【10月25日(金)/ 東京・日本橋】慢性リンパ性白血病(CLL)セミナー参加申込受付中!

肝臓がんの臨床試験(治験)一覧


  • [公開日]2019.07.26
  • [最終更新日]2019.09.06

2019年7月9日現在で、日本で実施中の肝がんの臨床試験治験)一覧です。
Clinical trials.govにて「hepatocellular carcinoma」と検索したときに該当したものを掲載しています。(一部除く)

免疫チェックポイント阻害薬の治験

治癒治療後の再発リスクが高い HCC 患者のデュルバルマブ単独またはベバシズマブとの併用による有効性と安全性の評価
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体
対象:根治切除後の肝細胞がん
治療:「デュルバルマブ+ベバシズマブ」、「デュルバルマブ+プラセボ」、「プラセボ+プラセボ」

進行性肝細胞がん患者におけるペムブロリズマブ+レンバチニブ併用療法、レバチニブ単剤療法の比較による安全性と有効性
対象:肝細胞がん、初回治療
治療:「レンバチニブ+ペムブロリズマブ」、「レンバチニブ+プラセボ」

未治療の局所進行性または転移性肝細胞がん患者対象のソラフェニブと比較したベバシズマブ+アテゾリズマブの研究
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体
対象:肝細胞がん、初回治療
治療:「アテゾリズマブ+ベバシズマブ」、「ソラフェニブ」

進行性肝細胞がん患者におけるデュルバルマブ+トレメリムマブの一次治療に関する研究
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体
対象:肝細胞がん、初回治療
治療:「デュルバルマブ」「デュルバルマブ+トレメリムマブ」「ソラフェニブ」

進行肝細胞がんにおけるデュルバルマブまたはトレメリムマブ単剤療法、またはデュルバルマブ+トレメリムマブまたはベバシズマブ併用療法に関する研究
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体
対象:肝細胞がん、二次治療
治療:「デュルバルマブ+トレメリムマブ」、「デュルバルマブ」、「トレメリムマブ」、「デュルバルマブ+トレメリムマブ」、「デュルバルマブ+ベバシズマブ」

×

リサーチのお願い