受動喫煙の害は実感としてわかりにくいです。その理由の一つは、暴露から疾患の発症までの時間が長いことです。受動喫煙を受けてもすぐに肺がんになるわけではなく、数十年の時間がかかります。また、受動喫煙を受けていない人も肺がんに罹ることがある、というのも受動喫煙の害を実感しにくい理由でしょう。受動喫煙による肺がんの相対リスクは約1.3倍です。

続きを読む
http://www.asahi.com/articles/SDI201609096893.html?iref=sp_apitop

ニュース選定者:中島 香織 
引用元:朝日新聞
http://www.asahi.com/?iref=com_gnavi_top

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »