新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

福島医大「がん幹細胞標的治療法」有効性証明 放射性核種投与


  • [公開日]2020.06.23
  • [最終更新日]2020.06.22

福島医大先端臨床研究センターの織内(おりうち)昇教授(60)らの研究チームが、同大で製造する放射性核種(放射性物質)の「アスタチン」を投与して、がん細胞を生み出す「がん幹細胞」に直接放射線を照射する治療法の有効性を動物実験で証明した。

続きを読む
https://00m.in/wpEvS

ニュース選定者:山﨑 和樹

福島民友新聞社
https://00m.in/LyqJO

×