「個人情報保護方針」及び「個人情報の取扱いについて」改訂のお知らせ

血液がん

血液がんにおける遺伝子パネル検査の有用性を前向きコホート研究で確認

2022.07.07

  • ニュース

国立がん研究センターは、造血器腫瘍(血液がん)を対象に、大塚製薬株式会社らと共同開発した遺伝パネル検査に関する前向きコホート研究を行い、その有用性を確認したと発表した。 血液がんの診断・分類には、がん ...

急性骨髄性白血病に対するノイトロジン、卵巣がんに対するアバスチン、公知申請に基づく承認事項の一部変更承認を取得

2022.06.24

  • ニュース

6月20日、中外製薬株式会社は、遺伝子組換えヒトG-CSF製剤であるノイトロジン(一般名:レノグラスチム(遺伝子組換え))と抗悪性腫瘍剤/抗VEGFヒト化モノクローナル抗体であるアバスチン(一般名:ベ ...

抗悪性腫瘍剤ダルビアス、末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)の適応で承認取得

2022.06.23

  • ニュース

6月20日、ソレイジア・ファーマ株式会社は、「再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)」の治療薬として、ダルビアス点滴静注(一般名:ダリナパルシン、開発コード:SP-02、以下ダルビアス)の ...

新規多発性骨髄腫に対する導入療法としてのレナリドミド+ボルテゾミブ+デキサメタゾン併用療法+自家造血幹細胞移植(ASCT)、無増悪生存期間を延長

2022.06.23

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・新規多発性骨髄腫患者が対象の第3相試験 ・導入療法としてのレナリドミド+ボルテゾミブ+デキサメタゾン併用療法±自家造血幹細胞移植(ASCT)の有効性・安全性を比較検証 ・無 ...

BTK阻害薬治療歴のある再発/難治性マントル細胞リンパ腫に対するCAR-T細胞療法KTE-X19、客観的奏効率91%を示す

2022.06.10

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬治療歴のある再発/難治性マントル細胞リンパ腫患者が対象の第2相試験 ・CAR-T細胞療法であるKTE-X19単剤療法の有効性・安全 ...

ダウノルビシン+シタラビン配合リポソーム注射剤NS-87、急性骨髄性白血病を対象に希少疾病用医薬品の指定を取得

2022.06.10

  • ニュース

5月30日、日本新薬株式会社は、開発中のNS-87(ダウノルビシン塩酸塩、シタラビン配合リポソーム注射剤、以下NS-87)について、急性骨髄性白血病(AML)を期待できる適応症として、厚生労働省より5 ...

アドセトリス、小児のCD30陽性ホジキンリンパ腫の一次治療で適応拡大承認を取得

2022.06.09

  • ニュース

5月26日、武田薬品工業株式会社は、「CD30陽性ホジキンリンパ腫」の小児の一次治療を適応として、悪性リンパ腫の治療薬であるアドセトリス(一般名:ブレンツキシマブ ベドチン、以下アドセトリス)について ...

STAMP阻害剤セムブリックス、新規作用機序を有する慢性骨髄性白血病治療薬として新発売

2022.06.06

  • ニュース

5月25日、ノバルティスファーマ株式会社は、セムブリックス錠(一般名:アシミニブ塩酸塩、以下セムブリックス)について、前治療薬に抵抗性または不耐容の慢性骨髄性白血病(CML)を適応症として販売を開始し ...

濾胞性リンパ腫(FL)の患者さんへインタビューを実施いたします

2022.06.01

  • リサーチ
  • 悪性リンパ腫

インタビューにご協力いただける濾胞性リンパ腫(FL)の患者さん、またはそのご家族を募集しています。参加をご検討いただける方は、以下内容をご確認いただき、「アンケートを開始する」ボタンを押してアンケート ...

IDH1変異陽性の急性骨髄性白血病に対するイボシデニブ+アザシチジン併用療法、無イベント生存期間を改善

2022.05.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・IDH1変異陽性の急性骨髄性白血病患者が対象の第3相試験 ・Ivosidenib(イボシデニブ)+アザシチジン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・無イベント生存期間はイボ ...

複数治療歴のある再発/難治性大細胞型B細胞リンパ腫に対する抗CD3/CD20二重特異性抗体Epcoritamab療法、全奏効率63.1%を示す

2022.05.09

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある再発/難治性大細胞型B細胞リンパ腫患者が対象の第1/2相試験 ・Epcoritamab(エプコリタマブ)療法の有効性・安全性を比較検証 ・全奏効率は63.1 ...

PI3K-δ/γ阻害剤デュベリシブ、再発/難治性慢性リンパ性白血病および小リンパ球性リンパ腫の適応で製造販売承認を申請

2022.03.28

  • ニュース

3月24日、株式会社ヤクルト本社は、経口ホスファチジルイノシトール-3-キナーゼ(PI3K)δおよびPI3K-γ二重阻害剤であるデュベリシブ水和物(一般名、開発コード:YHI-1702、以下デュベリシ ...

BTK阻害薬カルケンス、慢性リンパ性白血病に対する適応拡大を申請

2022.03.14

  • ニュース

3月7日、アストラゼネカ株式会社は、慢性リンパ性白血病(小リンパ球性リンパ腫を含む、以下CLL)を適応症として、ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害剤のカルケンス(一般名:アカラブルチニブ、以下カ ...

G-CSF製剤ジーラスタ、同種末梢血幹細胞移植のための造血幹細胞の末梢血中への動員に関する効能効果を追加

2022.03.03

  • ニュース

2月25日、協和キリン株式会社は、同種末梢血幹細胞移植のための造血幹細胞の末梢血中への動員を効能・効果として持続型G-CSF製剤であるジーラスタ(開発コード:KRN125、一般名:ペグフィルグラスチム ...

再発/難治性びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫患者に対するウムブラリシブ+ウブリツキシマブ+ベンダムスチン併用療法、客観的奏効率43.1%を示す

2022.01.25

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発/難治性びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫患者が対象の第2相試験 ・ウムブラリシブ±ウブリツキシマブ±ベンダムスチン併用療法の有効性・安全性を比較検証 ・トリプレット療法 ...

複数治療歴のある再発/難治性濾胞性リンパ腫に対するCD3/ CD20二特異性抗体Mosunetuzumab単剤療法、完全寛解率58%を示す

2022.01.20

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある再発/難治性濾胞性リンパ腫患者が対象の第1/2相試験 ・Mosunetuzumab(モスネツズマブ)単剤療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率78.9% ...

再発/難治性慢性リンパ球性白血病に対するカルケンス単剤療法、3年無増悪生存期間を延長

2022.01.13

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発/難治性慢性リンパ球性白血病患者が対象の第3相試験 ・カルケンス単剤療法の有効性・安全性を標準治療と比較検証 ・無増悪生存期間はカルケンスが未到達に対して標準治療で16 ...

新規多発性骨髄腫に対するニンラーロ+ダラザレックス+デキサメタゾン併用療法、客観的奏効率71%を示す

2022.01.11

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・Intermediate-Fitの新規多発性骨髄腫患者が対象の第2相試験 ・ニンラーロ+ダラザレックス+デキサメタゾン併用療法の有効性・安全性を検証 ・客観的奏効率は71% ...

再発/難治性ワルデンストレームマクログロブリン血症に対する低分子ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬オレラブルチニブ、主要奏効率74.5%を示す

2022.01.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・再発/難治性ワルデンストレームマクログロブリン血症患者が対象の第2相試験 ・オレラブルチニブ単剤療法の有効性・安全性を検証 ・主要奏効率は74.5%、病勢コントロール率97 ...

再発/難治性B細胞性非ホジキンリンパ腫に対するCD3/CD20二特異性抗体Mosunetuzumab+ポラツズマブベドチン併用療法、客観的奏効率65%を示す

2022.01.06

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・複数治療歴のある再発/難治性B細胞性非ホジキンリンパ腫患者が対象の第1b/2相試験 ・Mosunetuzumab(モスネツズマブ)+ポラツズマブベドチン併用療法の有効性・安 ...