【9月27日(金)/ 東京・日本橋】小細胞肺がんセミナー参加申込受付中!

がん治療後に出産の道 受精卵など凍結、学会が指針


  • [公開日]2017.10.20
  • [最終更新日]2017.10.20

がん治療前などに受精卵や卵子、卵巣の一部を採って凍結保存し、何年か後に治療を中断または終了してから解かして使い妊娠・出産をめざす「妊孕性(にんようせい)温存」が期待を集めている。2017年夏に学会の指針ができ、安全に実施するための態勢が整ってきた。

続きを読む
https://style.nikkei.com/article/DGXKZO22224390T11C17A0TCC001

ニュース選定者:中島 香織
引用元:NIKKEI STYLE
https://style.nikkei.com/

×

リサーチのお願い