2012~14年に全国4病院で、240人に遺伝性の乳がん・卵巣がんの発症に関わる遺伝子の変異が見つかり、発症予防のために約1割に当たる26人が乳房切除、約4分の1の62人が卵巣・卵管の摘出手術を受けていたとの分析結果を、研究団体「日本HBOCコンソーシアム」が国際専門誌に発表した。

続きを読む
https://mainichi.jp/articles/20171123/k00/00m/040/150000c

ニュース選定者:可知 健太
引用元:毎日新聞
https://mainichi.jp/


人気記事