【2/14(金)開催 大阪オンコロジーセミナー『胆道がん』申込み受付中!】

GIST(消化管間質腫瘍)とは

GIST(消化管間質腫瘍)は、主に消化管の粘膜表面より下の筋層に発生する間葉系腫瘍で、手術や生検で組織を確認して初めて診断できます。病理組織診断の前にGISTと診断されることはありません。

GIST(消化管間質腫瘍)の詳細・症状について ▼

2020.01.29

  • ニュース

男は黙って悩んでいる?! がんによる外見の変化、初めての男性向けガイド…

2020.01.16

【治験広告】イマチニブ、スニチニブおよびレゴラフェニブの治療歴のある…

2019.12.14

  • ニュース

がん診療連携拠点病院等の院内がん登録、2013年3年生存率、 2010~11年5年…

2019.12.11

  • ニュース

医療ビッグデータの活用で判明!終末期の過剰治療はがん拠点病院などで多い

2019.12.11

  • ニュース

再発後の予後をはっきり伝えてもアイコンタクトで満足感や医師との信頼感…

2019.12.11

  • ニュース

オランザピン5mg+標準制吐療法で抗がん剤投与翌日以降の遅発期の吐き気も…

もっと見る ≫

2020.01.29

  • ニュース

男は黙って悩んでいる?! がんによる外見の変化、初めての男性向けガイド…

2019.12.14

  • ニュース

がん診療連携拠点病院等の院内がん登録、2013年3年生存率、 2010~11年5年…

2019.12.11

  • ニュース

医療ビッグデータの活用で判明!終末期の過剰治療はがん拠点病院などで多い

2019.12.11

  • ニュース

再発後の予後をはっきり伝えてもアイコンタクトで満足感や医師との信頼感…

2019.12.11

  • ニュース

オランザピン5mg+標準制吐療法で抗がん剤投与翌日以降の遅発期の吐き気も…

2019.11.27

  • ニュース

小野薬品、オプジーボ単剤投与時における用法及び用量の追加に係る一部変…

もっと見る ≫

2019.07.17

  • セミナー動画

【第41回 希少がん Meet the Expert:GIST(消化管間質腫瘍)】動画公開

2019.04.23

  • セミナー動画

【第16回 ゲノム医療 動画公開】大阪オンコロジーセミナー Meeting the Ca…

2019.02.26

  • セミナー動画

【第12回 緊急企画「がんの免疫療法の全て」】大阪オンコロジーセミナーMe…

2018.02.23

  • セミナー動画

【第14回 希少がん Meet the Expert:GIST(消化管間質腫瘍)】セミナー動…

2018.01.25

  • セミナー動画

希少がん Meet the Expert 2018セミナー動画

2018.01.25

  • セミナー動画

希少がん Meet the Expert 2019セミナー動画

もっと見る ≫

募集中の臨床試験・治験広告

イベント

GIST(消化管間質腫瘍)とは

GISTの多くは粘膜下腫瘍(SMT)として見つかり、すべてが悪性の腫瘍(がん)に進行するわけではなく、良性の経過をたどるもの、悪性の経過をたどるものに識別されていきます。悪性GISTは肉腫の一種です。

治療の対象となるGISTは臨床的GISTと呼ばれますが、臨床的GISTがすべて悪性GISTとは限りません。

発生の原因について

GISTの発生原因は、主に血小板由来増殖因子受容体(PDGFR)ファミリーに属するチロシンキナーゼKIT、またはPDGFRAをコードする遺伝子変異で、GIST全体の80%にKIT、10%にPDGFRAの変異が確認されています。
「GIST(消化管間質腫瘍)の基本情報」続きを読む >

GIST(消化管間質腫瘍)の疾患情報

GIST(消化管間質腫瘍)の外科治療

限局性のGISTの標準治療は手術で、切除することでしか根治の可能性はありません。小さい腫瘍は腹腔鏡手術も可能ですが、原則は開腹手術で切除します。完全切除により半数以上の患者さんは根治しています。手術の安全性に特に懸念がない場合は、最初の治療が手術になります。

GIST(消化管間質腫瘍)の化学療法

再発、または転移があるGISTの標準治療は薬物療法です。診断時に転移が確認され切除不能と判断された場合、手術から術後補助療法の間に再発や転移が確認された場合、または最初の手術での不完全切除のGISTが薬物治療の対象に含まれます。なお、GIST手術後の最初の再発はほとんどが腹腔内(肝臓または腹膜)です。
「GIST(消化管間質腫瘍)の治療」続きを読む >

×