<6月8日(土)開催! 胃がんキャラバンin大阪>

プラチナ製剤


  • [公開日]2017.09.27
  • [最終更新日]2017.10.12

プラチナ製剤は細胞傷害性抗がん剤の一種です。プラチナがDNAの塩基と共有結合することで、塩基同士を結合させてしまいます。塩基同士が結合してしまうと、DNAの複製や転写ができなくなり、細胞は死んでしまいます。肺癌の治療で使われる「シスプラチン」、「カルボプラチン」や大腸癌の治療で使われる「オキサリプラチン」などが含まれます。

作成:株式会社インテリム
logo

×