がん治療によっては子供を持つことが難しくなる場合がある。子供を持つ能力は妊孕性と呼ばれます。
生殖器を害する化学療法、放射線療法および外科手術は妊孕性に影響を及ぼす可能性があります。不妊症は以下の原因によって引き起こされることがあります。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/56603.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »