造血器腫瘍とは血液、骨髄、リンパ節が侵されるがんの総称です。

血液の細胞には 白血球、赤血球、血小板などがあり これらはすべて骨髄内にて造られています。

これらはすべて「造血幹細胞」という細胞から造られますが 分化していく過程のなかでがん化する病気です。
(分化:未熟な細胞が成熟した細胞になることです)

これには 「悪性リンパ腫」「白血病」「多発性骨髄腫」などがあり 血液のがんとも呼ばれています。


人気記事