9/14(土)開催【胃がんキャラバンin福岡】お申込み受付中!

小児がんの臨床試験(治験)一覧最終更新20190815


  • [公開日]2019.08.15
  • [最終更新日]2019.08.16

【血液がん】


【治験広告】小児対象(5歳以上18歳未満)ホジキンリンパ腫の治験 ~治療の選択肢を子供たちの未来につなげたい~

クリゾチニブによる、再発または難治性ALK(anaplastic lymphoma kinase)陽性未分化大細胞型リンパ腫(anaplastic large cell lymphoma, ALCL)に対する第I/II相および再発または難治性神経芽腫に対する第I相医師主導治験
薬剤の特徴:チロシンキナーゼ阻害薬
対象:1歳以上、22歳未満の再発又は難治性ALK陽性未分化大細胞リンパ腫、再発又は難治性神経芽腫
治療: クリゾチニブ

FLT3 変異 AMLを有する新たに診断された小児患者における安全性、有効性および薬物動態を評価するためのミドスタウリンと化学療法との組み合わせによるグローバル研究
薬剤の特徴:FLT3キナーゼ阻害薬
対象:3ヶ月〜17歳のFLT3 変異性急性骨髄性白血病
治療:ミドストタウリンと標準療法

日本における再発または難治性のCD22陽性小児急性リンパ性白血病患者を対象としたイノツズマブ オゾガマイシンの第I相試験(医師主導治験)
薬剤の特徴:抗体薬物複合体(ADC)
対象:1~17歳以下の再発または難治性のCD22陽性ALLの患者、再発または難治性のCD22陽性リンパ芽球性リンパ腫患者
治療:イノツズマブ オゾガマイシン

小児急性リンパ性白血病の再発患者に対するボルテゾミブを含む多剤併用化学療法の第II相試験(医師主導治験)
薬剤の特徴:プロテアソ-ム阻害薬
対象:19歳以下の小児急性リンパ性白血病(ALL)
治療:ボルテゾミブ

【脳腫瘍】

難治性小児脳腫瘍に対する新規樹状細胞治療 第1/2相臨床試験(医師主導治験)
薬剤の特徴:ワクチン
対象:3歳以上25歳未満の難治性小児脳腫瘍
治療:新規樹状細胞治療

小児の高悪性度神経膠腫、低悪性度神経膠腫におけるダブラフェニブとトラメチニブの第II相試験
薬剤の特徴: MEK阻害薬とBRAF阻害薬
対象:12ヶ月から17歳のBRAF V600 変異陽性低悪性度神経膠腫、再発または難治性の高悪性度神経膠腫
治療:トラメチニブ、ダブラフェニブ

脳幹部神経膠腫患者を対象としたconvection-enhanced delivery(CED)によるニムスチン塩酸塩投与の多施設共同第II相臨床試験(医師主導治験)
薬剤の特徴:アルキル化剤
対象:初発時の年齢が3歳から21歳 脳幹部神経膠腫患者
治療:定位的脳手術にてカテーテルを脳内標的部位へ留置し、塩酸ニムスチン投薬する

【その他】

難治小児悪性固形腫瘍およびホジキンリンパ腫患者を対象としたニボルマブの医師主導第Ⅰ相試験
薬剤の特徴:抗PD-1抗体薬
対象:1歳以上24歳以下の小児悪性固形腫瘍、小児ホジキンリンパ腫
治療:ニボルマブ

難治性小児悪性固形腫瘍患者を対象としたオラパリブ錠の第Ⅰ相試験(医師主導治験)
薬剤の特徴:PARP阻害剤
対象:3歳以上18歳以下の難治性小児悪性固形腫瘍患者
治療:オラパリブ

×

この記事に利益相反はありません。