胃や背中の痛みで疑って―膵臓がん 広がる薬物療法の可能性


  • [公開日]2021.01.27
  • [最終更新日]2021.01.27

早期発見と治療法の進歩によって治るがんが増える中、膵臓がんは予後の悪いがんの代表とされている。
杏林大学医学部付属病院腫瘍内科の古瀬純司教授は「膵臓がんは、胃がんや大腸がんのように検診で早期に発見することが難しいがんです。早期発見には、腹痛や背中の痛みがあった時に膵臓のチェックも受けることが大切です」と話す。

続きを読む
https://ux.nu/SgWMj

ニュース選定者:中島 香織

時事メディカル
https://medical.jiji.com/

×

リサーチのお願い