【9月27日(金)/ 東京・日本橋】小細胞肺がんセミナー参加申込受付中!

アベルマブとアキシチニブの併用療法がスニチニブよりも未治療進行腎細胞がんのPFSを有意に延長


  • [公開日]2018.09.20
  • [最終更新日]2018.09.19

ドイツMerck社と米Pfizer社は9月11日、未治療の進行腎細胞がんを対象に、抗PD-L1抗体アベルマブとアキシチニブ併用療法を行うと、スニチニブ単剤投与よりも有意に無増悪生存期間を延長できることが明らかとなったと発表した。

続きを読む
https://goo.gl/H44CB1

ニュース選定者:小森 駿
日経メディカル
https://medical.nikkeibp.co.jp/

×