本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 パニツズマブ
商品名 ベクティビックス
治験薬コード AURA
一般名英語表記 Panitumumab
商品名英語表記 Vectibix
種類 分子標的薬
種類 抗EGFRモノクローナル抗体
投与経路 注射
適応がん種 結腸・直腸癌

特徴

ベクティビックスは抗EGFRモノクローナル抗体製剤になります。がん細胞では、EGFR(上皮成長因子受容体)がたくさん存在していることがあります。この場合、EGFRを阻害することによって、がん細胞の増殖を抑制できます。パニツムマブは、セツキシマブがマウス抗体を一部使用したキメラ型モノクローナル抗体であるのに対して、EGFRへの親和性が高い世界初となるヒト型モノクローナル抗体である点が大きな特徴となっています。パニツムマブは「治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん」に対して使用されます。
重篤な副作用としては「重度の皮膚障害」や「間質性肺炎」などがあります。

効能・効果

KRAS遺伝子野生型の治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌

用法及び用量

通常,成人には2週間に1回,パニツムマブ(遺伝子組換え)として1回6㎎/㎏(体重)を60分以上かけて点滴静注する。
なお,患者の状態に応じて適宜減量する。

重大な副作用

重度の皮膚障害、間質性肺疾患、重度のInfusion reaction、重度の下痢、低マグネシウム血症、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4291417A1


人気記事