「がん領域の自由診療の実態調査」のアンケートにご協力下さい

がん患者の妊娠出産:妊孕性の支援と様々な選択


  • [公開日]2017.08.26
  • [最終更新日]2017.08.25

がん治療によっては子供を持つことが難しくなる場合がある。子供を持つ能力は妊孕性と呼ばれます。
生殖器を害する化学療法、放射線療法および外科手術は妊孕性に影響を及ぼす可能性があります。不妊症は以下の原因によって引き起こされることがあります。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/56603.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

×

リサーチのお願い