腎細胞がん/腎がんの患者さん対象のインタビュー調査にご協力ください

ニュース

複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫患者に対するダラザレックス+カイプロリス+デキサメタゾン、客観的奏効率84%示す

2019.06.04

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある再発難治性多発性骨髄腫患者が対象の第1b相試験 ・ダラザレックス+カイプロリス+デキサメタゾン併用療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は全患者群で84 ...

ALK阻害薬アレセンサ 未分化大細胞リンパ腫に対する効能・効果追加の承認申請

2019.06.03

  • ニュース

6月3日、中外製薬株式会社は、ALK阻害薬アレセンサ(一般名アレクチニブ)の再発又は難治性のALK融合遺伝子陽性の未分化大細胞リンパ腫(ALK陽性ALCL)に対する効能・効果追加の承認申請を行ったと発 ...

未治療の古典的進行性ホジキンリンパ腫患者に対するオプジーボ+ドキソルビシン+ビンブラスチン+ダカルバジン併用療法、客観的奏効率84%を示す

2019.06.03

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の古典的進行性ホジキンリンパ腫患者が対象の第2相試験 ・オプジーボ+ドキソルビシン+ビンブラスチン+ダカルバジン併用療法の安全性・有効性を検証 ・客観的奏効率は84% ...

イムブルビカ治療歴のある再発難治性慢性リンパ性白血病患者に対するアカラブルチニブ単剤療法、客観的奏効率76%を示す

2019.05.31

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・イムブルビカ治療歴のある再発難治性慢性リンパ性白血病患者が対象の第1/2相試験 ・アカラブルチニブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は76%で、忍容性も問題なか ...

未治療の進行性膵腺がん患者に対するゲムシタビン+ナブパクリタキセル+ヒドロキシクロロキン、1年全生存率を統計学的有意に改善しない

2019.05.31

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・未治療の進行性膵腺がん患者が対象の第2相試験 ・ムシタビン+ナブパクリタキセル±ヒドロキシクロロキン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・ヒドロキシクロロキン上乗せは1年全 ...

オプジーボ 進行食道がん適応にて国内初の承認申請

2019.05.30

  • ニュース

5月30日、小野薬品工業株式会社は、免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(商品名オプジーボ)について、切除不能な進行または再発食道がんに対する効能・効果の追加に係る製造販売承認事項一部変更承認申請を行 ...

治療歴のある転移性トリプルネガティブ乳がん患者に対するキイトルーダ単剤療法、全生存期間を統計学的有意に改善しない

2019.05.30

  • ニュース

2019年5月20日、メルク・アンド・カンパニー社プレスリリースにて治療歴のある転移性トリプルネガティブ乳がん患者に対する抗PD-1抗体薬であるペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ;以下キイトルーダ) ...

複数治療歴のある再発難治性慢性リンパ性白血病患者に対するベネトクラクス単剤療法とベネトクラクス+リツキサン併用療法、無増悪生存期間、全生存期間ともに同様の結果

2019.05.30

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある再発難治性慢性リンパ性白血病患者が対象のレトロスペクティブ試験 ・ベネトクラクス単剤療法、ベネトクラクス+リツキサン併用療法の有効性・安全性を検証 ・無増悪 ...

非小細胞肺がんにて次世代シーケンサーが保険適応~4つの遺伝子変異検査が一度にできるように~

2019.05.29

  • ニュース

5月29日、厚生労働省 中央社会保険医療協議会は、非小細胞肺がん患者のEGFR、ALK、ROS1、BRAF遺伝子検査として次世代シークエンサーを用いるコンパニオン診断システム「オンコマイン Dx Ta ...

がん遺伝子パネル検査が保険診療可能に~原則、標準治療がない患者が対象、価格56万円~

2019.05.29

  • ニュース

5月29日、厚生労働省 中央社会保険医療協議会は、2つのがん遺伝子パネル検査の保険償還を認めた。 がんパネル検査とは、次世代シークエンサーなどの遺伝子解析技術を用い、遺伝子変異などを検出する検査のこと ...

転移性大腸がん患者に対するファーストライン治療としてのアバスチン+mFOLFOX6またはFOLFIRI併用療法、ERCC1高発現患者においても無増悪生存期間、全生存期間は同等

2019.05.29

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・転移性大腸がん患者が対象の第2相試験 ・ファーストライン治療としてのmFOLFOX6またはFOLFIRI+アバスチン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・無増悪生存期間、全 ...

前治療歴のある転移性尿路上皮がん患者に対するオプジーボ単剤療法、オプジーボ+ヤーボイ併用療法の長期フォローアップ結果

2019.05.29

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・プラチナ系抗がん剤治療歴のある転移性尿路上皮がん患者が対象の第1/2相試験 ・オプジーボ単剤またはオプジーボ+ヤーボイ併用療法の有効性・安全性を検証 ・オプジーボ1mg/k ...

アロマターゼ阻害薬治療後のホルモン受容体陽性HER2陰性閉経後の進行性乳がん患者に対するアルペリシブ+フルベストラント併用療法、無増悪生存期間を統計学的有意に改善する

2019.05.29

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・アロマターゼ阻害薬治療後のホルモン受容体陽性HER2陰性閉経後の進行性乳がん患者が対象の第3相試験 ・PI3Kα特異的阻害薬アルペリシブ+フルベストラント併用療法の有効性を ...

ハーセプチン治療歴のある進行性胃/胃食道接合部がん患者に対するオプジーボ単剤療法、全生存期間中央値8.3ヶ月を示す

2019.05.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある進行性胃/胃食道接合部がん患者を対象とする第3相試験のサブグループ解析結果 ・ハーセプチン治療歴のある患者を対象に、オプジーボ単剤療法の有効性・安全性を検証 ...

高齢または強力な治療が適応でない進行性胃食道がん患者に対する低用量オキサリプラチン+カペシタビン併用療法、無増悪生存期間で非劣勢を示す

2019.05.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・高齢または強力な治療が適応でない進行性胃食道がん患者が対象の第3相試験 ・低用量オキサリプラチン+カペシタビン併用療法の有効性・安全性 ・通常用量に比べて治療関連有害事象の ...

トリプルネガティブ早期乳がん患者に対する術前のイミフィンジ+標準化学療法、病理学的完全奏効率53.4%を示す

2019.05.28

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・トリプルネガティブ早期乳がん患者が対象の第2相試験 ・術前化学療法としてのイミフィンジ+ナブパクリタキセル併用、イミフィンジ+EC併用の有効性・安全性を検証 ・病理学的完全 ...

ハイリスクのくすぶり型多発性骨髄腫患者に対するレブラミド単剤療法、3年無増悪生存率91%を示す

2019.05.27

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ハイリスクのくすぶり型多発性骨髄腫患者が対象の第2/3相試験 ・免疫調節薬レブラミド単剤療法の有効性・安全性 ・経過観察群と比べ、レブラミド単剤群で病勢進行または死亡のリス ...

遺伝子変異を有する再発難治性CNS腫瘍小児患者に対するエヌトレクチニブ単剤療法、良好な抗腫瘍効果を示す

2019.05.27

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・20歳以下の遺伝子変異を有する再発難治性中枢神経系腫瘍、神経芽細胞腫、固形腫瘍患者が対象の第1相試験 ・対象の遺伝子変異はNTRK1/2/3、ROS1、またはALK融合で、 ...

進行性腎細胞がん患者に対するファーストライン治療としてのバベンチオ+インライタ併用療法、効果効能追加がFDAより承認

2019.05.27

  • ニュース

2019年5月14日、米ファイザー社プレスリリースにて進行性腎細胞がん患者に対するファーストライン治療としての抗PD-L1抗体薬であるアベルマブ(商品名バベンチオ;以下バベンチオ)+アキシチニブ(商品 ...

未治療のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者に対するポラツズマブ ベドチン+リツキサンまたはガザイバ+CHP併用療法、客観的奏効率89%を示す

2019.05.24

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・18歳以上の未治療びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者が対象の第1/2相試験 ・1stライン治療としてのポラツズマブ ベドチン+リツキサンまたはガザイバ+CHP併用療法の有効 ...