済生会吹田病院×オンコロ 男性がん患者さん対象アンケート調査にご協力ください

肺がんのステージ(病期)|TMN分類とは


  • [公開日]2018.10.11
  • [最終更新日]2019.03.08

がんの進行の程度を示すステージ

ステージ病期)は、がんの進行の程度を示す言葉で、肺がんでは、がんの大きさ、広がり、リンパ節やほかの臓器への転移の有無によって決められます。肺がんの治療方針は、組織型と病期でほぼ決まるため、病期の決定は重要です。

肺がんのTNM分類

肺がんのステージ(病期)は、国際対がん連合(UICC)により決められているTNM分類(改訂第8版、2017年1月)を用いて決定されます。TNM分類は、T因子N因子M因子からなり、それぞれの意味は以下の通りです。

T因子(原発腫瘍primary Tumorの状況)
最初に発生した肺がんがどの程度大きくなり、どこまで広がっているか

N因子(所属リンパ節regional lymph Nodesの状況))
リンパ節への転移とその広がりをみる

M因子(遠隔転移distant Metastasisの状況))
リンパ節以外のほかの臓器への転移とその広がりをみる

ここにTNM表(ただし、今のはオンコロ掲載のは古い。もっと知ってほしいから新しいのを取得))

肺がんのステージ(病期)分類

TNM分類の3つの因子を組み合わせて、病期を潜伏期、0期、ⅠA1期、ⅠA2期、ⅠA3期、ⅠB期、ⅡA期、ⅡB期、ⅢA期、ⅢB期、ⅢC期、ⅣA期、ⅣB期の13段階に分類しています。病期分類は細かく分かれていますが、0期に近いほどがんは小さくとどまっており、Ⅳ期に近いほどがんは広がっているとみなします。


肺がんのステージ(病期)の決定法

肺がんは、非小細胞肺がんか小細胞肺がんかという組織型とステージの2つの要素で治療方針がほぼ決まります。そのため病期の決定は非常に重要です。

肺がんと診断されたら、がんの大きさ、広がり、転移の有無からステージ(病期)を決定するために、胸部X線検査、胸部CT検査などが行われるほか、転移しやすい脳、肝臓、副腎、骨などを頭部MRI検査、腹部CT検査、腹部超音波検査、骨シンチグラフィ、PETなどで調べます。小細胞肺がんでは骨髄にも転移することがあるので、骨髄生検が追加されることがあります。

×

リサーチのお願い


この記事に利益相反はありません。