9/14(土)開催【胃がんキャラバンin福岡】お申込み受付中!

遺伝子パネル検査に基づく抗がん剤の適応外使用想定した事前準備、国がんで進む―患者申出評価会議


  • [公開日]2019.07.23
  • [最終更新日]2019.07.23

遺伝子パネル検査の結果、既存の抗がん剤の「適応外使用」が有効と考えられる患者について、迅速に抗がん剤投与を可能とすべく、「患者申出療養として実施する」ための計画書(プロトコル)案を予め設定しておく。国立がん研究センターでプロトコル案の作成が進んでおり、概ね適当であるが、実施医療機関を「がんゲノム医療中核拠点」に限定すると、当該病院の負担が大きく、患者にも不便を強いることにもなる。他病院での実施についても今後、検討していく必要があるのではないか―。

続きを読む
https://ux.nu/L1Ysr

ニュース選定者:中島 香織

メディ・ウォッチ
https://www.medwatch.jp/

×

リサーチのお願い