併存疾患のある白血病患者でも安全に治療ができるかもしれない

臨床試験に参加できれば非常に大きな利益を得られるかもしれない予後不良疾患の患者が、併存疾患のために臨床試験の適格基準を満たさないことはしばしばある。テキサス大学MDアンダーソンがんセンターで行われた新たな研究から、従来なら臨床試験の対象とされなかった急性骨髄性白血病(AML)と骨髄異形成症候群MDS)の一部の患者において、そうした状況下でも治療効果が得られ、かつ安全に治療が行われたことが明らかになった。

続きを読む
https://www.cancerit.jp/53256.html

ニュース選定者:可知 健太
引用元:海外がん医療情報リファレンス
https://www.cancerit.jp/

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »