化学放射線療法について

化学放射線療法とは、X線などの高エネルギーの放射線をあてて、がん細胞を縮小させることを試みる方法です。化学放射線療法は、外科手術療法と同様に局所を治療する方法ですが、特に手術と比べて臓器の機能や形態を温存できるというメリットがあります。

化学放射線療法には大別して2つの方法があります。まず1つ目は、放射線を体の外から照射する外照射という方法と、2つ目は、食道の腔内に放射線が出る物質を挿入して体の中から照射する腔内照射という方法です。

また、治療の目的も2つに分けられます。まずは、がん細胞を縮小、消失させ、治すことを目的にした根治治療と、がんによる痛みや出血などの症状を抑える、食道がんであれば、嚥下障害を解消するような緩和治療です。

根治治療

根治治療の対象となるのは、がん細胞の広がりが放射線をあてられる範囲にとどまっている場合です。根治治療としての化学放射線療法では、多くの場合、放射線を体の外から照射する外照射という方法が用いられます。1日1回から2回、週5日、6週から7週、抗がん剤治療との同時併用の場合には、5週から6週続ける方法と、外照射5週から6週に2~4回の腔内照射を組み合わせる方法などがあります。

近年では、化学放射線療法と抗がん剤治療を併用するほうが、化学放射線療法単独で行うよりも治療効果があることがわかってきました。化学放射線療法に抗がん剤治療を加えることで、手術をしなくても症状が良くなる患者さんが増えたという報告もあります。患者さんの全身状態が良く、根治治療を目指す場合は、化学放射線療法と抗がん剤治療を同時に行うことが勧められています。

生活の質の改善を目的とした化学放射線療法

食道がんでは、食道のがん病変により、食物の飲み込みが難しくなる嚥下障害や、骨への転移による痛み、脳への転移によっておこる神経症状、リンパ節へ転移したために生じる気管狭窄による息苦しさ、血痰などの症状を和らげるためにも放射線は有効だと言われています。これらは、症状が改善されることを目的としているため、根治治療の場合よりも長い期間の治療を必要とせず、2週間から4週間ほどで治療が行われることが多いです。

化学放射線療法の副作用

化学放射線療法の副作用は、主に放射線が照射されている部位に起こります。そのため、治療している部位により副作用は異なります。また副作用には、治療期間中から治療後数週間であらわれるものと、治療が終了してから数ヵ月から数年後に起こる副作用もあります。

頸部に照射した場合の主な副作用は、食べ物を飲み込むときの違和感、痛み、喉の渇き、声のかすれなどです。また、胸部に照射した場合にも、食べ物を飲み込むときの違和感、痛み、腹部に照射した場合は、腹部不快感、吐き気、嘔吐、食欲低下、下痢などの症状が出ることが考えられます。

その他に、体のだるさ、食欲低下といった症状を訴える方もいます。血液障害としては、白血球や血小板が減少することがあります。また、放射線照射をした皮膚には、日焼けに似た症状が出てきます。そのため、照射で皮膚表面の水分が失われやすい状況になります。そのため、軟膏を塗るなどして乾燥や感染を予防する必要が出てきます。

軟膏をつける際には、皮膚を引き延ばすような塗り方は避け、押さえる様に優しく塗ることが大切です。また、軟膏を塗った表面を医療用のシリコン素材の被覆材などで乾燥を予防することもよいでしょう。皮膚が敏感になっているので、クリーム、ローション、軟膏は、症状に応じて医療機関に相談するほうが無難です。照射部への余計な刺激は避け、日々観察し、変化があればすぐに相談しましょう。

副作用の程度には、個人差があり、ほとんど副作用の出ない人も、また、強めに副作用が出る人もいます。

化学放射線療法が終了してから起こりうる副作用として、照射範囲に心臓や肺が含まれていた場合には、放射線による肺炎や心外膜炎、心のう水貯留、胸水貯留などが起きることがあります。

脊髄に多量の放射線が照射されると、神経麻痺の症状が出ることがあります。一般的には、神経症状が出る危険性がないとされている程度に照射線量は設定されています。

化学放射線療法の結果、炎症が生じる、腫瘍の縮小に伴って食物が通りにくくなる狭窄などが生じた場合、狭窄部にシリコンゴムや金属の網でできたステントと呼ばれる筒を挿入することで、内腔を拡張する食道内挿管法が行われることがあります。しかし、化学放射線療法や化学放射線療法後に狭窄が残存した場合には、ステント挿入による出血や穴があくなどのリスクが高いことが報告されており、注意を要します。
放射線療法は、根治治療や生活の質を考慮して実施される場合など、適応範囲は広がっています。しかし、大なり小なり個人差はあるものの副作用は生じます。そして、副作用には、すぐに出るものと、数カ月~数年たって影響が出てくるものがあります。


人気記事