2016年3月10日現在で、日本で実施中の肺がんの臨床試験(治験)一覧です。
Clinical trials.govにて「lung cancer」と検索したときに該当したものを掲載しています。(一部除く)

免疫チェックポイント阻害薬の治験

syousaibou_panf
【治験広告】進展型小細胞肺がん対象 標準化学療法に免疫チェックポイント阻害薬を併用する治験のご案内


扁平上皮非小細胞肺がん
【治験広告】転移のある扁平上皮非小細胞肺がん対象 免疫チェックポイント阻害薬(PD-1抗体)の治験のご案内


【バナー一式】中外肺がん_660_112
【治験広告】非小細胞肺がん、初回治療の方を対象とした免疫チェックポイント阻害剤(抗PD-L1抗体)の治験にご協力お願いします。

【PD-1抗体】ニボルマブ/オプジーボ、ペムブロリズマブ/キートルーダ(米)/MK-3475
【PD-L1抗体】デュルバルマブ/-/MEDI4736、アテゾリズマブ/-/MPDL3280A
【CTLA-4抗体】イピリムマブ/ヤーボイ/-、トレメリムマブ/-/-

■ステージ3非小細胞肺がん デュルバルマブの第3相試験
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体
対象:非小細胞肺がん、ステージ3(根治切除不可能な方)、根治的化学放射線療法後の方
治療:「デュルバルマブ」、「プラセボ」

■進行扁平上皮非小細胞肺がん アテゾリズマブの第3相試験
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体
対象:扁平上皮非小細胞肺がん、初回治療
治療:「アテゾリズマブ+カルボプラチン+パクリタキセル(or nabパクリタキセル)」、「カルボプラチン+nabパクリタキセル」

■進行非扁平上皮非小細胞肺がん アテゾリズマブの第3相試験
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体
対象:非扁平上皮非小細胞肺がん、初回治療
治療:「アテゾリズマブ+カルボプラチン+パクリタキセル(or +ベバシズマブ)」、「カルボプラチン+パクリタキセル+ベバシズマブ」

■非扁平上皮非小細胞肺がん アテゾリズマブと標準療法を比較する第3相試験
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体
対象:非扁平上皮非小細胞肺がん、初回治療
治療:「アテゾリズマブ」、「シスプラチン(or カルボプラチン)+ペメトレキセド(アリムタ)」

■非扁平上皮非小細胞肺がん アテゾリズマブと標準療法を比較する第3相試験(JAPIC-CTI)
※オンコロ記載準備中
対象:非扁平上皮非小細胞肺がん、初回治療
治療:「アテゾリズマブ」、「アテゾリズマブ+カルボプラチン(またはシスプラチン)+ペメトレキセド(アリムタ)」、「シスプラチン(またはカルボプラチン)+ペメトレキセド(アリムタ)」

■進行非小細胞肺がんオプジーボ/ヤーボイの免疫複合療法 第3相試験
薬剤の特徴:抗PD-1抗体、抗CTLA-4抗体
対象:進行非小細胞肺がん、初回治療
治療:「オプジーボ」、「ニボルマブ+ヤーボイ」、「ニボルマブ+カルボプラチン(or シスプラチン)+ペメトレキセド(or ゲムシタビン)」、「カルボプラチン(or シスプラチン)+ペメトレキセド(or ゲムシタビン)」

■PD-L1陽性の進行非小細胞肺がん ペムブロリズマブの第3相試験
薬剤の特徴:抗PD-1抗体
対象:進行非小細胞肺がん、PD-L1陽性、初回治療
治療:「ペムブロリズマブ(キートルーダ)」、「プラチナ製剤+ペメトレキセド」

■進行非扁平上皮非小細胞肺 ペムブロリズマブの標準療法に上乗せする第3相試験(オンコロ掲載準備中)
gov:NCT02578680
薬剤の特徴:抗PD-1抗体
対象:進行非小細胞肺がん、初回治療
治療:「ペムブロリズマブ+シスプラチン又はカルボプラチン+ペメトレキセド」、「シスプラチン又はカルボプラチン+ペメトレキセド」

■進行非小細胞肺がん デュルバルマブ/トレメリムマブの第3相試験(オンコロ掲載準備中)
JapicCTI-No.:JapicCTI-153067、gov:NCT02453282
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体、抗CTLA-4抗体
対象:進行非小細胞肺がん、初回治療、
薬剤:「デュルバルマブ」、「デュルバルマブ+トレメリムマブ」、「プラチナ系製剤を使用した標準療法(シスプラチン+ペメトレキセド、カルボプラチン+パクリタキセルなど)」

■PD-L1陽性の進行非小細胞肺がん デュルバルマブ/トレメリムマブ単剤または免疫複合療法の第3相試験
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体、抗CTLA-4抗体
対象:非小細胞肺がん、PD-L1陽性、セカンドライン以降
治療:「デュルバルマブ」、「トレメリムマブ」、「デュルバルマブ+トレメリムマブ」、「ビノレルビン+ゲムシタビン+エルロチニブ」

■非小細胞肺がん デュルバルマブとイレッサ併用の第1相試験
薬剤の特徴:抗PD-L1抗体
対象:進行性非小細胞肺がん、標準的治療がない方
治療:「デュルバルマブ+ゲフィチニブ(イレッサ)」

分子標的薬の治験

【第3世代】オシメルチニブ/AZD9291/タグリッソ、‐/ASP8723/-、-/EGF816/-、【EGFR抗体】ネシツムマブ/-/-

■ステージ1B~3Aの非小細胞肺がん タグリッソの第3相試験(オンコロ掲載準備中)
gov:NCT02511106
対象:非小細胞肺がん、ステージ1B~3A、EGFR遺伝子変異陽性、術後補助化学療法
薬剤:「AZD9291(オシメルチニブ;タグリッソ)」、「プラセボ」
特徴:二重盲検比較試験

■進行非小細胞肺がん対象 タグリッソと既存EGFR-TK阻害薬を比較する第3相試験
薬剤の特徴:第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬
対象:進行非小細胞肺がん、初回治療、EGFR遺伝子変異陽性
治療:「AZD9291(オシメルチニブ;タグリッソ)」、「エルロチニブ(タルセバ)」または「ゲフィチニブ(イレッサ)」

■進行非小細胞肺がん対象 ASP8723と既存EGFR-TKI阻害薬を比較する第3相試験
薬剤の特徴:第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬
対象:進行非小細胞肺がん、初回治療、EGFR遺伝子変異陽性
治療:「ASP8723」、「エルロチニブ(タルセバ)」または「ゲフィチニブ(イレッサ)」

■扁平上皮非小細胞肺がん 初回治療にEGFR抗体ネシツムマブを上乗せする第1b/2相試験
薬剤の特徴:抗EGFR抗体
対象:進行扁平上皮非小細胞肺がん、初回治療
治療:「ネシツムマブ+シスプラチン+ゲムシタビン」、「シスプラチン+ゲムシタビン」

■進行非小細胞肺がん タグリッソと免疫CP阻害薬デュルバルマブ、c-Met阻害薬ボリチニブ、MEK阻害薬セルメチニブのいずれかと併用する第1相試験
薬剤の特徴:第3世代EGFR阻害薬(タグリッソ)、抗PD-L1抗体(ディルバルマブ)、c-Met阻害薬(ボリチニブ;AZD6094)、MEK阻害薬(セルメチニブ;AZD6244)
対象:進行非小細胞肺がん、EGFR遺伝子変異陽性、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬の治療で悪化が見られた方
治療:「タグリッソ+デュルバルマブ」、「タグリッソ+ボリチニブ」、「タグリッソ+セルメチニブ」

■進行非小細胞肺がん第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬EGF816の第1/2相試験(オンコロ掲載準備中)
JapicCTI-No.:JapicCTI-142619、gov:NCT02108964
薬剤の特徴:第三世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬
対象:進行非小細胞肺がん、EGFR遺伝子変異陽性、標準治療がなくなった方
薬剤:「EGF816」

ALK阻害薬
【第2世代】セリチニブ/‐/ジカディア、ローラチニブ/PF-06463922/‐

■ALK融合遺伝子陽性非小細胞肺がん セリチニブの第3相臨床試験
薬剤の特徴:第2世代ALK阻害薬
対象:進行性非小細胞肺がん、ALK融合遺伝子陽性、ザーコリ治療歴あり
治療:「セリチニブ(ジカディア)」、「ペメトレキセド」または「ドセタキセル」

■ALK融合遺伝子陽性 非小細胞肺がん セリチニブの第2相試験
薬剤の特徴:第2世代ALK阻害薬
対象:進行非小細胞肺がん、ALK融合遺伝子陽性、アレクチニブ治療歴あり
治療:「セリチニブ(ジカディア)」

■ALK融合遺伝子陽性 進行非小細胞肺がん PF-06463922の第1/2相試験(オンコロ掲載準備中)
JapicCTI-No.:JapicCTI153035、gov:NCT01970865
対象:進行非小細胞肺がん、ALK融合変異陽性、ROS1陽性、ALK阻害薬、初回治療またはセカンドライン
薬剤:「PF-06463922(ローラチニブ;Lorlatinib)」、「クリゾチニブ(ザーコリ)」

VEGF阻害薬の治験
【VEGFR-2】ラムシルマブ/サイラムザ

■進行非小細胞肺がん 初回治療としてタルセバにサイラムザを追加する第3相臨床試験
薬剤の特徴:VEGFR-2阻害薬
対象:進行非小細胞肺がん、初回治療、EGFR遺伝子変異陽性
治療:「ラムシルマブ(サイラムザ)+エルロチニブ(タルセバ)」、「プラセボ+エルロチニブ」
特徴:二重盲検

PARP阻害薬の治験
【PARP阻害薬】-/べリパリブ/-

■非扁平上皮非小細胞肺がん対象のPARP阻害薬(ベリパリブ)の第3相試験
薬剤の特徴:PARP阻害薬
対象:非扁平上皮非小細胞肺がん、喫煙者(現在・過去)、初回治療
治療:「カルボプラチン+パクリタキセル+ベリパリブ」、「シスプラチン+ペメトレキセド」または「カルボプラチン+パクリタキセル」

その他のチロシンキナーゼ阻害薬の治験

■KIF5B-RET陽性 肺腺がん患者対象 マルチチロシンキナーゼ阻害薬レンビマの第2相試験
薬剤の特徴:VEGFR、FGFR、RET、KIT、PDGFR阻害薬
対象:肺腺がん(主に非扁平上皮非小細胞肺がん)、KIF5B-RET転座/その他RET転座を有する方、原則3レジメン施行された方
治療:「レンバチニブ(レンビマ)」

■進行非小細胞肺がん c-Met阻害薬INC280の第3相臨床試験
薬剤の特徴:HGF/c-Met阻害薬
対象:進行性非小細胞肺がん、セカンドライン以降、c-Met遺伝子陽性
治療:「INC280」

■進行非小細胞肺がん IGF-1/-2中和製剤BI836845の第1b相臨床試験(オンコロ掲載準備中)
gov:NCT02191891
薬剤の特徴:IGF-1/-2中和剤
対象:進行性非小細胞肺がん、EGFR変異陽性、セカンドライン以降
治療:「BI836845+アファチニブ(ジオトリフ)」

がん幹細胞阻害薬の治験

■悪性胸膜中皮腫 BBI608+アリムタ+シスプラチン 併用療法 第1/2相試験
薬剤の特徴:がん幹細胞阻害薬
対象(第1相):進行非小細胞肺がん/悪性胸膜中皮腫
対象(第2相):悪性胸膜中皮腫
治療:「BBI608+ペメレキセド+シスプラチン」

オーロラキナーゼ阻害薬

■進行性固形がん/卵巣がん/小細胞肺がん タキソール+アリセルチニブの 第1b相試験
薬剤の特徴:オーロラAキナーゼ阻害薬
対象:小細胞肺がん、卵巣がん、進行性固形がん、
治療:「アリセルチニブ+パクリタキセル(タキソール)」

細胞周期阻害薬の治験

■KRAS遺伝子変異がある非小細胞肺がん CDK4/6阻害薬アベマシクリブ 第3相試験
薬剤の特徴:サイクリンキナーゼ4/6阻害薬
対象:進行非小細胞肺がん、KRAS遺伝子のコドン12/13変異をもつ方、サードライン以降
治療:「アベマシクリブ+エルロチニブ」

ペプチドワクチン製剤

■完全切除後非小細胞肺がん 術後補助化学療法後のS-588410による第2相試験
薬剤の特徴:ペプチドワクチン製剤
対象:非小細胞肺がん、切除手術後に術後補助化学療法を実施した方、HLA-A*24:02保有
治療:「S-588410」、「プラセボ」(二重盲検比較試験)

LC-SCURUM-Japanのホームページにも上記の臨床試験情報+αが掲載されています。
(一部、実施医療機関も掲載されています)。

コチラをご覧ください。

【LC-SCRUM-Japanについて(HP抜粋)】
患者数の少ない病気は薬の開発が難しく、新しい治療薬が届けられにくい環境にあります。特に、近年見つかっている希少な遺伝子異常をもつ肺がんは、肺がん全体の1~2%程度のものが多く、これまでのやり方では薬の開発は困難でした。

LC-SCRUM-Japanでは、全国の医療機関が一体となって遺伝子スクリーニングを行うことで希少肺がんの患者さんを集め、新しい薬の開発につなげます。希少肺がんの患者さんに有効な治療薬をいち早く届けること、さらに日本の治験を活性化し、国際競争力を高めること、その結果として個別化治療を推進していくことがLC-SCRUM-Japanの目標です。

詳しくはコチラ

記事:可知 健太


人気記事