食道がんの検査と診断

 食道がんの検査には、まず、レントゲンによる食道造影検査と内視鏡検査があります。そして、がん細胞の進行度をみるためにCT、MRI検査、超音波検査、内視鏡超音波検査があります。これらの検査によりがん細胞の進行度を判断します。

そして、食道がんであることが確定し、病期が決まれば、治療方針を検討します。食道がんに対する的確な治療を行うためには、局所だけではなく、遠隔転移を含めた全身の検査と、治療開始前に他の臓器の検査を含む患者さんの全身の状態を把握することが必須です。

食道造影検査(X線検査)
バリウムを飲んで、食物が食道を通過する様子をレントゲンで撮影する検査です。造影検査は、痛みを感じることなく受けることができます。この検査では、がん細胞の場所、大きさ、食道の全体像を目で見ることができます。最近では体への負担に比べて得られる情報が少ないため、あまり行われなくなってきています。

内視鏡検査
内視鏡検査は、先端に小型のCCDカメラを搭載した内視鏡を用いて、直接消化管粘膜を観察する方法です。内視鏡検査は、がん細胞の状態を直接目で観察することができます。がん細胞の場所や大きさ、数、広がり、形、色、そしてがん細胞の浸潤の深さを判断することができます。

食道内視鏡検査では、通常の観察と、必要に応じて色素内視顕微鏡検査が行われます。色素内視顕微鏡検査とは、正常な細胞やがん細胞を染色して確認する検査です。正常な粘膜上皮細胞は、ヨウ素液に浸すと特定の色に染まるのですが、がん細胞の部位は染まりません。そこでがん細胞の有無を確認することができます。

また、内視鏡検査では、直接組織を採取することができ、がん細胞の有無を確認することができます。初期の食道がんは、症状に無自覚な場合が多いので、初期の食道がんを見つけるために内視鏡検査は有用な検査です。

病理検査
内視鏡検査で採取した組織にがん細胞が存在するのか、また、どんな種類のがん細胞なのかなどについて病理検査を行います。検査の結果検出された細胞ががん細胞でなければ、症状に応じて薬物治療が行われたり、経過観察が行われたりします。

CT・MRI検査
CT(コンピューター断層撮影)は、X線を使用して、身体の輪切り画像を見ることができる検査です。がん細胞の転移や周辺の臓器への広がりを見ることができます。

食道の周辺には、気管、気管支、大動脈、肺、肝臓、心臓など、非常に重要な臓器が存在していますので、それらにがん細胞の広がりがないかを検査するために最も優れた診断方法です。また、頸部、胸部、腹部へのリンパ節への転移も見ることが可能です。がんがどこまで進行しているかを見るのにすぐれた検査です。

CT検査には多量のX線が使われるので、少なからず放射線に被ばくします。CT検査を数回とったからといってがんになるというものではありませんが、可能な限り撮影回数を減らすことが望ましいとされています。

MRI検査は、磁気を使用し、身体の輪切り画像を見ることができる検査です。CTのように被ばくの恐れはありませんが、ガドリニウムという造影剤を用いるので、アレルギー体質や腎機能障害のある方は副作用の危険があるので注意が必要です。また、検査中は機械の操作音が大きく、頭部をしっかり固定して検査が行われるので、狭いところや大きな音が苦手な人には、苦痛に感じる検査かもしれません。

超音波検査
超音波検査は、腹部や頸部について調べるために行われます。腹部では、肝臓や腹部リンパへの転移がないか、また頸部では頸部リンパへの転移の有無を調べます。頸部食道がんの場合は、気管、甲状腺、頸動脈などの周辺臓器との関係を調べます。

FDG-PET検査
PET検査(陽電子放射断層撮影検査)は、全身の悪性腫瘍の細胞を検出する検査です。悪性腫瘍は、正常細胞とは違いブドウ糖を多く取り込みエネルギーとします。そこで、PET検査では、その性質を利用し、放射性ブドウ糖を投与し、取り込みの様子を撮影することで悪性腫瘍を検出します。他の検査で転移・再発の診断ができない場合に、行うことがあります。

腫瘍マーカー
腫瘍マーカーとは、がん細胞の存在により異常値を示す検査の項目のことで、がん細胞の種類に応じて多くの種類があります。食道がんの腫瘍マーカーは、扁平上皮がんではSCC(扁平上皮がん関連抗原)とCEA(がん胎児性抗原)です。腺がんではCEAです。他のがんにおける場合と同様に、腫瘍マーカーは進行した悪性腫瘍の動態を把握するのに使われますが、早期診断に使えるようなものとして使用されてはいません。また、がん細胞があっても必ずしも異常値を示すわけではないことにも注意が必要です。

その他の検査
気管および気管支にがん細胞が浸潤していることが疑われる場合は、気管支内視鏡検査が実施され、骨への転移が疑われる場合には、骨シンチグラフィという検査が行われます。

ステージ(病期)と種類・分類について

ステージ(病期)とは、がん細胞の進行度示す言葉です。この進行度により、食道がんの治療法を選択することや、治療の効果を推定します。最近は、病状の説明時に「ステージ」という言葉で表現されることが一般的になってきました。病期は、0期、I期、II期、III期、IV期の5段階に分類されます。

また、病期は、がんがどこまで広がっているかT因子、リンパ節転移があるかどうかN因子、別の臓器への転移があるかどうかのM因子で決まります。これをTNM分類といい、この3つの要素の組み合わせによって病期が決まります。

0期
早期がん、初期がんと呼ばれている段階です。がんが粘膜にとどまっており転移が認められない状態です。

I期
がんが粘膜にとどまってはいますが、近くのリンパ節に転移がある。もしくは、粘膜下層まで浸潤しており、リンパ節やその他の臓器に転移が認められない状態です。

II期
がん細胞が筋層を越えて食道の外壁にわずかに確認される段階です。もしくは、がん細胞が粘膜下層にとどまっていてもがん細胞の近くのリンパ節のみにがん細胞が確認される状態、他の臓器や胸膜、腹膜にがん細胞が認められない状態です。

III期
がん細胞が食道の外に明確に確認できる。食道壁の近くのリンパ節や、食道のがん細胞から少し離れたリンパ節にがん細胞があると確認される状態です。しかし、別の臓器や胸膜、腹膜には、がん細胞は認められない状態です。

IV期
がん細胞が食道の周囲の臓器に及んでいる場合、また、がん細胞が遠く離れたリンパ節にあることが確認された場合、もしくは別の臓器や胸膜、腹膜にもがん細胞が認められる段階です。

1) 日本食道学会 編:臨床・病理 食道がん取扱い規約 第11版.金原出版,2015
2) 日本食道学会 編:食道がん診断・治療ガイドライン2012年4月版 第3版.金原出版,2012


人気記事