新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

原発不明がんにおける新たな治療法の確立へ 世界初!次世代シーケンサーの遺伝子解析で有効な治療法を選定


  • [公開日]2020.10.16
  • [最終更新日]2020.10.16

近畿大学医学部内科学教室腫瘍内科部門講師の林 秀敏氏とゲノム生物学教室を中心とした研究チームは、がん患者にとって最も効果が高く副作用が少ない抗がん剤を素早く選び出すことができる「次世代シーケンサーNGS: Next Generation Sequencing)」という遺伝子解析装置を用いて、治療開発が難航している原発不明がんにおける原発巣の推定および治療法の有効性を確認する第2相臨床試験を行い、その有効性を示すことに世界で初めて成功しました。

続きを読む
https://ux.nu/kJ0Bk

ニュース選定者:熊谷 知泰

ニュースキャスト
https://newscast.jp/

×