新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

肉腫とは

脂肪や筋肉、骨などの非上皮細胞(支持組織)に発生した悪性腫瘍を「肉腫」(Sarcoma)といいます。なお、上皮細胞に発生した悪性腫瘍を指す狭義の「癌」、血液や骨髄細胞ががん化(悪性化)した血液腫瘍、そして肉腫を含め、広義の「がん」といいます。

肉腫の詳細・症状について ▼

2020.09.18

  • ニュース

2回のがんを経験して思うこと

2020.09.10

  • ニュース

60歳以上の転移性軟部肉腫に対するファーストラインとしてパゾパニブ単剤…

2020.09.07

  • ニュース

世界初のスイッチ抗体STA551、非臨床の研究結果を米国科学誌で発表

2020.08.01

  • 特集

オンラインメディアセミナー:今ある薬を、使えるようにするために―Wanna …

2020.07.20

  • ニュース

抗体薬物複合体カドサイラ、抗PD-1抗体キイトルーダなどがん関連5品目を報告

2020.07.09

  • オンコロブログ

【公募】慶應大学医学部 腫瘍センター研究員募集

もっと見る ≫

2020.09.18

  • ニュース

2回のがんを経験して思うこと

2020.09.10

  • ニュース

60歳以上の転移性軟部肉腫に対するファーストラインとしてパゾパニブ単剤…

2020.09.07

  • ニュース

世界初のスイッチ抗体STA551、非臨床の研究結果を米国科学誌で発表

2020.07.20

  • ニュース

抗体薬物複合体カドサイラ、抗PD-1抗体キイトルーダなどがん関連5品目を報告

2020.06.22

  • ニュース

柏の葉スマートシティ がんの「治療」と「研究」を支える宿泊施設を2022年…

2020.06.19

  • ニュース

がん化学療法に伴う悪心・嘔吐に用いられる制吐剤アロキシ、小児への適応…

もっと見る ≫

2020.09.16

  • セミナー動画

【第5回 がんとゲノム医療】大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2020

2020.09.09

  • セミナー動画

【第4回 がんと栄養】大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2020

2020.07.14

  • セミナー動画

【第3回 がんと放射線治療】大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2020

2020.07.09

  • セミナー動画

【第61回 希少がん Meet the Expert:肉腫(サルコーマ)~頭頸部の肉腫~…

2020.05.01

  • セミナー動画

【第2回 がんと臨床試験(研究)】大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2…

2020.04.01

  • セミナー動画

【第1回 がんと統計】大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2020

もっと見る ≫

募集中の臨床試験・治験広告

実施中の治験/臨床試験

掲載されている試験情報についてはこちら
10件の検索結果
募集状況試験名リンク先最終更新日

募集中

進行期菌状息肉腫(MF)またはセザリー症候群(SS)患者の維持治療のためのレズミノスタット2020・08・11

募集中

菌状息肉腫・セザリー症候群における予後因子のID2020・07・28

募集中

キャンプファイヤー:滑膜肉腫の小児および若年成人のラムシルマブ(LY3009806)の研究2020・07・07

募集中

再発または難治性滑膜肉腫患者における放射線ラベル付きOTSA101-DTPAの第I相研究2020・04・08

募集中

悪性黒色腫および血管肉腫に対するCICS-1およびSPM-011を用いたホウ素中性子捕捉療法2020・03・03

イベント


肉腫とは

肉腫は希少がんに該当し、日本では年間10万人あたり、骨の肉腫は1人、脂肪や筋肉、神経、血管など軟部の肉腫は3人と予想されています。大腸がんや胃がん、肺がんなど患者数の多いがん種と比べ50分の1から100分の1の発生頻度しかないものの、その組織型の種類は50種以上で悪性度も様々であることから、肉腫の特徴は希少性と多様性ということができます。

肉腫の診断・検査

多様性に富んだ肉腫の診断は、生検による正確な病理組織検査が必須です。組織片を採取することもできる針生検は、診断率がやや低くなるという欠点があり、確実に組織が採取でき診断率も高い切開生検は、手技上、腫瘍播種の可能性をゼロにすることができません。2cm以下の皮下腫瘍の場合は切除生検で取り除くことができます。
「肉腫(骨肉腫・軟部肉腫)とは」続きを読む >

肉腫の疾患情報

肉腫の治療について

肉腫の治療は手術が基本です。完全切除による根治というベネフィットと、術後機能のリスク、患者さん本人の希望や生活の質QOL)を考慮して手術適応を決定しますが、その判断の根拠として、完全切除の可能性、術後予測される障害、四肢の場合は患肢温存の可能性、温存患肢の有用性、手術による予後改善の見通し、患者さんや家族の希望などを明確にすることが原則です。
「肉腫の治療法について」続きを読む >

×