「プライバシー情報マネジメントシステム」認証取得のお知らせ

iPS細胞でがん治療、アメリカの研究はどこまで進んでいるか


  • [公開日]2021.01.12
  • [最終更新日]2021.01.12

京都大学の山中伸弥教授が、さまざまな細胞になることができるiPS細胞を世界で初めて発見したのは2006年だった。
いま日本だけでなく、世界各地で臨床試験が始まりつつある。
iPS細胞を使ったがん治療の研究をしているダン・カウフマン教授に聞いた。

続きを読む
https://ux.nu/t4FGE

ニュース選定者:中島 香織

朝日新聞GLOBE+
https://globe.asahi.com/

×