がん患者が考える、がん患者のためのビジネス!?はたしてその行方は。。。 オンコロな人に出演頂いた胆管がん体験者の西口さんこと‘ぐっち’さん。 その軌跡をつづっていただく新コーナーがスタートです。 西口さんの体験談はコチラ(胆管がん体験者 西口洋平さん)

「子どもをもつがん患者専用のSNS」は世の中の課題を解決するか?

連載第4回:SNSの盛り上がり??

 

どうもぐっちです。

最近抗がん剤のアレルギー反応がでて、背中にぼつぼつができます。

子どもとお風呂に一緒に入る時、最初は怖がっていました。

今は平気になり、「痛い?」と聞きながら洗ってくれます。

とても心地がよい時間。

 

背中はぼつぼつでもよいから、ずっと続いていければよいなー。

そう思います。

 

さて、

3月24日、仕事終わりに、

肺がん患者の会「ワンステップ」の代表長谷川さんにお会いしてきました。

 

肺がんは比較的若くして罹患することも多く、

長谷川さんもお子さんがいらっしゃいます。

SNSのサービスは長谷川さんもいくつかご覧になったそうです。

 

「盛り上がっている。」と実感するサイトには共通項があるかも??

ということを教えて頂きました。

蜀咏悄 2016-03-24 20 46 58

 

 

 

 

 

 

(長谷川さんとスマホでメモをとるぐっち)

 

それは、

「正直に、赤裸々に、自分の状況(感情も含めて)を吐露している人が

いる」ということ。

 

そうすると、その人の周りにはなぜか人があつまる。

コメントでのやりとりも増えることがある、とのことでした。

 

自分のことを安心してさらけ出して書くことができるサービスがあれば、

とっても価値のあるサービスだと思います。

 

今、4月リリース予定のSNSの設計が大詰めにきています。

 

さごーちゃんにもとても頑張ってもらっています。

さごうさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の気づきは、4月には間に合わなくても、
よりよいものにするために近々サービス面にも反映できればと思っています。

さて、どう反映しようか。。。

 

長谷川さん、ありがとうございました。

蜀咏悄 2016-03-24 20 46 33

 

 

 

 

 

 

 

 


人気記事