乳がん患者さん対象 発毛状況について記録調査のご協力をお願いします

EGFR遺伝子変異とは


  • [公開日]2018.11.11
  • [最終更新日]2019.03.08

非扁平上皮がんに最も多いドライバー遺伝子はEGFR遺伝子です。EGFRは、細胞の成長や増殖に関わる上皮成長因子受容体と呼ばれるタンパクです。その遺伝子に変異が起こると、上皮成長因子受容体にATP(アデノシン3リン酸)という分子が結合してリン酸化し、増殖のスイッチが入り続けた状態になります。EGFR阻害薬は、EGFRがATPと結合するのを阻止してがんの増殖を抑える分子標的薬です。

※この内容は「肺がんの薬物療法を受ける患者さんのための本」より引用/編集しました。

×

リサーチのお願い