今年1月、日本老年学会は、「今まで65歳以上と定められていた高齢者の定義を75歳以上に変更するべき」という提言を発表しました。そして、現在、前期高齢者とされる65~74歳について、新たに「准高齢者」という区分を設け、「従来の定義による高齢者を、社会の支え手でありモチベーションを持った存在と捉えなおすこと」と発表しました。壮年期のがん患者の場合、再雇用や再就職で影響があるかもしれません。

続きを読む
http://www.asahi.com/articles/SDI201702068538.html?iref=sp_apitop

ニュース選定者:中島 香織
引用元:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/?iref=com_gnavi_top

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »