オンコロの可知です。
10月31日にPMDAのサイトの拡大治験情報がアップデートされました。

今月、BRCA変異を有する転移性乳癌対象にてPARP阻害薬オラパリブ(米国商品名リムパーザ)の拡大治験が追加されました。PARP阻害薬とは、PARP(損傷したDNAを修復する酵素の一つ)が機能することを妨げる薬剤のことで、BRCA遺伝子変異があるがん患者さんで効果を示すことが期待されている薬剤となります。2017年10月23日に、「生殖細胞系列BRCA遺伝子変異を有するHER2陰性転移性乳がん患者」に対して医薬品製造販売承認申請を行ったばかりでもあります。

なお、ずっと拡大治験情報をおっていると次に何の拡大治験が始まるかなんとなくわかってきており、上記はおそらく11月に拡大治験が始まると予想しておりました。

現在、実施している可能性がある拡大治験は以下の通りです。

PF-02341066:クリゾチニブ(ザーコリ):ROS1陽性の非小細胞肺癌 ファイザー株式会社
MPDL3280A:アテゾリズマブ(米国商品名テセントリク)⇒尿路上皮膀胱癌 中外製薬株式会社
AZD2281:オラパリブ(米国商品名リムパーザ)⇒BRCA遺伝子変異を有する進行又は再発卵巣癌 アストラゼネカ株式会社
ONO-4538:ニボルマブオプジーボ)⇒標準治療が不応又は不耐の切除不能な進行又は再発胃がん(食道胃接合部がんを含む) 小野薬品工業株式会社 
DSP-1958:チオテパ⇒小児固形腫瘍・小児脳腫瘍及び悪性リ ンパ腫 大日本住友製薬株式会社 
E7080:レンバチニブ(レンビマ)⇒肝細胞がん エーザイ株式会社
AMG 103:blinatumomab⇒ B前駆細胞性急性リンパ性白血病 アステラス・アムジェン・バイオ ファーマ株式会社
AZD2281:オラパリブ(米国商品名リムパーザ)⇒BRCA変異を有する転移性乳癌 パレクセル・インターナショナル株式会社⋆(2017/11/23~)
*パレクセル・インターナショナル株式会社は開発業務受託機関(CRO)であるため、開発先であるアストラゼネカ株式会社に問い合わせる方が宜しいかもしれません。
※拡大治験実施中であるけれども、登録が継続しているかは不明となります。

では拡大治験にはどうやって参加するの?

では、拡大治験に参加するには??

拡大治験情報は、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に掲載されています。なので、興味がある方は以下のリンクをクリックしてみてください。

https://www.pmda.go.jp/review-services/trials/0019.html#2

中ほどの以下の位置に情報が掲載されています。PDFのところです。(このページではクリックできません)

2017y01m19d_204558770

問い合わせは以下の「治験届出者の連絡一覧」をクリックして、該当の製薬企業の連絡先にお問い合わせしてみれはいかがでしょうか?
*ただし、制度上、患者さんからですと回答できない可能性があります。その場合は主治医等へ相談してみてください。
2017y01m19d_204615998

この情報が、必要な人に届くことを願います。
(ただし、拡大治験の治験薬は無償ではない可能性があるため、注意してください)

文:可知 健太

×

この記事に利益相反はありません。

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »