※情報元(外部サイト)にリンクしています。

■プレスリリースの掲載をご希望の方はお問い合わせください。
Mail:info_oncolo@clinical-t.com

11月

11月13日 (火) イブランス(一般名:パルボシクリブ)のHR陽性/HER2陰性進行・再発乳がんに対するPALOMA-3試験の全生存期間データを発表~ESMO 2018会議(欧州臨床腫瘍学会)で発表され、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌に掲載~/ファイザー株式会社
11月12日 (月) 進行・転移性乳がん対象日本主導アジア国際共同医師主導治験開始/国立研究開発法人国立がん研究センター
11月7日 (水) 抗悪性腫瘍剤/ヒト化抗CD20モノクローナル抗体「ガザイバ点滴静注」説明会/中外製薬株式会社
11月7日 (水) KEYTRUDA(ペムブロリズマブ)、カルボプラチン+パクリタキセルまたはnab-パクリタキセルとの併用療法が転移性扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)患者の一次治療としてFDAの承認を取得 /MSD株式会社 ニュースリリース

10月

10月30日 (火) KEYTRUDA、再発または転移性頭頸部がん患者の一次治療として、単独療法および併用療法が標準治療と比較して全生存期間を有意に延長/MSD株式会社 ニュースリリース
10月29日 (月) KEYTRUDA(ペムブロリズマブ)、標準治療が不応となった高リスク筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)患者において、40%に近い完全奏効率を達成/MSD株式会社 ニュースリリース
10月26日 (金) KEYTRUDA(ペムブロリズマブ)、ファイザー社のInlyta(アキシチニブ)との併用療法により、進行性または転移性腎細胞がんの初回治療における全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS)を有意に改善 /MSD株式会社 ニュースリリース
10月25日 (木) アレセンサはALK陽性の進行または転移性非小細胞肺がんのアジア人における一次治療で病勢進行または死亡のリスクを有意に減少/中外製薬株式会社 ニュースリリース
10月25日 (木) テセントリクと化学療法の併用による一次治療は化学療法単独に比べ、進展型小細胞肺がん患者さんの生存期間の延長を示す/中外製薬株式会社 ニュースリリース
10月25日 (木) アストラゼネカ、Innate Pharmaとのがん領域における開発・商業化に関する提携を強化・拡大/アストラゼネカ株式会社 ニュースリリース
10月24日 (水) 非転移性去勢抵抗性前立腺癌患者を対象としたダロルタミドの第III相臨床試験で主要評価項目を達成/バイエル薬品株式会社 ニュースリリース
10月24日 (水) アストラゼネカのタグリッソ(オシメルチニブ)、非小細胞肺がん1次治療後の獲得耐性メカニズムに関する新規データを発表、病勢進行後の治療選択肢を模索するORCHARD試験を開始~第III相FLAURA試験にて最も高頻度な耐性メカニズムとしてMET増幅およびEGFR C797S変異陽性が示される~/アストラゼネカ株式会社 ニュースリリース
10月23日 (火) リムパーザによる維持療法、SOLO-1第III相試験にてBRCA遺伝子変異陽性の新たに進行卵巣がんと診断された患者さんの病勢進行または死亡のリスクを70%低減/アストラゼネカ株式会社 ニュースリリース
10月23日 (火) オプジーボと低用量のヤーボイの併用療法が、未治療のMSI-HまたはdMMRの転移性大腸がん患者において持続的な臨床的ベネフィットを示す/小野薬品工業株式会社 プレスリリース
10月23日 (火) オプジーボと低用量のヤーボイの併用療法が、未治療の進行または転移性腎細胞がん患者において、有意に長い無治療生存期間を示す/小野薬品工業株式会社 プレスリリース
10月23日 (火) オプジーボとヤーボイの併用療法が、進行期悪性黒色腫患者において、4年の持続的な生存ベネフィットを示す/小野薬品工業株式会社 プレスリリース
10月22日 (月) ロシュ社が開発中のentrectinibはNTRK融合遺伝子陽性の固形がん患者さんにおいて腫瘍縮小効果を示した/中外製薬株式会社 ニュースリリース
10月22日 (月) テセントリクとパクリタキセル(アルブミン懸濁型)の併用は、PD-L1の発現が認められる転移性トリプルネガティブ乳がん患者さんの一次治療での転帰を改善/中外製薬株式会社 ニュースリリース
10月18日 (木) 製薬業界初 多職種連携SNSと連動した免疫チェックポイント阻害剤の治療支援アプリの提供を開始/中外製薬株式会社 ニュースリリース
10月18日 (木) ゼローダの服薬適正化支援アプリががん患者さんと医療従事者のコミュニケーション向上に寄与/中外製薬株式会社 ニュースリリース
10月16日 (火) VIZIMPRO(一般名:ダコミチニブ)、EGFR活性化変異を有する転移性非小細胞肺がんの一次治療薬としてFDAの承認取得~ゲフィチニブと直接比較した第Ⅲ相試験のデータを基に承認~/ファイザー株式会社プレスリリース
10月15日 (月) 乳がんの「ゲノム医療」に貢献 日本人遺伝性乳がんの病的バリアントデータベースを構築/国立がん研究センタープレスリリース
10月15日 (月) ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、第Ⅲ相CheckMate-331試験において* オプジーボが、化学療法と比較して、治療歴を有する再発小細胞肺がん患者で主要評価項目である全生存期間を達成しなかったことを発表/小野薬品工業株式会社 プレスリリース
10月10日 (水) 米国食品医薬品局がカリオファーム社のSelinexorの新薬承認申請を優先審査の対象として受理/小野薬品工業株式会社 プレスリリース
10月3日 (水) Kyprolis70 mg/m2の週1回投与とデキサメタゾンの併用療法について、再発または難治性の多発性骨髄腫患者の治療薬として、FDAから承認を取得 /小野薬品工業株式会社 プレスリリース
10月2日 (火) Arrys Therapeutic社はAAT-007とPembrolizumabの併用による大腸がん臨床試験を開始しました/株式会社AskAt ニュース
10月1日 (月) アベルマブとインライタの併用療法による未治療の進行腎細胞がんを対象とした第Ⅲ相試験において、無増悪生存期間が有意に改善 /ファイザー株式会社 プレスリリース
10月1日 (月) 国立がん研究センターとマルホ がん治療による難治性口内炎の新規疼痛緩和薬に関するライセンスおよび共同研究契約を締結/国立がん研究センター プレスリリース

9月

9月28日 (金) アストラゼネカのイミフィンジ、欧州委員会より切除不能なステージIII非小細胞肺がん治療薬として承認を取得/アストラゼネカ株式会社 プレスリリース
9月26日 (水) 抗造血器悪性腫瘍剤ポマリドミド、用法及び用量に係る医薬品製造販売承認事項一部変更承認申請について/セルジーン株式会社 プレスリリース
9月26日 (水) 進行性ALK 陽性非小細胞肺がんに対するフロントライン治療としてALUNBRIG®(一般名:brigatinib)とクリゾチニブを比較したALTA-1L試験における有効データについて/武田薬品工業株式会社 ニュースリリース
9月26日 (水) trastuzumab deruxtecan(DS-8201)の乳がん患者を対象とした第3相臨床試験の開始および第2相臨床試験の患者登録完了について/第一三共株式会社 ニュースリリース
9月25日 (火) 世界肺がん学会議(WCLC)で発表したtrastuzumab deruxtecan(DS-8201)第1相臨床試験の最新データについて/第一三共株式会社 ニュースリリース
9月21日 (金) 第三世代のALK陽性非小細胞肺がん治療薬「ローブレナ」(一般名:ロルラチニブ)、日本において世界初承認/ファイザー株式会社 プレスリリース
9月18日 (金) Fate Therapeutics社とiPS細胞由来他家CAR-T細胞療法に関する創薬提携を開始/小野薬品工業株式会社 プレスリリース

8月

8月31日 (金) Amgen社、Kyprolis(カルフィルゾミブ)70mg/m2の週1回投与とデキサメタゾンとの併用療法に関する医薬品承認事項変更申請(sNDA)を提出 /小野薬品工業株式会社 プレスリリース
8月31日 (金) 国立がん研究センターと全国の自治体が協働で乳がん検診受診勧奨施策実施国立がん研究センターと全国自治体、NHK「ガッテン!」も連動し乳がん検診受診を呼びかけ /国立がん研究センター プレスリリース
8月31日 (金) ―日本・カナダ・イギリス・アメリカの国際共同研究成果―小児・AYA世代の肉腫発症・再発メカニズムを解明 /国立がん研究センター プレスリリース
8月29日 (火) 本邦初のステージIII非小細胞肺がんにおける抗PD-L1抗体「イミフィンジ®(デュルバルマブ)」の販売を開始 /アストラゼネカ株式会社 ニュースリリース
8月21日 (火) 新たな発がんメカニズムの解明やバイオマーカーとしての応用に期待 日本人の肺腺がん約300例の全エクソン解析から間質性肺炎を合併した肺腺がんに特徴的な遺伝子変異を発見 /国立研究開発法人 国立がん研究センター・国立大学法人 東京医科歯科大学・学校法人 関西医科大学・慶應義塾大学医学部・国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 プレスリリース
8月8日 (水) 進行・再発の非小細胞肺がん患者さんは、初回治療開始時に「高い効果と忍容性」を「長く維持する」「安定した」治療を望む~進行・再発非小細胞肺がん患者を対象とした薬剤治療に関する意識調査~ /アストラゼネカ株式会社・株式会社クロエ プレスリリース
8月7日 (火) Karyo Selinexor 多発性骨髄腫 米国FDA 逐次申請完了 /小野薬品工業株式会社プレスリリース
8月1日 (水) キザルチニブの再発・難治性の急性骨髄性白血病に対する米国食品医薬品局による画期的治療薬指定について /第一三共株式会社ニュースリリース

7月

7月25日 (水) がん医療・研究を支える薬剤師を養成し、新薬の開発研究でも連携 星薬科大学と国立がん研究センター包括連携協定を締結 /国立研究開発法人国立がん研究センタープレスリリース
7月21日 (土) AIで早期胃がん領域の高精度検出に成功-早期発見・領域検出で早期治療に大きく貢献- /理化学研究所プレスリリース
7月20日 (金) ファイザー社のglasdegib、未治療の急性骨髄性白血病の治療薬として米国食品医薬品局より優先審査指定 /ナノキャリア株式会社
7月20日 (土) 新しいアプローチによる頭頸部がんを対象としたNC-6004の国際共同治験に関するOrient Europharmaとのライセンス契約締結のお知らせ /ナノキャリア株式会社
7月19日 (木) Karyopharm、5剤抵抗性の多発性骨髄腫患者の治療薬として米国食品医薬品局にSelinexorの新薬承認申請の逐次申請を開始 /小野薬品工業株式会社
7月19日 (木) エマウスライフサイエンス社、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌が鎌状赤血球症の治療でEndari™(L-グルタミン経口粉末薬)を検討した第3相臨床試験の結果を掲載したと発表 /時事ドットコム
7月18日 (水) 希少がんの本態解明研究粘液線維肉腫のゲノム・エピゲノム異常の全体像を解明 /国立がん研究センタープレスリリース
7月18日 (水) 再生医療等製品中に混入するがん化した細胞の超高感度検出技術の国内独占実施について /株式会社LSIメディエンス
7月17日 (火) ROS1/TRK阻害剤「entrectinib」の導入契約締結について /中外製薬株式会社
7月12日 (木) オプジーボと低用量のヤーボイの併用療法が、フルオロピリミジン、オキサリプラチンおよびイリノテカンによる治療後に病勢進行したMSI-H/dMMRの転移性大腸がん患者に対し、がん免疫療法薬の併用療法として初めての承認を取得 /小野薬品工業株式会社・ブリストル・マイヤーズスクイブ社
7月2日 (月) IMpassion130試験において、テセントリク®とアブラキサン®の併用は化学療法に比べ、有意に転移性トリプルネガティブ乳がん患者さんの病勢進行および死亡リスクの低下を示す /中外製薬株式会社
7月2日 (月) ノバルティスの「タフィンラー®」「メキニスト®」併用療法、国内における適応拡大承認により、BRAF遺伝子変異を有する悪性黒色腫の術後補助療法として使用可能に /ノバルティスファーマ株式会社
7月2日 (月) ヒト化抗CD20モノクローナル抗体「ガザイバ®点滴静注1000 mg」「CD20陽性の濾胞性リンパ腫」に対する承認を取得 /中外製薬株式会社・日本新薬株式会社
7月2日 (月) 未治療の「慢性リンパ性白血病(小リンパ球性リンパ腫を含む)」に対する 『イムブルビカ®』の適応追加承認を取得 /ヤンセンファーマ株式会社
7月2日 (月) アストラゼネカのイミフィンジ®(デュルバルマブ)切除不能な局所進行の非小細胞肺がん治療薬として国内製造販売承認を取得 /アストラゼネカ株式会社
7月2日 (月) リムパーザ®(オラパリブ)、がん化学療法歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の 手術不能又は再発乳癌の治療薬として適応を拡大 /アストラゼネカ株式会社
7月2日 (月) ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、悪性黒色腫の成人患者の術後補助療法として、オプジーボの承認を推奨するCHMPの肯定的見解を受ける /小野薬品工業株式会社・ブリストル・マイヤーズ スクイブ社

6月

6月29日 (金) リムパーザ、卵巣がん1次療法後の維持療法の第Ⅲ相SOLO-1試験において病勢進行を有意に遅延 /アストラゼネカ株式会社
6月28日 (木) アストラゼネカ株式会社とMSD株式会社、PARP阻害剤「リムパーザ®」日本でのコ・プロモーション開始のお知らせ /アストラゼネカ株式会社・MSD株式会社
6月28日 (木) アレイ バイオファーマ社、FDAからBRAFTOVITM(encorafenib)とMEKTOVI®(binimetinib)の併用療法の承認取得を発表 /小野薬品工業株式会社
6月27日 (水) バベンチオ®(一般名:アベルマブ(遺伝子組換え))、転移性メルケル細胞がんを対象としたJAVELIN Merkel 200試験から得られた2年間のデータにおいて持続的奏効を示す /ファイザー株式会社・メルクセローノ株式会社
6月27日 (水) 国立がん研究センターと日本BD 免疫チェックポイント阻害剤投与の効果予測実現に向けた共同研究契約を締結 /国立研究開発法人国立がん研究センター・日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
6月25日 (月) アレイ バイオファーマ社、第20回ESMO(欧州臨床腫瘍学会)世界消化器癌学会で、BRAF遺伝子変異陽性の大腸がんを対象としたEncorafenib、BinimetinibおよびCetuximabの併用療法の第Ⅲ相BEACON CRC試験の安全性導入期(Safety Lead-In)結果において1年生存率62%を示したことを発表 /小野薬品工業株式会社
6月22日 (金) オプジーボと低用量のヤーボイの併用療法について、腫瘍遺伝子変異量が 10 mut/Mb以上のファーストラインの非小細胞肺がんの治療薬として米国食品医薬品局が申請を受理 /小野薬品工業株式会社
6月21日 (木) 初回手術後の進行卵巣がんに対するアバスチン®と化学療法の併用療法についてFDAが承認 /中外製薬株式会社
6月20日 (水) ファイザー社のザーコリ®(一般名:クリゾチニブ)、FDAにより2つの新たな適応症がブレークスルー・セラピー指定~ザーコリは、METエクソン14変異を有する前治療歴のある転移性非小細胞肺がん治療薬としてブレークスルー・セラピーに指定された初のチロシンキナーゼ阻害剤~ ~再発または難治性のALK陽性全身性未分化大細胞型リンパ腫の治療薬としてもブレークスルー・セラピーに指定~ /ファイザー株式会社
6月18日 (月) オプジーボ、中国で初めてのがん免疫療法薬として、治療歴を有する非小細胞肺がんの適応症で中国国家医薬品監督管理局から承認を取得 /小野薬品工業株式会社・ブリストル・マイヤーズスクイブ社
6月18日 (月) 欧州血液学会(EHA)で発表したキザルチニブの再発・難治性の急性骨髄性白血病患者を対象とした第3相臨床試験結果について /第一三共株式会社
6月15日 (金) 経皮吸収型 持続性癌疼痛治療剤 フェンタニルクエン酸塩1日用テープ「第一三共」新発売のお知らせ /第一三共株式会社
6月12日 (火) 医薬品製造販売承認申請中の第三世代ALK陽性非小細胞肺がん治療薬ロルラチニブが優先審査の対象に /ファイザー株式会社
6月12日 (火) アストラゼネカのタグリッソ、EGFR変異陽性非小細胞肺がんの1次治療として、EU(欧州連合)における承認を取得 /アストラゼネカ株式会社
6月12日 (火) 切除不能な肝細胞癌患者を対象にしたピボタル第III相臨床試験における新たな探索的解析で、一次治療におけるネクサバール®錠(ソラフェニブ)から二次治療におけるスチバーガ®錠(レゴラフェニブ)へのシーケンシャル療法の生存傾向が評価 /バイエル薬品株式会社
6月7日 (木) 米国FDA、Larotrectinibの新薬承認申請を受理し優先審査に指定 /ドイツ・バイエル社
6月7日 (木) リムパーザ、アビラテロンとの併用で転移性去勢抵抗性前立腺がんの病勢進行を遅延 /アストラゼネカ株式会社
6月5日 (火) アレイ バイオファーマ社、BRAF遺伝子変異陽性の進行悪性黒色腫患者を対象としたEncorafenibとBinimetinibの併用療法による全生存期間の中央値の追加結果を発表 /小野薬品工業株式会社・アレイバイオファーマ社
6月5日 (火) オプジーボ3 mg/kgが、根治切除後のステージⅢまたはⅣの広範な悪性黒色腫患者において、ヤーボイ10 mg/kgと比較して、引き続き無再発生存期間の優越性を示す /小野薬品工業株式会社・ブリストル・マイヤーズスクイブ社
6月5日 (火) 2018年ASCOで発表されるCheckMate -227試験の結果において、オプジーボと化学療法の併用療法が、化学療法と比較して、PD-L1発現レベルが1%未満のファーストラインの肺がん患者で無増悪生存期間の改善を示す /小野薬品工業株式会社・ブリストル・マイヤーズスクイブ社
6月4日 (月) オプジーボと低用量のヤーボイの併用療法が、CheckMate-214試験の中および高リスクの進行腎細胞がん患者において有意かつ持続的な健康関連の生活の質の改善を示す /小野薬品工業株式会社・ブリストル・マイヤーズスクイブ社
6月1日 (金) EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん患者を対象としたリアルワールド研究RealGiDo1において、アファチニブは用量調節により治療効果を維持したまま副作用の発現頻度と重症度を軽減 /ベーリンガーインゲルハイムジャパン株式会社
6月1日 (金) 米国臨床腫瘍学会(ASCO)で発表するDS-8201第1相臨床試験の最新データについて /第一三共株式会社
6月1日 (金) 米国臨床腫瘍学会(ASCO)で初めて発表するU3-1402第1/2相臨床試験のデータについて /第一三共株式会社

5月

5月31日 (木) DS-8201の非小細胞肺がん患者を対象とした第2相臨床試験の開始について /第一三共株式会社
5月29日 (火) アストラゼネカのデュルバルマブ、切除不能ステージIII非小細胞肺がんの第III相PACIFIC試験において全生存期間を有意に改善 /アストラゼネカ株式会社
5月25日 (金) オプジーボ®とヤーボイ®の併用療法、根治切除不能な悪性黒色腫に対する国内製造販売承認事項一部変更承認取得 /小野薬品工業株式会社・ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社
5月25日 (金) ノバルティス、非小細胞肺がんの治療薬「タフィンラー®」「メキニスト®」併用療法のコンパニオン診断検査を対象とした、「BRAF V600E 検査結果提供プログラム」を開始 /ノルバティスファーマ株式会社
5月25日 (金) 化学放射線療法を受けたステージⅢの肺がん患者さんは薬物療法を受けた再発またはステージⅣの肺がん患者さんと比べて不安・抑うつの度合いが高い /アストラゼネカ株式会社
5月25日 (金) エーザイとMerck & Co., Inc. Kenilworth, N.J., U.S.A. レンバチニブの切除不能な肝細胞がんに係る承認申請の米国FDAによる審査終了目標日延長について /エーザイ株式会社
5月21日 (月) ノバルティス、画期的なCAR-T細胞医療「CTL019」の2つ目の適応症として、再発・難治性の大細胞型B細胞リンパ腫に対するFDA承認を取得 /ノバルティス ファーマ株式会社
5月21日 (月) ノバルティス、BRAF V600 遺伝子変異陽性悪性黒色腫の術後補助療法として、「タフィンラー®」「メキニスト®」併用療法のFDA承認を取得 /ノバルティス ファーマ株式会社
5月18日 (金) 第III相臨床試験(ALEX試験)のフォローアップ成績はアレセンサ®がALK陽性転移性非小細胞肺がんの無増悪生存期間中央値を約3年に延長したことを示す /中外製薬株式会社
5月18日 (金) 第III相臨床試験「IMpower150試験」において、テセントリク®とアバスチン®、カルボプラチン、パクリタキセルの併用は、アバスチンとカルボプラチン、パクリタキセルの併用に比べ特定の転移性肺癌における生存期間の延長を示す /中外製薬株式会社
5月17日 (木) 看護師、薬剤師、栄養士らによる患者さんの療養生活サポートを充実させよう!
クラウドファンディングで寄付募集
/国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院
5月17日 (木) 第54回米国臨床腫瘍学会年次総会におけるエーザイのがん領域の開発品・製品に関する演題について―「レンビマ®」(レンバチニブ)と「キイトルーダ®」(ペムブロリズマブ)併用療法の最新データを発表― /エーザイ株式会社
5月16日 (水) ALK阻害剤「アレセンサ®」がALK陽性非小細胞肺がんにおける一次治療として台湾で承認 /中外製薬株式会社
5月8日 (火) アストラゼネカのタグリッソ、EGFR変異陽性非小細胞肺がんの1次治療として、 欧州医薬品評価委員会(CHMP)より肯定的見解を取得 /アストラゼネカ株式会社
5月7日 (月) 国立がん研究センターとカルナバイオサイエンス 新規創薬標的に関する共同研究契約を締結 /国立研究開発法人国立がん研究センター・カルナバイオサイエンス株式会社
5月7日 (月) オプジーボとヤーボイの併用療法についてファーストラインの転移性非小細細胞肺がん(NSCLC)に対するブリストル・マイヤーズ スクイブ社の適応追加の承認申請を欧州医薬品庁が受理 /小野薬品工業株式会社
5月7日 (月) Karyopharmは5剤抵抗性の難治性多発性骨髄腫の患者を対象にSelinexorを評価したPhase Ⅱb STORM試験の肯定的トップラインデータを発表 /小野薬品工業株式会社

4月

4月26日 (木) チロシン水酸化酵素阻害剤「メチロシン(ONO-5371)」褐色細胞腫のカテコールアミン分泌過剰状態の改善並びにそれに伴う諸症状の改善に対する国内製造販売承認申請 /小野薬品工業株式会社
4月26日 (木) 非小細胞肺がん3次治療ARCTIC試験の結果を報告 /アストラゼネカ株式会社
4月26日 (木) 国立がん研究センター先進医療・費用対効果評価室による定点調査:海外承認済み、国内未承認の抗がん剤リスト更新(2018年4月時点)日本未承認は65剤、45剤が月の薬剤費100万円超 /国立がん研究センター
4月25日 (水) BRAF阻害剤「エンコラフェニブ」およびMEK阻害剤「ビニメチニブ」BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫に対する効能・効果に係る国内製造販売承認申請 /小野薬品工業株式会社
4月23日 (月) ノバルティス、25歳以下の再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病および成人の再発・難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対する、国内初となるCAR-T細胞医療「CTL019」の製造販売承認を申請 /ノバルティス ファーマ株式会社
4月19日 (木) オプジーボについて、治療歴を有する小細胞肺がん患者に対する生物学的製剤承認一部変更申請を米国食品医薬品局が優先審査の対象として受理 /中外製薬株式会社
4月18日 (水) 抗悪性腫瘍剤/抗PD-L1ヒト化モノクローナル抗体「テセントリク®」の発売について /中外製薬株式会社
4月18日 (水) アストラゼネカ、本邦初のPARP阻害剤として再発卵巣がん治療薬 リムパーザ®(オラパリブ)の販売を開始 /アストラゼネカ株式会社
4月18日 (水) オプジーボとヤーボイの併用療法が、中および高リスクの進行腎細胞がん患者のファーストライン治療薬として米国食品医薬品局の承認を取得 /小野薬品工業株式会社
4月17日 (火) オプジーボと低用量のヤーボイの併用療法が、腫瘍遺伝子変異量(TMB)が高レベルのファーストラインの肺がん患者において、化学療法と比較して病勢進行または死亡リスクを42%低減 /小野薬品工業株式会社
4月17日 (火) オプジーボが、CheckMate -141試験で、再発または転移性頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)患者において、標準治療と比較して、持続的な全生存期間(OS)のベネフィットを示す /小野薬品工業株式会社
4月16日 (月) オプジーボが、PD-1阻害薬として初めて、中国人を主体とした治療歴を有する
非小細胞肺がん(NSCLC)の患者集団において、化学療法と比較して優れた生存ベネフィットを示す
/小野薬品工業株式会社
4月12日 (木) KaryopharmのSelinexorが米国食品医薬品局(FDA)より
5剤抵抗性の難治性多発性骨髄腫の患者の治療薬として優先審査品目に指定される
/小野薬品工業株式会社
4月10日 (火) 国立がん研究センターと東京医科大学が包括連携に関する協定を締結
~両機関の教育・研究・医療活動の一層の充実と質の向上へ~
/国立研究開発法人国立がん研究センター
4月3日(火) がん関連遺伝子を網羅的に調べる遺伝子検査を先進医療で実施 / 国立研究開発法人国立がん研究センター

3月

3月30日 (金) がんゲノム医療中核拠点病院の指定および連携病院について / 国立研究開発法人国立がん研究センター
3月29日 (木) ノバルティス、ALK融合遺伝子陽性の非小細胞肺がん治療薬「ジカディア®」の用法・用量変更に関する承認を申請 / ノバルティス ファーマ株式会社
3月28日 (水) 第III相臨床試験IMpower131、進行転移性扁平上皮非小細胞肺がん患者に対するTECENTRIQ®と化学療法の併用による一次治療で病勢進行または死亡リスクの低下を示す / 中外製薬株式会社
3月28日 (水) オプジーボとヤーボイの併用療法について治療歴を有するMSI-HまたはdMMRの転移性大腸がん患者に対するブリストル・マイヤーズ スクイブ社の申請を米国食品医薬品局が優先審査の対象として受理 / 小野薬品工業株式会社・ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社
3月26日 (月) 「OPDIVO® 20mg、100mg Inj.(一般名:ニボルマブ)」韓国において「進行または再発の胃腺がんまたは食道胃接合部腺がん」に対する効能・効果および「再発または進行した古典的ホジキンリンパ腫」に対する 適応拡大の承認を取得 / 小野薬品工業株式会社
3月26日 (月) 第III相臨床試験「IMpower150試験」において、テセントリク®とアバスチン®、カルボプラチン、パクリタキセルの併用は、アバスチンとカルボプラチン、パクリタキセルの併用に比べ進行肺癌の患者さんの生存期間の延長を示す / 中外製薬株式会社
3月23日 (金) ノバルティス、BRAF遺伝子変異を有する非小細胞肺がんの治療薬として、BRAF阻害剤「タフィンラー®」とMEK阻害剤「メキニスト®」の併用療法に対する効能追加承認を取得 / ノバルティス ファーマ株式会社
3月23日 (金) 抗がん剤「レンビマ®」「切除不能な肝細胞癌」の効能・効果追加の承認を日本で世界に先駆けて取得 / エーザイ株式会社
3月19日 (月) オプジーボ® 20mg、100mg点滴静注(一般名:ニボルマブ)台湾において「ソラフェニブによる治療歴を有する肝細胞がん」の効能・効果に関する追加承認を取得 / 小野薬品工業株式会社
3月13日 (火) SCRUM-Japan GI-SCREEN、73種の遺伝子異常を血液で解析 リキッドバイオプシーを用いた個別化医療の実現を目指す / 国立研究開発法人国立がん研究センター
3月2日 (金) 腫瘍溶解ウイルス製剤と抗PD-1抗体薬を用いた医師主導治験開始 / 国立研究開発法人国立がん研究センター
×