R0切除とは、手術にて肉眼はおろか顕微鏡で確認しても腫瘍がとり切れたことです。完全切除治癒切除ともいいます。

手術にて腫瘍を取り除いた場合、全ての切断面などを顕微鏡で確認します。結果、切断面などに腫瘍が認められなかった場合、完全に腫瘍を取り除いたということになります。なお、治癒切除といっても、切除した時点では完全に治癒した意味にはならないことを注意してください。

一方、肉眼的に明らかに腫瘍が取りきれなかった場合、R2(あーるつー)切除といい、肉眼的には取り除いたが顕微鏡で確認すると腫瘍が取り切れていないことも不完全切除R1(あーるわん)切除といいます。基本、R1切除R2切除非治癒切除や不完全切除といいます。

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »