Best supportive care (BSC;ベストサポーティブケア)とは、がんに対する積極的な治療を行わずに症状緩和の治療のみを行う事です。

積極的な治療とは外科治療、化学療法、免疫療法、放射線治療、遺伝子治療の事を指します。

有効的治療法が無い場合や、患者さんの希望により、痛みの緩和や生活の質(QOL)の維持、向上を目指し支持療法などを行う事です。

標準治療がまだ確立されていない治療法については無作為比較試験の1つの群として採用される場合もあります。

作成:株式会社インテリム
logo

banner_onc_seminar-top


人気記事