日本で実施中の白血病の臨床試験(治験)一覧です。
※近日中に最新の情報を更新する予定です。

分子標的薬の臨床試験(治験)


【治験広告】慢性リンパ性白血病および急性骨髄性白血病対象 新規分子標的薬(BCL-2阻害薬)の治験のご案内


astellas_hakketu_cancerchanel
【治験広告】急性骨髄性白血病対象 分子標的薬(FLT3阻害薬)の治験のご案内

 

血液がんの患者を対象にBCL-2阻害薬ベネトクラックスの安全性を評価する第1相試験

その他の臨床試験(治験)

■急性骨髄性白血病(AML)と初めて診断された日本人患者にキザルチニブを追加投与する第1b相試験
薬剤の特徴:FLT3-ITD阻害剤 (キザルチニブ)
対象:急性骨髄性白血病の患者
治療:導入療法「キザルチニブ+シタラビン+イダルビシンもしくはダウノルビシン」→地固め療法「キザルチニブ+シタラビン」

■ダサチニブ単剤療法により分子学的寛解(CRm)状態が2年間継続している慢性期(CP)の慢性骨髄性白血病(CML)患者のダサチニブ治療を中止する試験
薬剤の特徴:分子標的薬 (ダサチニブ)
対象:ダサチニブ単剤療法を受けている慢性骨髄性白血病の患者
治療:ダサチニブ治療中断

■再発又は難治性急性リンパ芽球性白血病患者を対象としたTBI-1501の第1/2相試験
薬剤の特徴:キメラ抗原受容体(CAR)遺伝子治療(TBI-1501)
対象:再発又は難治性のCD19陽性B細胞性急性リンパ芽球性白血病の患者
治療:シクロホスファミドを用いた化学療法後にTBI-1501を投与

 


人気記事