小児がんは医療の進歩で7~8割は助かる病気となったが、事故死を除くと子どもの死因の1位を占める。その多くが病院で最期を迎える。九州唯一の小児がん拠点病院、九州大病院(福岡市)は2015年4月、「小児緩和ケアチーム」を発足させ、QOL(生活の質)向上のための在宅移行に取り組んでいる。

続きを読む
https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/medical/article/326714

ニュース選定者:滝澤 宏隆
引用元:西日本新聞電子版
http://ep2.cp-nnp.jp/4/?utm_source=nnpweb&utm_medium=upper_banner&utm_campaign=ep_open


人気記事