はじめに

 がんと言われたら、強い衝撃を受け、動揺します。不安に襲われます。初めて病状や治療法などを知るために、病状の進展や治療予定のことが心配です。働いている人にとっては、仕事への影響も気がかりです。仕事を続けることができるかどうかわからないので、悩みます。

 この情報は、働いている世代の人が、がんと言われ、働き続けたい思いを持って治療を続けていくときに、役立つと思われる知識と情報を取りまとめたものです。職場生活で懸念される諸問題や直面したときの対処法、利用することのできる経済的な支援制度などについて、わかりやすく解説しました。

 がんと言われたからといって、性急に仕事を辞めることのないよう、また、仕事優先で治療をおろそかにすることのないよう、安心して治療に専念できる手助けになれば幸いです。

作成:社会保険労務士 井後 伸一(徳島県社会保険労務士会所属)