【9月27日(金)/ 東京・日本橋】小細胞肺がんセミナー参加申込受付中!

統計学的有意差と一般人の感覚


  • [公開日]2019.07.23
  • [最終更新日]2019.07.23

肺癌臨床研究の領域では、非喫煙 / 軽喫煙者の進行非小細胞肺癌に対するgefitinib vs CBDCA+PTXの効果を検証したIPASS試験の結果が公表されたあたりから、生存曲線の比例ハザード性が必ずしも成立しない(放物線の下降部分のような曲線ではなく、S字状曲線になる)ことが意識され始め、問題視されていた。
最近では、異なる治療群間で経時的な比例ハザード性が認められない場合がしばしば認められるようになった。

続きを読む
https://ux.nu/Ox27A

ニュース選定者:可知 健太

大分での肺がん診療
https://ux.nu/56WsE

×

リサーチのお願い