新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

転移リンパ節が予後を決める 食道がん抗がん剤治療の新たなる病理効果判定法を確立


  • [公開日]2020.07.31
  • [最終更新日]2020.07.30

大阪大学大学院医学系研究科の萩隆臣医員、牧野知紀助教、土岐祐一郎教授(消化器外科学)、森井英一教授(病態病理学)らの研究グループは、手術で切除した食道がん転移リンパ節において術前の抗がん剤治療(術前化学療法)の治療効果を病理学的に判定する方法を確立し、それが術後の再発や予後を従来よりも正確に予測することを明らかにしました。

続きを読む
https://00m.in/MO1Gj

ニュース選定者:関根 南々帆

大阪大学
https://00m.in/OslVr

×