米国では、CTLA-4抗体、PD-1抗体、PD-L1抗体の3種の免疫チェックポイント抗体薬が承認され、これ以外の抗体治療薬の開発も進んでいる。抗体医薬の他にも、免疫抑制に働く、IDO(Indoleamine-pyrrole 2,3-dioxygenase;インドールアミン-2、3-ジオキシゲナーゼ)に対する薬剤の開発も進められている。IDOは必須アミノ酸であるトリプトファンをホルミルキヌレニンに代謝するための酵素である。キヌレニンは強力な免疫抑制があり、がん細胞はIDOを産生することによって、がん細胞を取り巻く環境におけるうキヌレニンを増やし、自らを免疫細胞の攻撃から守っていると考えられている。したがって、この酵素を阻害すると、免疫抑制側と免疫活性側のバランスを崩し、がん細胞を叩く事ができるというロジックだ。

続きを読む
http://yusukenakamura.hatenablog.com/entry/2016/05/20/074456

ニュース選定者:可知 健太
引用元:Hatena Blog 『中村祐輔のシカゴ便り』
http://yusukenakamura.hatenablog.com/

×

人気記事

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »