「がん領域の自由診療の実態調査」のアンケートにご協力下さい

がん闘病中に点滴つけて客先謝罪も…問われる患者の「働き方」


  • [公開日]2019.02.16
  • [最終更新日]2019.02.15

もはや、がんは不治の病ではない。働きながらがんと向き合う人たちもいる。彼らの体験談から働く環境に必要なことが見えてきた。内閣府の「がん対策に関する世論調査」(2016年)で、仕事と治療の両立が難しいと答えた人のうち、「働き続けることを難しくさせている最も大きな理由」として一番多かった回答は、「代わりに仕事をする人がいない、または、いても頼みにくい」(21.7%)だ。

続きを読む

ニュース選定者:中島 香織

https://dot.asahi.com/aera/2019020800026.html?page=1

×