新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

頭頸部がんとは

頭頸部がんは、顔面から首(頸部)までの範囲にできるがんです。多くの種類があり、各々の発生原因や治療法、予後が異なります。頭頸部には呼吸、摂食、発声など重要な機能が集中しているため、生活の質(QOL)への影響が大きいのも特徴です。

頭頸部がんの詳細・症状について ▼

2020.10.29

  • ニュース

局所進行性頭頸部扁平上皮がんに対する放射線療法+アービタックス、放射…

2020.09.28

  • ニュース

光免疫療法のアキャルックス、切除不能な局所進行又は局所再発の頭頸部が…

2020.09.14

  • ニュース

未治療の口腔扁平上皮がんに対する術前化学療法としてのオプジーボ単剤療…

2020.09.07

  • ニュース

世界初のスイッチ抗体STA551、非臨床の研究結果を米国科学誌で発表

2020.09.01

  • ニュース

転移性頭頸部扁平上皮がん患者に対するオプジーボ+定位放射線治療、客観…

2020.08.01

  • 特集

オンラインメディアセミナー:今ある薬を、使えるようにするために―Wanna …

もっと見る ≫

2020.10.29

  • ニュース

局所進行性頭頸部扁平上皮がんに対する放射線療法+アービタックス、放射…

2020.09.28

  • ニュース

光免疫療法のアキャルックス、切除不能な局所進行又は局所再発の頭頸部が…

2020.09.14

  • ニュース

未治療の口腔扁平上皮がんに対する術前化学療法としてのオプジーボ単剤療…

2020.09.07

  • ニュース

世界初のスイッチ抗体STA551、非臨床の研究結果を米国科学誌で発表

2020.09.01

  • ニュース

転移性頭頸部扁平上皮がん患者に対するオプジーボ+定位放射線治療、客観…

2020.07.20

  • ニュース

抗体薬物複合体カドサイラ、抗PD-1抗体キイトルーダなどがん関連5品目を報告

もっと見る ≫

2020.10.27

  • セミナー動画

【第6回 がんとお金】大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2020

2020.09.16

  • セミナー動画

【第5回 がんとゲノム医療】大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2020

2020.09.09

  • セミナー動画

【第4回 がんと栄養】大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2020

2020.07.14

  • セミナー動画

【第3回 がんと放射線治療】大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2020

2020.06.29

  • セミナー動画

【第30回 頭頸部がん動画公開】大阪オンコロジーセミナー Meeting the Can…

2020.05.01

  • セミナー動画

【第2回 がんと臨床試験(研究)】大阪オンコロジーセミナー on the WEB 2…

もっと見る ≫

募集中の臨床試験・治験広告

実施中の治験/臨床試験

掲載されている試験情報についてはこちら
9件の検索結果
募集状況試験名リンク先最終更新日

募集中

固形腫瘍および非ホジキンリンパ腫患者におけるPDR001との併用によるNIR178の相2研究2020・09・09

募集中

[進行固形腫瘍患者におけるDKY709単独またはPDR001との併用による安全性と有効性の研究]2020・07・15

募集中

少なくとも2系統の治療に失敗した患者に対する再発頭頸部がんにおける光免疫療法(PIT)研究2020・06・09

募集中

喉頭全摘出者のQOL向上へつなげる看護体制の構築:RCTによる縦断的介入2020・06・03

募集中

中・下咽頭表在癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術  (Endoscopic Submucosal Dissection: ESD)の第Ⅱ相臨床試験2020・05・25

イベント

頭頸部がんの疾患情報

頭頸部がんとは

頭頸部がんは、顔面から首(頸部)までの範囲にできるがんです。多くの種類があり、各々の発生原因や治療法、予後が異なります。頭頸部には呼吸、摂食、発声など重要な機能が集中しているため、生活の質QOL)への影響が大きいのも特徴です。
「頭頸部がんとは」続きを読む >

頭頸部がんの検査と診断

頭頸部がんは、問診、視診、触診、喉頭鏡や内視鏡を用いた診察を行ったうえで、疑わしい組織の一部を採取し、顕微鏡で病理検査をして、確定診断します。超音波検査やCT、MRIなどの画像検査で、がんの広がりやリンパ節転移の有無も調べます。頭頸部がんは、首のリンパ節の腫れやしこり(痛みを伴わない)、口やのどの痛み、声がれ、飲み込みにくさなどの自覚症状から、またほかの病気の診察時、検診や人間ドックなどでの上部消化管内視鏡検査で発見されることがよくあります。
「頭頸部がんの検査と診断」続きを読む >

頭頸部がんのステージと治療法

頭頸部がんの病期は0~Ⅳ期まであり、がんの広がり(T)、リンパ節転移の有無(N)、他臓器への転移(M)の3つの項目によって決められます(TNM分類)。頭頸部がんの多くは、診断時にⅢ~ⅣA期に進行していることが少なくありません。病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、ステージともいいます。
「頭頸部がんのステージと治療法」続きを読む >

頭頸部がんの手術療法

頭頸部がんの手術は、機能・臓器の温存を念頭に、がんの種類、発生場所、広がり、深さ、リンパ節転移の有無などから、根治性が高い方法が選択されます。必要に応じて、機能・臓器の修復を目指す再建手術や代用音声などの対策が講じられます。
「頭頸部がんの手術療法」続きを読む >

頭頸部がんの放射線療法

頭頸部がんでは、治療効果の高さ、患部が温存されること、技術の進歩などから、放射線療法が単独あるいは薬物療法と併用して広く行われています。また、術後の補助療法や痛みを和らげる治療としても用いられています。
「頭頸部がんの放射線療法」続きを読む >

頭頸部がんの化学療法と副作用

頭頸部がんの薬物療法は、手術や放射線療法に先立って、あるいは併用で実施されるほか、初回治療後の維持化学療法や再発・転移時の治療としても行われます。さまざまな副作用に対して、予防や症状軽減の対策が進んできています。
「頭頸部がんの化学療法と副作用」続きを読む >

頭頸部がんの再発・転移

再発とは、治療の効果により目に見える大きさのがんがなくなった後、再びがんが出現することです。転移とは、がん細胞がリンパや血液の流れに乗って、別の臓器に移動し、増えることをいいます。再発も転移も、患者さんによって状態は異なります。頭頸部がんの早期がんの再発率は、データにもよりますが、10〜20%程度と考えられています。また、進行がんでは、初回治療でがんを完全に摘出した、あるいはがんが消失したと考えられる場合でも20〜40%の患者さんで再発が認められます。
「頭頸部がんの再発・転移」続きを読む >

×