手術・救命措置…医師や家族悩む

 医療の現場で、認知症の人の意思をどう尊重するかが課題になっている。手術や延命治療など生命に関わる医療行為には本人の「同意」が不可欠だが、認知症の進行で判断能力が十分でなくなったり、意思を確かめるのが難しくなったりするためだ。本人にとって良い選択とは何か、模索する動きを追った。

続きを読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161017-OYTET50000/

ニュース選定者:中島 香織
引用元:yomi Dr.
https://yomidr.yomiuri.co.jp/


人気記事