ドイツMerck社と米Pfizer社は9月11日、未治療の進行腎細胞がんを対象に、抗PD-L1抗体アベルマブとアキシチニブ併用療法を行うと、スニチニブ単剤投与よりも有意に無増悪生存期間を延長できることが明らかとなったと発表した。

続きを読む
https://goo.gl/H44CB1

ニュース選定者:小森 駿
日経メディカル
https://medical.nikkeibp.co.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »