【9月27日(金)/ 東京・日本橋】小細胞肺がんセミナー参加申込受付中!

肺がん治療、タイプごとに 新薬相次ぎ選択肢広がる 副作用対策、より重要に


  • [公開日]2019.05.24
  • [最終更新日]2019.05.24

様々ながんの中でも治療が難しく、予後が悪い――そんな肺がんの治療が変わりつつある。効果が高い分子標的薬や免疫薬が相次いで登場。がんのタイプに応じた治療の選択肢が一気に増えたためだ。一方で薬を使う順番や副作用の対策などが重要さを増している。患者や家族も、知識を持って医師らと相談していくのがよい。

続きを読む
https://00m.in/8KIFM

ニュース選定者:中島 香織

日本経済新聞オンライン
https://00m.in/NSqVi

×

リサーチのお願い