ピックアップ

病院のベッドでの不安な心に寄り添う、女性がんサバイバーたちの短歌集が刊行

2021.03.05

  • ピックアップ

26人の女性がんサバイバー(がん経験者)が、闘病中に感じた心の動きを短歌にするプロジェクト「あの日の風を記憶するわたしの31字」。そこで制作された作品が短歌集『黒い雲と白い雲との境目にグレーではない光 ...

岡田武史、長友佑都ら集結 「がん治療研究」を応援する「HOPEオークション2021」開催

2021.02.06

  • ピックアップ

特定非営利活動法人deleteC(デリート・シー、代表理事:中島ナオ、小国士朗)は、みんなの力で、がんを治せる病気にすることを目的に、日本財団の協力を受け、チャリティオークション「HOPEオークション ...

コロナ禍で「受診控え」 がん専門医が警鐘

2021.02.05

  • ピックアップ

がんの医療現場では、病院に行くことで新型コロナに感染することを恐れ、自己判断で受診を控える「受診控え」が増えている。 結果、がんの発見や治療が遅れてしまうケースも。 続きを読む https://ux. ...

がん・呼吸器疾患、高い死亡リスク 新型コロナ

2021.02.05

  • ピックアップ

慢性呼吸器疾患や固形悪性腫瘍などの基礎疾患がある人が新型コロナウイルスに感染した場合に死亡リスクが高い傾向にあるという調査結果が4日、東京都のモニタリング会議で報告された。 続きを読む https:/ ...

乳がんが初めて最も多く見受けられるがんの種類に

2021.02.05

  • ピックアップ

2月4日世界対がんデーにちなんで語った世界保健機関のがん専門家アンドレ・イルバウィ氏は、「乳がんが初めて最も多く見受けられるがんの種類になった」と述べた。 続きを読む https://ux.nu/yw ...

治療中の坂本龍一、がん患者・家族への応援呼びかけ 意識や知識「広がることが大切」

2021.02.05

  • ピックアップ

直腸がんが見つかったことを先月公表した音楽家の坂本龍一が4日、都内で行われた映画『いのちの停車場』の点灯式『UICCワールドキャンサーデー2021 Light up the world 点灯式』にビデ ...

書籍『自分らしく、を生きていく。』世界対がんデーの2月4日に発売!

2021.02.04

  • ピックアップ

がんになった人も、その家族もパートナーも、そしてがんになっていない人も、ともに笑顔で過ごすことのできる未来を目指して活動しているのが、LAVENDER RINGです。 続きを読む https://ux ...

がん治療後も美しく…後遺症きっかけに起業

2021.02.04

  • ピックアップ

がんの治療後にあらわれるある症状に多くの患者が悩まされています。 後遺症を抱えながらも、がん治療後の人生を、美しく楽しみたいと立ち上がった女性がいます。 続きを読む https://ux.nu/Otn ...

お腹の膨らみや不正出血など、女性特有のがんで気を付けたい5つの症状を解説

2021.02.04

  • ピックアップ

日本人の死因第一位は「がん」。 女性特有の「婦人科がん」には20代から見つかるものもあるため注意が必要です。 続きを読む https://ux.nu/gIl4m ニュース選定者:濱崎 晋輔 Yahoo ...

「妊娠力」温存治療に助成 若年がん患者を支援 名古屋市、全国初

2021.02.04

  • ピックアップ

名古屋市は、若年がん患者の負担を少しでも減らそうと、精子や卵子の採取凍結など妊娠するための力を温存する治療への費用助成を始めた。 政令市単独事業としては全国初という。 続きを読む https://ux ...

がん闘病中も登校見守ってくれた亡き校長へ、児童の誓い「くじけそうな時、先生の言葉胸に頑張る」

2021.02.04

  • ピックアップ

滋賀県草津市の玉川小は、在職中の昨年2月1日に59歳で亡くなった前校長の宇佐恒浩さんの命日を「玉川小・いのちについて考える日」と定め、1日に元がん患者の特別授業を行い、校内に献花台を設けた。 続きを読 ...

使える抗がん剤が少なくなってきて心配です。もっと使える薬はないのでしょうか?

2021.02.03

  • ピックアップ

近年、抗がん剤に加え、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬など、次々と新しい薬が開発され、使える薬の種類は着実に増えています。 治療の選択肢が増えることに希望を感じる患者さんも多いようです。 続 ...

がんの実情“ズーム”アップ 東明館高生がオンライン授業 専門家や当事者に聞き取り

2021.02.03

  • ピックアップ

基山町の東明館高の1年生が1月14、21日、がんの専門家や当事者にビデオ会議アプリ「Zoom」で尋ねる授業に取り組んだ。 質問を繰り返しながらがんの実情を知るとともに、当事者の気持ちに寄り添う大切さも ...

”がんサバイバー夫婦”結婚5年目・・・子供を

2021.02.03

  • ピックアップ

いま、若い世代のがん患者が、将来、子供を授かるための取り組みが進んでいます。 妊娠、出産に向けて動き出した”がんサバイバー”の夫婦を取材しました。 続きを読む https://ux.nu/CiEoK ...

RDD希少がん | Rare Disease Day in Japan 2021

2021.02.03

  • ピックアップ

この度「希少がん啓発月間 RARECANCERS awareness month 2021 〜希少は多い!?知ろう希少がんのこと〜」と題し、2021年2月に日本初、希少がん啓発月間をコロナ禍の中オンラ ...

「ゴールドリボン」を結ぶツリー 嘉麻市役所などに設置

2021.02.03

  • ピックアップ

15日の国際小児がんデーに合わせ、がんの子どもを守る会九州北支部は1日、嘉麻市役所や小竹、桂川町役場などに小児がんへの理解や患者の支援を呼び掛けるシンボルマーク「ゴールドリボン」を結ぶツリーを設置した ...

がん患者の卵子凍結は20万円 経済負担大きく、厚労省が補助

2021.02.02

  • ピックアップ

厚生労働省は1日、小児や若者のがん患者が将来子どもを授かる可能性を残すため、卵子や精子の凍結保存にかかる費用を補助する事業案を同省の有識者会議に示した。 続きを読む https://ux.nu/9VC ...

子宮頸がん、トラケレクトミーで切除「妊孕性温存なら放射線治療でなく化学療法を」

2021.02.02

  • ピックアップ

検診で子宮頸部高度異形成と診断。 経過観察中に腫瘍の増大が認められ、同年9月、精密検査をしたところ、子宮頸がんⅠb1期と診断。 10月に広汎子宮頸部切断術を受けました。 続きを読む https://u ...

病室からオンライン授業を行う卵巣がんの女性 化学療法中に子ども達と向き合う

2021.02.02

  • ピックアップ

がんの化学療法を受ける病室でノートパソコンと向き合い、園児とのオンライン授業を行う1人の先生の姿があった。 この女性は卵巣がんを患いながらも教育への情熱は冷めず、「5歳児クラスで教えるのって、ディズニ ...

気丈に闘病 最後まで長女の幸せ願い続け

2021.02.02

  • ピックアップ

2020年春、松山市でがん闘病中だった女性が長女を残し旅立った。長女が小学校の卒業式を終えた2日後、まだ39歳だった。 2人暮らしで穏やかだった女性の生活は、副鼻腔の希少がんが分かり一変した。 続きを ...