台風19号による被害を受けられた皆様へ

モゾビル(プレリキサホル)


  • [公開日]2019.07.08
  • [最終更新日]2019.07.17

本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 プレリキサホル
商品名 モゾビル
治験薬コード
一般名英語表記 plerixafor
商品名英語表記 Mozobil
種類 自家末梢血幹細胞移植の造血幹細胞動員促進薬
種類 CXCケモカイン受容体4(CXCR4)拮抗薬XCR4)拮抗薬
投与経路 注射
適応がん種 多発性骨髄腫
ホジキンリンパ腫

特徴

プレリキサホルは、造血幹細胞の細胞膜上に発現しているCXCケモカイン受容体4(CXCR4)の拮抗薬です。骨髄の間質細胞表面に発現するSDF-1は、CXCR4を発現している造血幹細胞の骨髄への生着に関与しています。

プレリキサホルはCXCR4に結合し、CXCR4とSDF-1との結合を阻害することにより、自家末梢血幹細胞移植時の骨髄から末梢血中への造血幹細胞の動員を促進すると考えられています。

効能・効果

自家末梢血幹細胞移植のための造血幹細胞の末梢血中への動員促進
多発性骨髄腫
非ホジキンリンパ腫

用法及び用量

G-CSF製剤との併用において、通常、成人にはプレリキサホルとして0.24mg/kgを1日1回、末梢血幹細胞採取終了
時まで連日皮下投与する。

重大な副作用

ショッ ク、アナフィラキシー、脾腫、脾破裂

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/3399413

×