【10月25日(金)/ 東京・日本橋】慢性リンパ性白血病(CLL)セミナー参加申込受付中!

症候性


  • [公開日]2016.11.25
  • [最終更新日]2017.10.12

症候性は、様々な症状が出る腫瘍のことです。腫瘍がどんな種類の細胞から発生したか、腫瘍がどの部位にできたかで、いろいろな症状が出ることがあります(たとえばインスリンを分泌する腫瘍では低血糖になる、脳腫瘍では頭痛、麻痺、しびれが起こるなど)。症状が出ることで、がんの発見が早まるといった利点もあります。

作成:株式会社インテリム
logo

×

リサーチのお願い