどうかを検証 ・無増悪生存期間はMEAL群、コントロール群において統計学有意な差は ...

テセントリク治療中の進行性非小細胞肺がん患者、抗生剤やプロトンポンプ阻害薬の使用が悪影響か

2020.02.14

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・テセントリク治療中の進行性非小細胞肺がん患者が対象の試験 ・抗生剤、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の影響をプール解析 ・全生存期間、無増悪生存期間に悪影響を与える可能性が示 ...

ゲムシタビンベースの化学療法後の進行性/転移性膵管腺がん患者に対するFOLFOX+Pegilodecakin、全生存期間を統計学的有意に改善しない

2020.02.13

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ゲムシタビンベースの化学療法後に病勢進行した進行性/転移性膵管腺がん患者を対象とした第3相試験 ・FOLFOX+Pegilodecakin併用療法の有効性・安全性を比較検証 ...

転移性胆道がん患者に対するファーストライン治療としてのゲムシタビン+シスプラチン併用療法へのサイラムザまたはMerestinib上乗せ、無増悪生存期間を改善しない

2020.02.13

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・転移性胆道がんを対象とした第2相試験 ・ファーストライン治療としてサイラムザまたはMerestinib+ゲムシタビン+シスプラチン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・無増 ...