免疫
LINEで送る
Pocket

自治医科大学病院やタカラバイオなどは、遺伝子を改変してがんへの攻撃力を高めた免疫細胞で、血液のがん「急性リンパ性白血病」の重症患者を治療する臨床試験を2017年度から始める。
「CAR遺伝子治療」と呼ばれ、次世代のがん治療法として注目されている。海外の臨床試験では高い治療効果が報告されており、20年度の薬事承認を目指す。

続きを読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170327-OYTET50047/

ニュース選定者:鳥井 大吾
引用元:yomiDr.
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

LINEで送る
Pocket

人気記事